【麻宮玲】お金目当てなのか,基本エロなのか・・・ – BLACK SWAN INTERNATIONAL BALLET COMPETITON WINNER 麻宮玲 REI ASAMIYA(21) DEBUT Prima ballerina assoluta in AV

絡みつく悪魔の淫縄にイキ堕ちる女肉の無惨 緊縛狂辱絶頂図鑑 THE Baby Entertainment GOLD BEST

絡みつく悪魔の淫縄にイキ堕ちる女肉の無惨 緊縛狂辱絶頂図鑑 THE Baby Entertainment GOLD BEST
本編はこちらから

GOLD迄には、もう二工夫必要。

これだけの人数の、「拘束イキまくり」が観られるのはお得。

しかも年代としては、かなり幅広い作品からピックアップ。

メイン所は、4パターンずつ入っているのも良い。

しかし4時間もあるのに、一つ一つのシーンが余りにも短いので、人数を削るか、男同士のやり取りや、いわゆる前説部分をカットしていたならば、もっとGOLDという名に相応しくなったと思う。

小芝居が長い

作品毎に冒頭の小芝居が入ってるのですが、結構それに時間がとられて肝心の中身が少なくなっている。

小芝居のできが良いならともかく、大したクオリティないし…
本編はこちらから

乳首ポッチン巨乳と食い込み軟体女子にチ○ポの先から先走り汁ヤバイと思ったが女は興奮染み出すマン汁 麻宮玲×西篠カレン

乳首ポッチン巨乳と食い込み軟体女子にチ○ポの先から先走り汁ヤバイと思ったが女は興奮染み出すマン汁 麻宮玲×西篠カレン
本編はこちらから

なんだこりゃ?

薄暗い低予算の貧相な作品。

女優の良さはまったく生かされず古臭い進行。

この監督はデビューするにはまだ早すぎたかな…(涙)
本編はこちらから

小悪魔マッサージで感じちゃった僕。その3

小悪魔マッサージで感じちゃった僕。その3
本編はこちらから

センズリもアホかなと思うけど

一番良かったのは2人目の中谷かな。

アイマスクしてるのに目を開けないでくださいとか言ったのは謎だけど。

良くなかったのは3番目の佐山、パケで一番大きく出てるオレンジの娘、喋り方がアホっぽくてこういう女最悪。

思った以上

思った以上にエロい感じで、タイトル通りの小悪魔マッサージだったよ。

特に2人目はいいね

前作よりは女優の演技のクオリティが上がりエロさが増した

一人目 △うつ伏せに時間かけすぎ。

男の股間が飛び出ることも手がぶつかることもなく勃起を指摘して手コキ発射。

最悪。

二人目 △服の上からマッサージ→服を脱いでオイルマッサージ。

女はコスチュームの価値がなくなる全裸で登場。

ただし今回男にアイマスクは良い。

男はずっと受け身でいられるので。

女の股間を男の口にこすりつけてほしかった。

三人目 △男がうつ伏せでも女が常にカメラ目線のためお前はろくろ首と話しているのか!という感じ。

パンツがエロい。

股間同士で擦るのもエロいが男のモノが飛び出ないのでつまらない。

飛び出てすみませんって何回も戻すのがエロいのに。

射精も見えないし。

四人目 ○→×中盤までエロい雰囲気が漂っていて良かったのだが最後が最悪。

男の股間に顔を近づけたので顔射か!と思ったら違うし、男に自分で手コキさせ発射という最悪パターン。

男は男の手コキなど見たくない!
本編はこちらから

PANIC HOGTIED(パニック・ホグタイド) 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲

PANIC HOGTIED(パニック・ホグタイド) 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲
本編はこちらから

タイプじゃなかった

女優がタイプではなく、凌●されても正直興奮しなかった作品。

プレイ内容はいつも通り、拘束しての自動ピストンマシーンでの放置プレイもあります。

体が柔らかい点は、拘束時に開脚をさせてるレベル。

正直体が柔らかいのをAVに活かすってかなり難しいと思う

身体は柔らかいです。

身体は柔らかいですが芝居はカチコチです。

責めのパターンはほぼいつもどおりで、ちょっと違っていたのが仰け反らし姿勢での剃毛。

その後は指、おもちゃでの責めが8割、喘ぎはけっこううるさいです。

締めはいつものSEX→顔射?口射?てな感じです。

なんかイマイチでした。

概して 単調

全体的に単調な感じがした。

 作っている側は いろいろと変化をもたせていると思うかもしれないが、作る側と 見る側では感じ方が異なる。

人妻アクメシリーズや 達磨シリーズが とても好きだったが、それと比較すると、単調だし、 女優さんを 上流な品位のある女性として感じさせるのも 不十分。

ただし、個人的に評価ができるのは、フェラとセックスシーンが かなり限定されている点。

剃毛は本物?

