【安藤ゆみ】このみはどれ? – 独占!人の妻ワイドスペシャル 何もかも忘れたいのッお願い突いてー!!

団地妻 欲情に悶える午後の人妻たち

団地妻 欲情に悶える午後の人妻たち
本編はこちらから

はー!

かなりいい感じでした。

欲求不満な感じがかなりでていて最高でした。

人妻好きにはおすすめです。

古くさい

VHS時代の作品の感じで、制作費も安く上げた内容。

団地設定ですが生活感が無いので無理、殆どスタッフのマンション撮影です。

いいですね。

女優さんがみんな綺麗でスタイルいいので、驚きました。

ストーリーも良くて、ヌキ処満載でした。

素人っぽい人妻の演技

あちこちの作品で見かける人たちなので素人さんとは思わないけれど、素人っぽい人妻という演技がたまりません。

おー

出てくる女優さんたちは結構有名な人達だが、本当の素人っぽく演技できていて興奮できた。

世の中の人妻たちがみんなこんな感じだったらいいのになー。

いいなコレ

欲求不満の人妻が揃って、皆スケベ!いーねー。

喜んで腰振ってる様子に、見ているこっちまで嬉しくなってきます。

これで中出しなら良かったのに。

それだけが残念。

本編はこちらから

独占!人の妻ワイドスペシャル 何もかも忘れたいのッお願い突いてー!!

独占!人の妻ワイドスペシャル 何もかも忘れたいのッお願い突いてー!!
本編はこちらから

安藤ゆみ嬢

安藤ゆみ嬢目当てでレンタル。

いや~ほんとにエロイ体です。

熟れてます。

フェロモンもでまくってます。

彼女の作品をもっと見たいなぁ。

まさにワイド

ダンナの前でヤル人妻ってどう?暗い部屋に撮影ライトだけが裸を照らしている幻想的なシーンはなぜか見てしまうものがあるのでしょうか?

夫の目の前で…

本当の夫婦なのかなと思ってしまうが、世の中いろんな人がいるからね。

本当の夫婦と思ってみるとそれなりに興奮する。

このみはどれ?

何人かのからみの中にストライクに入る妻はいるはず。

個人的には、安藤ゆみさん。

男をうけとめ両手を背中に回しながらあえぐ姿は、先っぽがぴくりと反応しました。

本編はこちらから

母子相姦遊戯 熟女AV嬢の告白 安藤ゆみ

母子相姦遊戯 熟女AV嬢の告白 安藤ゆみ
本編はこちらから

監督うるさい

ドラマ仕立てとなってるが、スゲーつまらん。

ドラマの中のAV監督が前半ずっとしゃべっていて非常に耳障り。

安藤ゆみさん、ちょっと期待ハズレ。

体は陰毛濃くておなかぽっちゃりでエロいが、顔は・・・。

はっきり言ってハズレでした。

抜けませんでした。

靴下履いたままってのはイイよね。

「服着たままの母さん十二人の着衣熟女ベストセレクション」から探して、たどり着きました。

モザイク最小限で、整っていない陰毛がわっさり見えるのは興奮しました。

安藤ゆみさん、中肉中背ですがオッパイ程よく大きくて、近所にいる普通のおばさん感があって良かった(もっとオッパイ揉んだり、揺れるシーンが沢山欲しかった)。

全体的に芝居は・・・ともかく、次男とのSEXで最後まで嫌がっているのが一番の見どころなんじゃないでしょうか?
本編はこちらから

犯●れたセールスレディ 5

犯●れたセールスレディ 5
本編はこちらから

安藤ゆみさんが色っぽい

安藤ゆみファンとしては数少ない作品のひとつなのでレンタル。

相変わらず色っぽい人です。

もっと活躍してくれないかなぁ。

ムチムチ系揃いで熟女の色気抜群

女優陣はムチムチ系揃いで熟女の色気抜群。

ご近所に居そうな感じで親近感の持てる雰囲気なのもGood。

内容はタイトルそのままで定番の展開であるが、洋服を序々に脱がされて行く様はエロエロである。

ただし、体位やカメラアングルにもう一工夫欲しいところで、挿入された時の描写が不明確で臨場感に欠ける点が残念である。

ナイスボディ

安藤ゆみさんは、メガネとスーツはよく似合う。

むちむち、たわわな体が、そそります。

本編はこちらから

団地に棲む人妻たち 三十二

団地に棲む人妻たち 三十二
本編はこちらから

年の割に

美人で巨乳です。

単品で買っても損はないかなぁ~と思う作品です。

着痩せする2人目

ひきのカメラ・ポジションからは想像できなかった巨乳奥様でした。

癒し系の顔立ちも良かったです。

安藤ゆみいいです。

この作品の安藤ゆみさんいいです。

恥じらいを忘れずに、でも体は熟れ熟れ、ムッチムチ。

男のロマンです。

意外と1番目

ぽっちゃり好きなら、2番目か3番目の女優さんを・・と言いたいところですが、この作品では1番目の女優さんにそそられました。

感じていくに従って、淫らに豹変するオンナの姿を見られます。

むしろ、2,3番目の女優さんはイマイチ^^;
本編はこちらから