ミラーレス一眼とは

デジタル写真術ガイド

すくーれ

ミラーレス一眼(ノンレフレックス)とは、反射ミラーがないレンズ交換式カメラのこと

更新:15.6.26

レンズ交換できる小さいカメラ

ミラーレス一眼のメリットとデメリットは一般的に次の通りです。

ミラーレス一眼の長所

ミラーレス一眼の短所

ミラーレス一眼の特徴である反射ミラーがないので、光学ファインダーは搭載できません。

しかし。電子ファインダーがあるカメラはあります。
近年は電子式でも、だいぶ光学式の色合いや見やすさに近づいています。

手ブレ防止

暗い場所など光量が足りないと、手ブレすることがあります。

手ブレ防止の機構が2タイプあります。
ボディー内蔵とレンズ内蔵です。

ボディーに手ブレ防止機構がある機種は、オリンパス、一部のパナソニック・ペンタックス・ソニーなどです。

ボディに搭載されていないメーカーは、レンズ側で補正する製品があります。

参考

一般的に“1/焦点距離”の秒より遅いシャッタースピードだと、ブレる可能性が高いです。2,000万画素を超えるデジカメだと、もっと早くする必要があります。
例えば焦点距離が100mmならば、1/100秒より早くシャッターを切るのが理想です。

デジタル一眼レフとの違い

デジタル一眼レフに比べて、ミラーレス一眼はレンズも含めて、小さくて軽いです。
その代わり、光学ファインダーがありません。

完成度の高いミラーレス一眼が増えたので、一眼レフとの違いが少なくなっています。

購入のポイント

メーカーやカメラによってレンズ規格が違うので、レンズ交換式カメラを買うときは、ボディだけで判断するのではなく、使えるレンズについても考慮することをお勧めします。

参考

オススメのミラーレス一眼は、タッチパネルで液晶の角度を変えられる製品です。
使いたいレンズから選ぶのも手です。

カメラの購入を検討されてたら、デジカメの選び方を参考にしてみてください。

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集