剃毛は本物でしょうか?わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

宜しくお願い致します。

柔軟なボディーをイカした体位で緊縛

柔軟なボディーをイカした体位で緊縛され,凌●される麻宮玲。

専門用語「ホグタイド」の解説等は,興味がある人に任せるとして,縄でギチギチに縛られた玲のボディーはエロいです。

そして,丸顔のお顔は可愛らしいけど,気の強さも感じます。

オ○ンコ中心に攻められ,激しく喘ぎ,イキまくる玲。

ちょびマン毛を剃られパイパンになって,本格的なオ○ンコ攻めへと移行します。

それでも,マン汁は出しても,潮は噴かない強情なオ○ンコ。

マシンバイブによる強●突きでも,玲の絶叫が響くばかりで,ドバッと潮を噴かない。

ある意味,強いのかもしれないけど,ド派手に潮を噴き上げた方が絵的にもエロいです。

最後はチ○ポで犯●れ顔射。

本編はこちらから

軟体っ子4 魅惑のi字バランス

軟体っ子4 魅惑のi字バランス
本編はこちらから

バイブやオナニーは個人的にいらないなと(他のAVには腐るほどある)

サムネイルで気づいた段階では表紙の女の子が後編で出てきますが、別人のように見えます。

ぶっちゃけ表紙のほうが可愛いと思える。

両足をクビの上に回すポーズは圧巻!それにしても軟体でパンチラとはこれまたすばらしいものを考えたとこのシリーズを知った時は感動したものです。

でも折角パンチラ見せてるわけですから、それを脱いでしまうのは勿体無い。

理想、わがままだけを述べれば軟体でのパンチラだけに重点をおいたものになれば最高のものになるんではと思います。

他の方々はどう思われるか解りませんけど、今回の4は決して悪いものではなく、良いんですが、いまいちな出来でした。

ボリュームも少なめに感じるんですが、気のせいでしょうか?

そのまま顔をうずめたい

I字バランスでアップになるパンティそのまま顔をうずめたいと思うほどの臨場感最初に出てきたのは清楚な格好で出てきた陽菜個人的にはパケ写の麻宮玲のほうがいいなとおもってたんですが見てみて印象が変わりましたファミレス浴衣レゲエ風セクシー衣装でチョイスもよいI字バランスでの手マンやバイブに耐えている姿がたまりません後半の麻宮玲は最後のチャイナドレスの時の髪型がおばチャンっぽくてなんかちょっとって感じがしました

あともうひと工夫!

最近になって軟体ものの作品がやけに多く出回るようになっているが、その多くは軟体が単なるSEXの前座や体位の1つに位置づけられているに過ぎない。

そんな中、軟体をフェチズムとして正面から描き出しているのはもはや笠井監督しかいない。

それだけに期待が大きくなってしまい、辛目の評価にしてしまった。

まずかったのは、女優さんがあまりかわいく撮られていないという点。

これはこの作品に限らず、笠井監督の作品全般に言えることだが、メイクか照明に問題があると思う。

他方、インタビューその他の場面で挿入されている、女優さんご自身にまつわる軟体エピソードは、妄想を掻き立てるという面で高評価。

今回とくに注目したいのは、女優さんの股間の盛り上がり具合とハミ毛具合。

本編はこちらから

INTERNATIONAL BALLET COMPETITION WINNER 麻宮玲 軟体開脚拘束電マ!マシンバイブで激イカセ!生中出し12発!で引退!

INTERNATIONAL BALLET COMPETITION WINNER 麻宮玲 軟体開脚拘束電マ!マシンバイブで激イカセ!生中出し12発!で引退!
本編はこちらから

