ポートフォリオの作り方

Webデザイナー就活ガイド

すくーれ

Web業界で言う「ポートフォリオ」とは、自分の作品集のことです。

ポートフォリオは、Webデザイナーの求人に応募する際に提出が求められます。実務未経験でも必要と考えたほうが有利です。

更新:2016.5.26

求人応募に必要なポートフォリオ

Webデザイン関連の作品を採用担当者に見やすい形にまとめます。これをポートフォリオと呼びます。

就職や転職の際に、履歴書や職務経歴書と共に、ポートフォリオを提示します。

参考

どんな内容を掲載するか

ポートフォリオには、作品の画像とコメントを掲載します。

採用担当者の立場なら何を知りたいか、を考えて作成しましょう。

ポートフォリオの内容例

下の項目は例なので、不要と思えば載せない、他に必要があれば追加してください。
あなたが判断することが大切です。それが個性だからです。

印刷版とWebサイト版

Web業界のポートフォリオは、印刷版とWebサイト版の2媒体を用意することをお勧めします。

採用担当者は、どういうレイアウトが見やすいか、を考えてまとめましょう。

パラパラめくるような見かたができたり一覧性が高い点では、印刷物の方が勝っています。

A4〜A3くらいの用紙に印刷してファイリングしたポートフォリオを面接時に提出します。

一般的には、その場で返却されます。

参考

Webサイト

印刷物では、動画やソースコードは見せられないので、Webサイト版のポートフォリオもあると良いです。

サーバへアップロードして求人応募するときにサイト アドレスを伝えれば、書類選考の材料にもなります。

見る人の立場でレイアウト

ポートフォリオも1つのコンテンツです。

これの完成度で、伝える力やデザイン力、個性など判断されます

ポイントは、見る人の立場でセンス良く構成することです。

完成させたら終わり、ではありません。
気づいたら、より分かりやすく、より見やすく、採用されるまで改良していきましょう。

仕事を見つける方法

恵比寿のWebデザイン学校 受講生募集