スマホとは

用語解説

すくーれ

スマホとは、スマートフォンの略
スマートフォンとは、パソコンのような高性能携帯電話

触って操作/機能を追加できる

スマホの特徴は次の通りです。

画面を触って操作する

スマホは画面を直接、指で触って操作します。

例えば画面上のボタンを指で押すことができます。
他には2本の指で、画像を拡大したり縮小したりすることが可能です。

機能を追加できる

機能を後から追加できます。

例えば、“英会話を勉強できる機能”や“星座を調べる機能”などを追加できます。

これらの機能の単位をアプリと言います。
アプリには無料と有料(ほとんどは数百円)のものがあります。

参考

スマホの対義語、従来型の携帯電話は「フィーチャーフォン」、「ガラケー(ガラパゴス・ケータイ)」と言います。

3種類のスマホ

スマホ製品はたくさん販売されていますが、日本で主に使われているものを大別すると3種類です。

この違いは何かというと、基本システムの違いです。

『iPhone』だけは、基本システムと製品の開発が同じ会社(アップル)です。

『Windows Phone』がマイクロソフト、『Android』がグーグル、と基本システムを作った会社あります。製品を作るのは別の会社で、サムスンやシャープなど様々あります。

『Windows Phone』は『Windows Mobile』の時代もあり、一番歴史がありますが、現在はほとんど販売されていません。

おすすめのスマホはiPhone

「スマートフォンは欲しいけど、どれにしよう?」と迷うなら、『iPhone』がおすすめです。

理由は次の通りです。

製品開発している会社がアップルだけなので、ハズレがありません。

2007年に発売されて現在の“5s”と“5c”は7代目と、スマホにしては歴史が長いです。
その為、より使いやすくなっていますし、アプリの数も多いです。

『iPhone』は、それぞれの『Android』に比べ、ホームページや書籍で解説されている情報が多いです。

参考

iPhoneのおすすめアプリはこちらにまとめています。

『iPhone』の直営店のアップル ストアで、無料のセミナー「iPhoneをはじめよう」などが開催されいます。

スマホは危険?

アプリについての危険性は『Android』の話がほとんどです。

『iPhone』の場合は、開発元のアップルが審査したアプリしか流通していないので、安全です。
これはアプリの話です。ホームページで行われるワンクリック詐欺などには気を付けてください。

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集