【早川愛理】うぶですが – 処女 まさか処女だとは思いませんでした… 早川愛理 19歳

処女 まさか処女だとは思いませんでした… 早川愛理 19歳

処女 まさか処女だとは思いませんでした… 早川愛理 19歳
本編はこちらから

可愛いです

顔は可愛いくて幼さが少し残っています。

1発でファンになりました。

他の作品には出てないのでしょうか?どなたかお教えいただけませんか?

処女じゃなくていいからもっとガンガンに感じて欲しい

女の子はかなり可愛く性格も良さそう本当に処女かはわからないが(個人的には違うと思うが)作品としては良くできているただ、処女もので毎回思うのは処女じゃなくていいからもっとガンガンに感じてる姿が見たい!処女設定だとそこらへんが盛り上がらないのが悲しい

すごくいい子だ

1ザーメンプレゼント目隠しされこれなにの匂いってスプーンザーメン口に入れられごっくん2体操着でおもちゃ責め3スク水でかわいくおフェラ口内発射4田淵氏にあそこ舐められかわいく感じていざ挿入必死にうつむいて感じようとする姿が◎顔射あそこはびっしょり(処女?ってことかな)5ブレザー乳首舐め~足指舐めフェラ~騎乗位で頑張って腰ふり顔射ストーリーの流れは前出レビュアーさんの通りでかなり変則的処女もの処女物はよく見るがこの子はすれてない本当にうぶでかわいらしいおっさんキラーな子だいきなりごっくんさせられたり無知なことをいいことに変態的に責められる見ていて興奮できましたです

お人形さんみたいなパイパン美少女

HaKaTa4〇の村〇みたいで、ハーフっぽい顔立ち。

スタイルはスリムで可愛らしいおっぱい。

おまけに人工といえどパイパン。

そして処女。

処女喪失物の好きな私が買わない訳がない。

女優さんは完璧だ。

本物かはわかりませんが、モザイクなしの処女膜らしきものが見られます。

処女喪失後にもう一度映しますが、その時には処女膜らしきものはありません。

やはり本物なのか!?カラミはそれなり。

痛みで撮影が止まるようなことはなく、そこそこスムーズです。

パイパンのため、挿入深度もわかりやすいです。

2回目のカラミがハメ撮り風なのも、3Pがないのも良い。

ただ、監督の口調や冒頭の処女膜確認を唐突に始めることがやぶ蛇となり、処女であることを疑わずにはいられない。

多分、監督の思い描いていたことはできていないでしょう。

非常にもったいない。

疑うところは山ほどあるが、女優さんがものすごい好みなため、星5つ。

処女の女優さんに助けられるってどういうこと?

演出が

結構美人で、可愛く、処女という、ある意味すごい作品だが、演出でエロさを出せていない。

残念。

撮り方が良ければ  女性は最高か

女性はパケ写のとおりで、かなりの美人です。

背はあまり高くないので、スタイルは普通です。

設定だと思いますが、最初は処女ということを知らなかったということで撮影が進めます。

そんな感じで、処女喪失モノとしては変則的で、またシーンもこま切れで短めで、あまり落ち着いて見ることができません。

せっかく女性が良いので、王道を行く普通の撮り方で撮ってほしかったです。

イマイチのめり込めませんでした。

また、最近の映像にしては画質が悪く、安いカメラで撮影したのか、ライティングが悪いのか、顔の表情のあたりがザラついています。

女性は性格も感じも良い感じで、処女も本物と思います。

初挿入もよくわかりるほうだと思います。

ほぼ、撮り方と画質の悪さだけが、残念な感じです。

監督が凝りすぎて、よくわからない作品に・・・。

女優さんは、東南アジア系ハーフかクォーターの様ですが、日本語がとても上手なので、話すと違和感があります。

会話が少ないのはその為でしょう。

カラダに「使用感」が少しあって「処女」ぽく見えないのが残念。

それは監督の凝った演出も原因で、作品中、時間がどう流れたのか判りにくいのも「処女」感を無くしている原因だと思います。

男優も「胡散臭そう」でこれも又、「処女」感を無くしています。

何となく・・・・・ギャングが綺麗な女の子を「さらって」自分たちのいい様にしている作品・・・・・という感じがしますが、如何でしょうか?。

AV業界に水揚げ、された少女

女子高を経て女子大在学中という、ハーフ系の19歳、処女の女性がAVに初出演。

瞳が大きく、いまどきのアイドル風の標準的なルックスで、ボディのプロポーションはよい。

最初に、処女膜が存在することを、撮影して実証している。

処女喪失の行為自体は、ベテラン男優の起用で、スムーズに進行する。

そのほかの部分では、監督が上から目線で、あれこれ指導するのだが、それに対して彼女は言いなりで、されるがままといった感じ。

全体として画面が暗くて、少女の表情は変化が乏しく、出演動機は不明だが、全く幸福そうに見えないことが気になった。

この監督の一連の演出は、処女に接しているというのに愛情が感じられず、女性を単なる仕事の対象物として扱っていると思う。

手の込んだ作り

処女喪失ものというのはどれもパターンは同じで、時間を掛けて初脱ぎ、初フェラ、初挿入で終了となるのだが、本作はちがう。

処女であることをスタッフが知らな方という設定だ。

そして撮影半ばの処女発覚のシーンを冒頭に持ってくる。

比較的あっさりと脱ぐ。

なぜかパイパンだ。

股を広げてクスコを挿入される。

性器の内側の映像にはモザイクは掛かっていない。

そこで処女膜が大写しにされて。

「これ処女膜じゃないの。

なんで隠してたの?男優さん呼んで」という会話で始めのシーンを終える。

後は”処女と分かっていたら”というスーパーを混ぜながら、フェラ、ごっくん、電マ責め、と続く。

後は処女喪失シーンとが続き、なんとカラミがもう一つある。

容姿はパケ写通りのハーフぽい美人でなかなか良い。

マンネリを打破したと言う点で、その企画力に対して良いと評価をつける。

めっちゃ可愛くて好みなのに…

このデビュー1本しか無いの?1本で引退した?個人的に、この男優嫌いなので、他の作品で観たかったんだけど…

うぶですが

処女が知らないのをいいことにイラマチオをフェラチオを教えてしたというところに興味を持って見ました。

冒頭にクスコを使ってモザイクの無い処女膜がしっかり写っています。

そのあと、実は処女と知らずに既に撮影されていた部分があるという展開に。

処女中に、風呂場でスクール水着姿で冒頭のだましイラマチオシーンがあります。

頭を押さえるものの、最初は軽く亀頭程度をピストンする程度でしたが、徐々に深めに咥えさせてえずかせています。

最後はピストンしたまま中程度に咥えた状態で口内射精、精液見せてゴックンさせています。

その後の処女喪失シーン後は、しっかりクスコで破瓜の痕を見せて、インタビューもしています。

処女ものとしてうぶな反応ですが、反応がにぶすぎるようにも思います。

本編はこちらから