デジカメの選び方

デジタル写真術ガイド

すくーれ

デジタルカメラの選び方を解説します。

優先するのは携帯性?性能?

まずは“携帯性”と“性能”のどちらを優先させるか、を決めます。

携帯性を重視なら大きさから絞る

携帯性を重視する場合は、「どういう時に持ち歩くか?」「どのバッグにいれるか?」を考えて、「このくらいの大きさまでのカメラ」と絞ります。

性能を重視なら一眼レフかミラーレス一眼

性能重視なら、レンズ交換できるデジタル一眼レフまたはミラーレス一眼がお勧めです。

交換レンズを取り替えることによって、色々な画角を楽しめます。また、同じ焦点距離のレンズでも製品によって、写りの綺麗さが変わります。

露出補正しやすいか?

オートには限界があるので、明るさ調整するために露出補正を頻繁に使うことを勧めます。

露出補正は使用頻度の高い機能なので、素早く設定できるデジカメが良いです。

使いやすいカメラは、設定しやすいところ、しやすい方法で露出補正ができます。
メニュー操作をしないと、できないものは論外です。

デジカメによって大分違うので、チェックしてください。
メーカのホームページから説明書(PDF形式)を見ることができます。

実写サンプルをチェック

「1,600万画素」などと掲載されている画素数は、画質の指標ではないです。撮れる写真の面積に関わります。

高画素と高画質はイコールではありません
高画素であっても、にじみやノイズがあり高画質でない場合があります。

欲しいカメラを絞れたら、ホームページに掲載されている実写サンプルを見て、ノイズやシャープさ、色合い、にじみなどの画質を確認します。

メーカ以外のホームページやブログの方が参考になります(メーカは得意な環境で撮影していることが多い)。

ホームページの見つけ方は、カメラの製品名や型番と「レビュー」のキーワードでネット検索します。
例)Kiss X7 レビュー

縮小された画像では判別しにくいので、100%表示(等倍)のサンプルを確認することがポイントです。

実物を持って撮る

ネットで購入する場合でも、実物チェックは重要です。
ファインダーの見え方(覗いた感じ)や、シャッターを押した感じ、持ち心地は実物でしか確認できません。

大きいカメラ店なら多品種の展示があります。

発売中の人気デジカメ