【荒井まどか】テレHセックスって好きなんです。 – あなだだけを 荒井まどか

あなだだけを 荒井まどか

あなだだけを 荒井まどか
本編はこちらから

テレHセックスって好きなんです。

世の中、インディーズ系でAV史に名を刻む名作を残すけれど、ビデ倫系では全く輝かない女優さんていますよね。

古くは諸星美奈さんとか宮崎まゆみさん、最近ではほしのキララさんとか。

個人的には、荒井まどかさんもその一人。

彼女は何といっても「くちぬき」で不本意さ満点ながら容赦なくぶっかけられる様があまりに鮮烈で、それに比べるとメーカー作品はいかにもぬるく甘やかしていて、もちろんそれで上手く魅力を引き出せるケースもあるんだけど、彼女の場合ひたすら演技力重視のピンク映画になっちゃって、どうにもヌケない作品ばかり並んでしまった印象。

その中にあって、本作は、それなりに気の入ったHが繰り広げられていて、相対的に満足度高し。

特に、中盤の、テレHセックスでは、年季の入ったエロトークがグッド。

縄文時代級のモザイク、VHS時代の尺の短さなどを考えれば、購入する選択肢はないが、月額なら十分楽しめる。

本編はこちらから

絶頂夢 荒井まどか

絶頂夢 荒井まどか
本編はこちらから

再会

20数年前、私が中坊のときに初めてオナ○ーした作品。

当時はVHSでしたが、よもやこんな形で再会(笑)するとは・・・。

本編はこちらから

STRAY CATS 荒井まどか

STRAY CATS 荒井まどか
本編はこちらから

まどかの感じる足の裏

怪作「新任女教師 狂った果実」の女教師役は、荒井まどかさんだったのですね。

暗い画面での数回の強●、凄いリアルな迫力でどろどろした悲惨さが伝わってきた作品でしたが、それも決して美人とは言えない主役の存在が大きかったし、逆エロを感じていつまでも気にかかりました。

かつ、せっかく美脚の持ち主なのに素足の場面がなく、不満も残っていました。

また、本来の主役の名前が最初に出てこなかったので女優さんを間違えたりもしていました。

私は女の足裏・足裏舐めが好きなのですが、「狂った果実」の女教師の足の裏は是非見たいと思っていました。

今回は美脚が十分活かされ、素足の場面も満載で、かつ足裏のドアップや足裏舐めもあり十分堪能できました。

ストッキングを破られむきだしになった足の裏を舐められ喘ぎ声を出して悶えた「まどか」には勃起し疼きました。

美人とは言えないゆえに逆に凄いエロを感じさせる女優ですね。

良かった。

本編はこちらから

エロチカ倶楽部第2号

エロチカ倶楽部第2号
本編はこちらから

一号より悪い。

余分なコーナー(投稿ビデオ)がいらない。

冒頭の娘はパンツ見せるだけか?AV出てるんでしょ?まあ見られないわけではないが、「ボッキー」は超えてないぞ!
本編はこちらから

純愛ラプソディ

純愛ラプソディ
本編はこちらから

短編映画風AV

最近では観られない、短編映画風AV。

SEXシーンやレ●プシーン以外は普通のB級青春映画程度の凝ったドラマとなっている。

女優の荒井まどかは普通っぽい、AV嬢というよりも舞台女優っぽいテイスト。

7人ぐらい登場するいつものAV男優達が絡み以外の演技を熱演するのも見所か。

新宿、大久保、西武線沿線の何処かでのロケも多く、スタッフが楽しく映画作りに励んだようだ。

監督の神野太はその後、一般映画も撮っている。

荒井まどかは肌もきれいで絡みのときの表情、声も可愛いが、へその上に傷隠し?のためなのか、大きな肌色の絆創膏みたいなのが貼ってあり、これが辛い。

ファンデーションで誤魔化すなりもっと工夫ができなかったのだろうか?凝った作りだけに余りにも痛い失点である。

一応良いとしたが、AV的観点だけだと普通以下が妥当だろう。

本編はこちらから