Macとは

用語解説

すくーれ

Mac(マック)とは、“iPhone(アイ フォーン)を作るアップル”が開発したパソコン

更新:2014.8.21

Windowsのライバル

一般的に利用されているパソコンは、MacかWindows(ウィンドウズ)かのどちらかになります。

この違いはOSといわれる基本ソフトの違いです。

OSの違いは、使い勝手の違いにつながります。

ただしWindowsがMacのマネをしている(その逆もあるでしょうが)ので、操作が大きく異なるということはありません。
使うソフトが同じならば、ソフト上の使い方はほとんど変わりません。

低い利用率だが特定業界では

制作や医療などの業界では、この利用率より高いようです。
例えばWeb制作業界では、37.6%という調査があります(出所:月刊誌『Web Designing』2011年10月号 2011年調査)。

1社で開発・製造している

Windowsパソコンは、OS(基本ソフト)をマイクロソフトが開発して、パソコン機器を富士通やパナソニックなど複数のメーカーが製造しています。

それに対してMacは、OSの開発も機器の製造もアップルが行っています。
1社で開発・製造していることが、安定性につながる、という評価もあります。

Macの種類

Macは5種類あり、それぞれにグレードがあります。

MacBook Air(マックブック エア)
軽量ノート型パソコン
MacBook Pro(マックブック プロ)
高機能ノート型パソコン
iMac(アイ マック)
モニタ付き置き型パソコン
Mac mini(マック ミニ)
小型置き型パソコン
Mac Pro(マック プロ)
高機能置き型パソコン

関連ページ