グレーカードの使い方

デジタル写真術ガイド

すくーれ

グレーカードを使うと、パソコン ソフトで簡単に適正な色に補正できます。

更新:2015.4.22 文:長坂 断

グレーカードとは

明るさ(露出)や色の基準になるのがグレーカードです。

正確な色が印刷された製品を使うことをお勧めします。

100円ショップなどで売っているポストカードや名刺用のビニール袋を使えば、汚れません。

色を補正する方法

グレーカードを利用して写真を正しい色にするには、撮影する前と後と2つの手段があります。

撮影前だと、デジカメの機能「マニュアル ホワイトバランス」を利用します。方法は説明書に載っています。

撮影後なら、ソフトやアプリで可能です。

撮影後に色補正する流れ

写真編集/RAW現像ソフトで編集する流れは次のとおりです。

  1. グレーカードを試し撮りする
  2. 試し画像をクリックする
  3. 本画像の値を同じにする

グレーカードを試し撮りする

撮影現場で、グレーカードを光源より少しカメラ側に傾けて試し撮りします。

試し画像をクリックする

ほとんどのソフトは、写ったグレーカードを「ホワイトバランスツール(※)」でクリックすることで適正な色に補正できます。

※ソフトによって名称は異なる

本画像の値を同じにする

色補正した試し画像の「色温度」や「色かぶり補正」など色に関わる値を、同じ光源の写真に設定します。

参考

グレーカードを使っても完璧ではないので、筆者は1クリック色補正した後に調整することもあります。

1クリック色補正の操作方法

1クリック色補正をソフトで行う方法を説明したページを紹介します。
水色文字は外部のホームページです。

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集