アマゾンで注意すべきこと

活用紹介

すくーれ

ネット ショップの“アマゾンのサイト”では、アマゾン以外のたくさんの事業者や個人も販売しています。
なかには常識的な対応をできない出品者もいます。

これを面倒と感じる方や初心者の方には、『ヨドバシ.com』で買うことをお勧めします。

掲載:2015.12.8

マーケットプレイスって大丈夫?

『Amazonマーケットプレイス』とは、アマゾンのWeb決済システムを利用して、誰でも手軽に商品を販売できるサービスです。

“アマゾンのサイト”には、このサービスを利用して個人やアマゾンと無関係な会社が販売している商品があります。

誰でも手軽に販売できるため、常識的な対応ができない出品者もいます。

痛感するのは、トラブルがあったときです。
商品違いや納期に届かないなどトラブル後の対応が最悪なことがあります。
最終的にはアマゾンへクレームを言えますが、時間を取られ不愉快な思いをします。

購入前には分からない

マーケットプレイス出品者への「最近の評価」もあまり参考にはなりません。
トラブルがなければ、対応力がどうだか分からないからです。

個人か?事業者(ショップ)か?でも判断できません。
個人でもしっかり対応できる出品者もいる一方、ひどいショップも存在します。

これらのことから、できるだけ「アマゾン」からの出品を買うのが良いでしょう。

出品者を確認する方法

“アマゾンのサイト”の商品ページにある価格の下に次の一文があります。

この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。

アマゾン以外の出品者の場合は、「Amazon.co.jp」の部分が変わります。

マーケットプレイスの利点とは

アイテムの豊富さや低価格などマーケットプレイスの利点はあります。

次の2点に当てはまるなら、アマゾン以外の出品者から買ってもいいかもしれません。

トラブルがあったら、出品者に連絡することになっていますが、アマゾンにも伝えたほうがいいでしょう。