【ゆりな】動きの自然さ 体位変更がいい – 【VR】家出したGカップ美巨乳ルーズソックスGALを自宅に連れ込み、玄関で即ハメガン突き!フェラ、イラマ、手コキ、足コキ、パイズリを愉しんだ後にJ○の剛毛マ○コを激突きしまくり痙攣絶頂イキさせまくって顔射してやった!

【VR】家出したGカップ美巨乳ルーズソックスGALを自宅に連れ込み、玄関で即ハメガン突き!フェラ、イラマ、手コキ、足コキ、パイズリを愉しんだ後にJ○の剛毛マ○コを激突きしまくり痙攣絶頂イキさせまくって顔射してやった!

【VR】家出したGカップ美巨乳ルーズソックスGALを自宅に連れ込み、玄関で即ハメガン突き!フェラ、イラマ、手コキ、足コキ、パイズリを愉しんだ後にJ○の剛毛マ○コを激突きしまくり痙攣絶頂イキさせまくって顔射してやった!
本編はこちらから

J○好きならだいぶ高評価では?

私はそれほどでもないのだが、ゆりなさんのこの撮り方での臨場感見たさにやはり購入。

ルーズソックスものAVとしては最高峰!!

まず今この時代にスミスのルーズを履いているAVをみれる(しかもVRで)こと自体が最高すぎる。

そして、そのルーズソックスが生きるアングルや体位が次々にほぼノーカットで展開されていってルーズフェチの自分としてはたまらなさ過ぎた。

たしかに、他のレビューでも書かれているように移動するときちょっと酔いそうになるけど、エロシーンとはあんまり関係ないから、そこは無問題。

あと他の作品ではよくある、いかにも新品のルーズソックスを履かせました感も無くて、少し使用感もあって足の裏もちょっと汚れているのもたまらなく超勃起もの。

この監督はガチのルーズフェチなんだと思う。

☆6

女優さんで好き嫌いが分かれそうだけど制服物として内容は最高ですルーズを持っての騎乗位が個人的に良かったこの流れで続編を出してくれると最高です

今後はもうこの手法で撮った以外のVR作品は買わないと思う

ハメ撮りVRから男の声を消しただけなんですが、これがコロンブスの卵、大発明、いやズバリ革命が起こってます。

VRの歴史にまた新たな一ページが加わりました、というよりVRの定義がこの作品によりまた変化しました。

予期してないレベルのアップグレードだと言い換えてもいい。

後から振り返り人はここをVR史の分岐点と呼ぶことでしょう。

それを成し遂げたこあら監督は偉大な開拓者です。

個人的にはこの手法で撮った架乃ゆらのNTR作品の”寝取る側視点”を観てみたい。

また、彼女以外にもハメ撮りというスタイルでならばVRという現場でも光る女優はたくさんいると思います。

楽しみ。

唯一無二

正上位で適度に使用感のあるルーズソックスの足裏を長時間眺めることができる作品は他に知りません。

最高です。

トータル80点だけど応援したくなる作品

玄関入って即ハメは今後の展開へのワクワク感ハンパ無かったです。

▲残念な点。

HQでも画質悪い(70点)。

外は白飛び。

室内暗い(ベッドのシーンは問題ない)。

移動の時酔いそう(65点)。

キス位置(カメラが額に付いてますね。

60点)。

最後の顔射がチョロロ(ドピュだったら高得点だけど70点)。

☆良い点。

構成、一連の流れ(95点)。

女優さん顔(つけまつ毛のせいで見下ろす時はイケてないが見上げた時はカワイイ80点)。

女優さん身体(特に背中が綺麗で触りたくなる。

おっぱい色、形が理想的100点)。

◎総評。

ジャケットの足コキシーンが暗くてヒョウ柄パンツを堪能出来なかった。

途中編集の少ないワンカットが多く、臨場感が増します。

最後の正常位でのキスにはグッと来るものがありました。

感想としてマイナス要素が多いものの、女優さんの魅力、作品の構成が個人的にハマりましたので☆5としました。

動きの自然さ 体位変更がいい

思ったよりは画質はキレイ個人的にはそれなりに見れた外で待ち合わせし、家に着いた瞬間 イチャイチャ即ハメフェラ等そのままリビングに移動し、イチャイチャ濃厚SEX対面座位、騎乗位などした後立ちバックして、そのままベッドに移動やはり、こういう流れは定点の従来のVRとは違う楽しさがある体位変更の流れがすごい自然だし、こういうシーンはこのシリーズならではと言えると思う全体を見て、速攻やり始めるので挿入シーンも長く、かなりエロい。

学生ものとして見ると、スカートやリボン等ポイントは残してあるのでよし。

ルーズソックスを作った足コキなど好きな人にはいいと思う。

肌も良い感じの小麦色だし、肌もキレイ。

女優さんはめちゃくちゃ美人というわけではないが、愛嬌があって笑顔が可愛い感じレ×プものとかとは全然違うプレイだし、早い動きもそこまでないなので、こういう展開のシリーズも期待。

楽しめました。

悪くない思います。

本編はこちらから