撮像素子とは
イメージセンサーとは

デジタル写真術ガイド

すくーれ

デジカメのCMOSやCCDなどの撮像素子(イメージセンサー)とは、銀塩カメラのフィルムにあたる入力装置

撮像素子/センサーの大きさ比較

一般的にコンパクトカメラよりミラーレスや一眼レフのほうが大きいです。

紫色の枠が35mm判フルサイズになります。

フルサイズとは、35mmフィルムと同等の面積があるということです。

サイズ   対フル
サイズ
1/2.3型 1/2.3 3.3% 6.2×4.6mm
1/1.7型 1/1.7 5% 7.6×5.7mm
1型
CX
CX 13.4% 13.2×8.8mm
マイクロ
フォーサーズ
マイクロフォーサーズ 26% 約17.3×13mm
APS-C APS-C 37.4〜43% 22.3×14.9mm〜23.7×15.7mm
フルサイズ フルサイズ 100% 約35.8×23.9mm〜36×24mm

大きいほうが有利だが

撮像素子(イメージセンサー)の面積が大きいほど、一般的に次のメリットとデメリットがあります。

大きい撮像素子の長所

どういうときに高感度にするかと言うと、室内や暗い場所、動きの速い被写体を撮るときです。

高画素の意味については、実写サンプルをチェックに記載しました

大きい撮像素子の短所

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集