Twitterとは

用語解説

すくーれ

Twitter(ツイッター)とは、短文の投稿を読んだり書いたりできる無料のネット サービス

読んだり、投稿したり

ツイッターは基本的に、不特定多数の人へ向けてコメントを投稿します。
投稿することをツイート(つぶやき)と言います。

例えばAさんがツイートします。すると、Aさんを予め登録している人の画面に表示されます。
登録することをフォローと言います。

芸能人、作家、弁護士、医師、官僚など多くの人がツイートしています。

まずは、好きな有名人をフォローしてみてはいかがでしょうか。

参考

「日常を曝け出すのは嫌だから、Twitterはやらない」という人がいますが、ツイートはせずに読むだけ、という使い方もできます。

有益なツイートもたくさんあって、世間を知るのに役立ちます

新聞の代わりになる

日経新聞や毎日新聞、NHKなどがニュースをツイートしています。
これらをフォローすると新聞を取っているのと同じくらい情報収集できます。

勉強になる

同業者や同じ趣味の人をフォローしておくと、専門的な情報をキャッチできて勉強になります。

ブログとの違い

ブログと違いTwitterは1投稿140文字までという制限があります。

“その時の思いは、ツイート”、“思いをまとめたら、ブログに投稿” という使い分けをしている人もいます。

ツイートにWebページのリンクを貼ることができるので、ブログ更新のお知らせにも使えます。

友人の近況を知る、文通する

友人をフォローしておけば、近況を知れます。

またツイートに対して返事を送ることもできます。これを「返信」や「リプライ」と言います。ただしメールと違って、第三者も「返信」内容を見られます。

自分をフォローしている人をフォロワーと言いますが、フォロワーにはダイレクトメッセージすることができます。これは、メールのようなものです。

読んで欲しいツイートはリツイート

自分のフォロワーに、読んで欲しいツイートを見つけたら、リツイートします。

リツイートとは、他人のツイートを自分のフォロワーに知らせる機能です。

見逃したくないツイートはリストに

フォローの数が増えると、有益なツイートや友人のツイートを見逃しやすくなります。

見逃したくないツイートをする人をリストに登録してておくと、防げます。

リストとは、登録した人のツイートだけを、全ツイートから抽出して表示する機能です。

参考
恵比寿のデザイン&パソコン教室 受講生募集