【一ノ瀬由美】吉野碧の放尿シーン – 背徳愉悦 近親相姦 一ノ瀬由美 吉野碧

巨乳監禁 星ありす

巨乳監禁 星ありす
本編はこちらから

設定いまいち

モデルは良いのに設定が多すぎて、早すぎか。

シチュエーション少なくて良いからじっくり見たい体。

ソフトSM

ただ縛りゃいいってもんじゃない。

かなり初心者向け。

一般のSM好きには物足りないはず。

パッケージの写真が一番いいかも。

ところどころで志摩氏の顔が出てくるのも自分にはマイナスだった。

本作の彼女はかわいいのだが・・・

他の2人の女優は不要。

でなければ、収録120分としてありすの陵●やSEXにもっと時間をかけるべき。

何が良いって

星ありすの縄で搾り出された巨乳に、往復ビンタを食らわせるシーンだな。

これだけで一見の価値あり。

SM+巨乳趣味の方はどうぞ

ありすさんが志摩師に縛られて裸にむしられていく様は実によろしいのだが,話の進め方がわからないのです。

乳房を強調した縛りで責められるのですけどね。

どちらかというと残りの二人への連縛や責めのほうがSMっぽくて興奮します。

志摩師の従順な奴●ってところです。

本編はこちらから

DANCING MADAM

DANCING MADAM
本編はこちらから

残念だったな~

モザイクやや大きめです。

黒木あげはさんのファンなんでレンタルしてみましたが残念って感じです。

内容がよっぽどおもしければそれでも買ったんだけど・・・
本編はこちらから

背徳愉悦 近親相姦 一ノ瀬由美 吉野碧

背徳愉悦 近親相姦 一ノ瀬由美 吉野碧
本編はこちらから

吉野碧の放尿シーン

おまけ映像に放尿シーンがある。

最初一人でカメラに収めることを求められるが出が悪く失敗。

スタッフの助けを借りて撮影にようやく成功。

出すときの力んだ表情、出終わってほっとした表情、思ったよりたくさん出たオシッコを前に「こんなのでいいかしら」と恥ずかしそうに微笑む表情。

美人は何をやっても美人です。

作品そのものは凡庸。

本編はこちらから

熟女のまごころ 一ノ瀬由美

熟女のまごころ 一ノ瀬由美
本編はこちらから

ドMかな

美人ではないし、カメラ目線もオーバーだが、フェラしながら感じるM体質の強い女優だと思う。

むっちりしたボディもそそる。

Mの女優好きにはお勧めだと思います。

パケ写と違う

パケ写ではまずまず美人に見えるのですが、中身を見るとガッカリでした。

恐ろしくパケ写と実物が違いすぎます。

シーンが進むにつれ、化粧が剥がれていきます。

全く使い物にならない作品でした。

ダウンロード購入しましたが、即消しました。

大ハズレ。

本編はこちらから

人妻アタック!! 春のママさんバレー

人妻アタック!! 春のママさんバレー
本編はこちらから

なかなかのスジ

多くの人の趣味趣向を考えるとここらへんというところ。

自分の趣味からこうしてほしいというところはあるけれど、なかなかよかった。

ありかな

女優によっては飛ばしは必至。

立花さんと井上さんはいいっすよ~、オススメ。

秋バレーよりはこっちがいいかな。

詰め込みすぎ?

いい女優さんがそろってるけど、少し欲張りすぎた感じかな?バレーのシチュエーションでのカラミを増やしてほしい。

せっかくなのだから

バレーものって、ハイソックスにサポーターつけてのプレーが妙に興奮します。

もちろんブルマ姿もいいですけど。

この作品全般的にそのへんのこだわりはもってて、オープニングなどはみんなきれいに揃えてあるのに、からみになると、ベッドの上とか全然関係なかったりするんですよね。

作り手側がいろんなシチュエーション考えるんですけど、マニアな人はそんなシチュエーションいらんですよ。

もっとバレーにこだわってほしいかな。

さわやかでエロい

私はこの作品で立花瞳さんのファンになりました。

綺麗でスタイルの良い奥さんという雰囲気の瞳さんがバレーボールの姿のままセックス。

いい。

コスチュームものとして

ママさんバレーものは、熟女コスプレものの一分野といえよう。

ゆえにバレーボールコスチュームでのプレイを大事にしてほしい。

そういう意味では、ちょっと物足りなかったか。

あと難といえば、女優さんたちにバレーボールプレイヤーの覇気みたいなものを感じなかったのでリアリティがなかったです。

しかし、立花瞳さんのコスチュームのままの素晴らしいプレイがあったので、救われてはいる。

こんなに熟女はキツイ

おばさんヒットパレード最後の実母と友人の秘め事に参戦する息子が笑える。

う~ん

内容はいいんだけどね… せっかくのママさんバレーなのにパジャマで絡みが多いのってどうなのって感じかな

まぁ

エロい女優さん達がでていることは出ているんだけど、まんべんなくカラミがあるといった印象でした
本編はこちらから