ホームページ企画術

Webデザイン ガイド

すくーれ

ホームページ(Webサイト)で成果を出すためには、企画を練ることが必要です。

HPの目的とユーザを明確に

まずはホームページの目的とターゲット ユーザを明確にします。
多くの人に意見を聞いたり、議論したりすることをお勧めします。

明確にしたことを踏まえてデザインや文面などを決定していきます。

ターゲット ユーザを決める要素

目的例

鮮度が大事

ホームページのメリットは、手軽に記事や画像を追加できることです。

新しい事業や商品ができたとき、キャンペーンを始める前などに告知しない手はありません。

更新のしやすさという点でも、ホームページ作成サービスは優れています。

やはり重要なのは内容

ホームページは簡単に作れますが、成果を出すには読みやすい文字数、分かりやすい文章、訴求力のある画像が必要です。

上質な文章や画像を用意できなければ、「画像だけ」、「ライティングだけ」など苦手な部分だけを外注してみてはいかがでしょうか。

SNSや広告で見込み客を呼ぶ

残念ながら、ネット公開しても多くの人に見られません。

アクセスを増やすには次の手段があります。

TwitterやFacebookを利用する際は、まずは活用している店舗や企業がどう使っているかをしばらく観察してから始めることをお勧めします。

参考
恵比寿のWebデザイン学校 受講生募集