普通

個人的に軟体時の複数人凌●を見たかったので、こちらを選んだ(拘束電マ放置プレイは好きではない)。

複数電マシーンの時バレエシューズやストッキングを脱がしてなかったので、足指先を曲げてるかどうかわからないのが何よりも残念だった。

脱がさないならカメラは固定でもよかったと思う。

かなり前の作品で(たぶん同じメーカー)似た作品があり、その時は全裸で拘束電マで複数人から責められるのがあったので期待して見た。

逆によかったのは最後の複数人プレイ時のカメラワーク。

責めがゆるいと思ったので、この評価。

バレリーナ引退作品

主演女優がバレリーナ人生に自ら幕引きをするための作品であることには居た堪れないが、それを知ってなお固くなってしまうのが魔羅というものだ。

バレリーナ凌●ものとしては極めて出来が悪い。

ひたすら肉便器として精液を注ぎ続けるだけだからだ。

体位にも何ら工夫はみられず、バレエとしてのハイライトは淫蘭ポーズ(垂直スプリット)で中出しするだけだ。

ただ、この作品で評価できる点があるとすれば、バレエ人生を終える決意をした主演女優自らがバレエを語るシーンだろう。

自ら憧れてその道に進み、おそらく彼女にとっては神聖なものであったはずのバレエを自らの手で汚すことは勇気のいることだろうし、内心では涙を流しているに違いない。

そうした感情を超えてバレエ人生を断ち切るべく演技をし続ける姿は素晴らしい。

作品そのものとしては全く評価はできないものの、主演女優のバレエ人生を弔う意味でも、できるだけ多くの男性諸氏がこの作品を見て、彼女のバレリーナ姿を凌●し尽くしてほしい。

バレエで鍛えた肉体

バレエで鍛えた肉体をAVで見せ,セックスまでしてしまった麻宮玲。

恥じらいもなく全裸バレエを披露。

もちろん,柔軟なボディーなので,大開脚など,大胆なポーズでの絡みも可能です。

オ○ンコも強いのか?自ら腰を振る騎乗位ファックもし,マシンバイブでの攻めにも耐えます。

最後は,たくさんの男に囲まれ輪●。

クスコで拡張したオ○ンコに大量にザーメンを流し込まれ,演技終了。

2作で引退なのね。

本編はこちらから

みるスク 超軟体パイパン 麻宮玲

みるスク 超軟体パイパン 麻宮玲
本編はこちらから

超軟体微乳

店頭でジャケットを見かけ、琥珀うたちゃんに似ていたので買ってみたましたw調べたら今はみおり舞という名前で活動しているみたいですね柔らかすぎて怖くなるくらい体が柔らかくて膣内の形を想像するとムラムラして挿れたくなるヤラシい体ですwそんな感情にさせてくれる作品でしたw
本編はこちらから

働くオンナ獲り 【スーツ姿の桜花りりが獲りに乱入!!】 vol.22 SP

働くオンナ獲り 【スーツ姿の桜花りりが獲りに乱入!!】 vol.22 SP
本編はこちらから

麻宮玲(れい)・美山ゆず(ゆり)/戸田さゆり(さおり)/みなせ優夏(ゆうか)・芦名ユリア(ゆり)・桜花りり(桜花リリ)

美巨乳揃いで、桜花りり◎

これだけの美巨乳娘を揃えると圧巻!中でも、桜花りりがピカイチでハマッた。

白ムチの健康的エロボディで、実際に受付OL嬢の経験があるだけにスーツの着こなしも◎ピタピタのタイトミニに黒ストッキングはドエロい♪白ブラウスからは、今にもはみ出そうな天然パイ。

自分で黒ストを破きながら、男に跨がり肉棒をブチこむ...桜花りり嬢、複数モノではもったいない!この娘のポテンシャルはなかり高いので、単体で【働くオンナシリーズ】とかで観てみたい。

本編はこちらから

BLACK SWAN INTERNATIONAL BALLET COMPETITON WINNER 麻宮玲 REI ASAMIYA(21) DEBUT Prima ballerina assoluta in AV

BLACK SWAN INTERNATIONAL BALLET COMPETITON WINNER 麻宮玲 REI ASAMIYA(21) DEBUT Prima ballerina assoluta in AV
本編はこちらから

悪くはないのだが

メーカーROCKETの バレリーナ小嶋実花の作品を見た後では、星三つで 評価が辛くなった。

もうすこし バレーを踊るシーンに時間を長くとってほしかった。

この種の作品では、ダンス衣装を着て踊るシーンに期待があるわけで、だからバレリーナをうたう作品をわざわざ買っている。

それと、小嶋実花の作品とのもうひとつの違いは、小嶋実花では、舞台が設定されていた。

その下に観客席があって、 観客たちが 彼女を見ているのが ひじょうにエロかった。

まあ、コストの面で そこまではできないしても、 バレーを踊るシーンにもうすこし時間を取って、力を入れてくれれば 満足度が高くなっていたと思う。

お金目当てなのか,基本エロなのか・・・

バレエダンサー,麻宮玲のAV出演作。

まずは,自慢のバレエを披露しますが,白鳥ならず黒鳥の舞。

そして,男との絡みへと。

お金目当てなのか,基本エロなのか・・・。

さすがに柔軟なボディーなので,大開脚など大胆な体位が可能。

フェラして,パイパンに勃起チ○ポを受け入れる淫姿を見せ,3Pまで体験。

しかし,どこから探してくるのか・・・,たびたび一芸に秀でた女をAV出演させますね。

本編はこちらから