EVF(電子ファインダー)は必要か?

デジタル写真術ガイド

すくーれ

デジカメのEVFの意味と必要性について

EVF:電子ファインダー
覗いて見えるのは、有機ELなどが表示している映像
OVF:光学ファインダー
覗いて見えるのは、ガラスやミラーなどを通した実在そのもの

掲載:2016.6.10

あれば色を確認しやすい

筆者はEVFがないミラーレスを数年使っていました。

日中、背面の液晶が見にくいときでも構図は確認できるため、EVFの必要性に疑問を持っていました。

X-T10』を使ってEVFのメリットが分かりました。
一番は日差しがあるなかでも、撮る前に写真の色合いを確認できる、という点です。

ホワイトバランスをオートにしていれば関わらないことですが、できるだけ現場で色の調整をしています。
詳しくは「富士フイルム デジカメ 色設定のレビュー」をご覧ください。

EVFはデジカメによって性能が違います。
144万画素を越えるあたりから、精細さが光学式に迫ります。
店頭で試すことをお勧めします。

OVFの方が良い場合

覗いている時間が長いときや被写体が素早いときは、OVF(光学ファインダー)の方が良いかな、と感じます。

例えば、マクロレンズを使う接写ではピント合わせに時間がかかるため、OVFを選びたくなります。

あと、これは気持ちの問題ですが、野鳥などを観察するときも。
EVFだと現地で生中継のテレビを見てるのと変わりませんから。