【キャロライン ピアース】日本のAVの方が、レベルが高いと実感します! – 爆尻娘 お尻がプリン

爆尻娘 お尻がプリン

爆尻娘 お尻がプリン
本編はこちらから

日本のAVの方が、レベルが高いと実感します!

外人(特に白人)女性が好きで、オッパイよりも健康的なヒップや太腿の方が好きなのですが、さすがにこの作品に登場する女性陣にはマイッタ!下半身が皆オバケでした。

下半身が脂肪の塊で、歩くと脂肪のシワが梅干しの種のように浮き出て、気持ち悪い。

お肌の手入れも必要だが、スパンキングでお尻が真っ赤になるのも、見ていて気持ちの良いものではなかった。

何を言っているのか判りませんが、SEXの最中に男優を挑発するようにわめき散らしたり、男優が女優さんの首を絞めながらSEXしたり、この感性に付いて行けません。

女優さんを見ていて、ア○ルSEXって本当に気持ち良いのか分からなくなりました。

日本のAV女優の方がレベルが高いのが分かりました。

本編はこちらから

暴淫暴辱 USA巨尻女 再編集リニューアル版

暴淫暴辱 USA巨尻女 再編集リニューアル版
本編はこちらから

微妙

鞭で引っ叩く所なんて悪くはないと思うが、いかんせん女優がブス。

白人ならもっと綺麗な人がいるだろうといいたい。

うーん

外人お一人さんが出演日本のSMを始めて味わいますがそれほど奥深く責めることはなくSM体験コース的な作品ですニードルプレイもあります。

あまり抜けないと思います。

実際抜いてないですわ;;悪いと評価していいかわかりませんがあんまりお勧めできないかも・・・
本編はこちらから

暴淫暴辱・USA巨尻女 キャロライン・ピアース

暴淫暴辱・USA巨尻女 キャロライン・ピアース
本編はこちらから

巨尻女、異国の地で縛られる

外人女優による「純和風SM(いわゆる『緊縛プレイ)』」というのもかなり珍しいものがある。

それも「巨尻女」である。

尻のでかさをわざわざ強調するあたりはさすがアメリカン。

確かに脂肪のたっぷりとついた「巨尻」である。

外人相手という事で縄師も明らかに戸惑っており、キャロライン嬢も状況がよく飲み込めないままで、いきなり縛られたりスパンキングされたりで今にも泣きそうである。

外人による「日本式SMプレイ」というアイデア自体は面白いが、AVとして面白いかと言われれば、答えは「NO」である。

本場アメリカですが。

アメリカって何でもスケールが大きいというか、SM物に関してもメチャクチャハードなものが多いですよね。

それと比べると、本場アメリカの女優さんは日本流の責めをとてもヌルく感じたのでは?

ロシア系?

USA巨尻女とありましたがロシア系に見えました。

内容は結構ハードでスパンキングで鼻水たらして高鼻が台なしにされています。

本編はこちらから