ホームページを作ろう

エッセイ

すくーれ

趣味について紹介や解説するホームページ(Webサイト)を作ってみませんか?
文章を書くことが好きな人、商品陳列や雑誌のレイアウトに興味がある人にとって、楽しいと思います。
また、論理的思考が必要なため、頭の体操にもなります。

ホームページ作りは難しくありませんが、まずはホームページについての基本を理解したほうが効率的に習得できます。

そもそもホームページとは

ホームページは「Web(ウェブ)サイト」や「サイト」と呼ばれることもあります。

もともと「ホームページ(HP)」とは、最初に表示するページや表紙ページなど“軸となるWebサイトのページ”という意味でした。だから「このページをホームページに設定する」という表現があるわけです。

Web(ウェブ)サーバという言葉を聞いたことはありますか?
Webサーバとは、常にインターネットに繋がっていて、要求に応じてファイルを送る高性能なコンピュータのことです。

あなたがホームページを見るとき、ブラウザ(HPを見るソフト)はWebサーバに関連するファイルを要求します。そして受信して表示します。

ホームページの成分は?

ホームページは複数のファイルで1ページができています。

例えば、写真付きであってもWord書類はdocという拡張子のファイルが1つです。
これ対してホームページは、文字情報のファイル“HTML”と画像のファイル“JPEG”や“GIF”などが別々です。前者が後者を呼び出して表示しろ、と命令をしています。ほかにも見た目を命令をするファイル“CSS”があります。

「ホームページを作る」ということは、これらの複数のファイルを作ることなのです。

まずはパソコンの中で作り、完成したらWebサーバへ移動(アップロード)します。

参考

手軽に作りたいなら作成サービスを使う手があります。
詳しくはホームページを安く作る方法をご覧ください。

HP制作に必要なスキルとソフト

ホームページを作るためには以下の習得が必要になります。

『ホームページ・ビルダー』などのソフトやブログなどのインターネット サービスを使えば、ホームページをより簡単に作れますが、言語を習得しておくと、応用が利き、トラブルに対処できるようになります。

HTMLとCSSを作成するソフト

HTMLとCSSは、文字でできていて大げさに言えばプログラミングです。テキストを入力するソフトで作れます。Windowsなら『メモ帳』でも可能です。

ある企業では『サクラエディタ』という無料のソフト使っていました。

画像を作成するソフト

ホームページに表示させる画像を作るソフトは、最終的にJPEGやGIFなどのファイル形式にできれば、なんでも構いません。無料で有名なのは『GIMP』です。利用者が多いのは『Photoshop』です。

まずはブログから

ホームページ作りを簡単にしたサービスが、ブログです。

以下の説明を知らなくても、インターネット公開できます。
まず概要を知るためブログを試してみることをお勧めします。

WebサーバとHPアドレス

Webサーバは、インターネット プロバイダが無料で提供していることが多いです。

ホームページのアドレスを全て自分で決めたい場合はドメイン管理会社で取得します。この場合はレンタル サーバを利用します。

ドメインとはサーバの場所を示すコードで、ホームページやメールのアドレスに使われます。
例えば、このホームページ『すくーれ』のドメインは「schoole.jp」でアドレスは「http://schoole.jp/」です。メールアドレスは「namae@schoole.jp」などとなります。

参考

よし作るぞ!という方へ

HTMLやCSSについては、以下の記事に分かりやすく載っています。

上の記事を読んでから、できるだけ大きな書店で自分にあった解説本を見つけて読めば、ホームページを作れるようになると思います。

専門的なことを解説している本は、「ホームページ」ではなく「Webサイト」という表記がほとんどです。

参考

ホームページ制作に関わるおすすめ本をまとめてます。

ホームページを作るプロ、Webデザイナーになりたいという方はWeb業界の就活ガイドを参考にしてください。

習得した人へオススメの記事

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集