おすすめのパソコンはMac

エッセイ

すくーれ

Mac(マック)を勧める理由を紹介します。

筆者は2012年から使っています。
当初はWindows XPと半々で使っていましたが、使いやすく見やすいのでMacばかり利用するようになりました。

パソコンで何かを作りたい人、買い替えをされる人、Macを選択肢に入れてみてはいかがでしょう。
ただし、求職中の人は利用率の高いWindowsの方が良いかもしれません。

更新:2016.4.15

複数の指で操作できるのが便利

例えばスクロールする場合、Windowsではスクロール バーへマウスを移動してドラックしますが、Macでは2本指でなぞるだけです(画面のどこでもOK)。

ドラックは3本指でできるのですが、距離が長いときはパットをカチっと押し込んで、もう一方の手でなぞるのが良いです。

使いたいソフトが入っている

パソコンで写真編集やビデオ編集をやってみたい、という方が多いですが、Macにはこれらを可能にするソフトが最初から入っています。

ソフトの名前は『iPhoto』と『iMovie』です。Macと同じくアップル製なので、動作が安定していて、操作性も洗練されています。

Windowsだと、沢山のなかからソフトを選んで、インストールしなくてはなりません。
メーカーによっては予め入っていますがほとんどの場合、センスの悪いインターフェースで分かりにくいソフトばかりです。

字が綺麗

Macは表示画面が綺麗です。特にWindowsに比べ、字が見やすいです。

ギザギザの文字よりも目が疲れない気がします。

ホームページに掲載された字 MacとWindowsの表示の違い

『Chrome』でホームページを表示

WindowsでもVistaからメイリオというフォントが搭載され、これで表示するように指定されたホームページの文字は滑らかですが、Macは字だけではなく、アイコンやレイアウトも美しいです。

バックアップが楽

ハードディスクは消耗品なので、いずれ壊れます

Macにはハードディスクをバックアップするアップル製のソフト『Time Machine(タイムマシン)』が予め入っています。

iPhone等とデータ共有できる

iCloudと各デバイス

Macの他、iPhoneやiPad(アイ パッド)を使う場合は、以下のデータが共有されるので便利です。

共有とは、1つの機器で入力や作成したデータが、他の機器へも反映されるということです。
例えば、Macのソフト『連絡先』にAさんの住所を入力すると、自動でiPhoneのアプリ『連絡先』にこの情報が入ります。

直営店で教えてもらえる

アップルストア表参道

Macに限らず、iPhoneやiPadなどのアップル製品は、アップル ストアという実店舗の「Genius Bar(ジーニアス バー)」というコーナーで質問できます(要予約)。

店舗によっては、無料セミナーも開かれています。

ただし、全国で7店舗しかありません。

Macの不満点

今のところMacの不満点は2つです。

  1. 名前順でソートすると、フォルダ名とファイル名がごちゃ混ぜ
  2. 『メール』でシンプル テキストを選んでいても、JPEGを添付するとHTMLメールになる

Bについては、アップル ストアへ電話問い合わせしましたが、対処法がない、とのことでした(2013年4月現在)。

参考

記事「Macとは」で基本的なことを解説しています。

恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集