就職のため作品を作ろう

Webデザイナー就活ガイド

すくーれ

よくある質問「Webデザイナーになるために作品を作れ、というのはなぜ?」、「何を作れば良い?」に回答します。

更新:2016.9.30

作品を作るべき理由

“知っている”と“作れる”は大きく違います。
作品を色々作れば、知識を消化できます。

また、就職面接では作品の提示が求められます。実務未経験だとしても必要です。

何を作れば良いか

作品のテーマを考えるのにオススメなのが、クラウド ソーシングに参加することです。

クラウド ソーシングは、仕事の受発注の場です。バナーのデザインやWebページ制作などの案件が掲載されています。
複数の参加者が成果物を投稿して、発注者が1つ採用するというコンペ形式があります(採用者だけが制作費をもらえます)。

コンペで採用されることが目的でなく、“クライアントの要件に沿って制作すること”と“作品を貯めること”に意味があります。

また、同じ要件で作られた他人の作品を見ることは、とても勉強になります。

クラウド ソーシング サイト

どんなソフトで作るか

一方、無料ソフトを使っても制作できます。
画像編集なら『GIMP』がおすすめです。
HTMLやCSSの記述は『サクラエディタ』など様々なテキストエディタで可能です。

作品を貯めたらまとめる

採用、不採用に関係なく作品が貯まったら、ポートフォリオにまとめます。

詳しくは、Webデザイナー求人応募に必要なポートフォリオの作り方に記載しています。

恵比寿のWebデザイン学校 受講生募集中