【芦屋瞳】女優さんが良い – 背徳の令嬢 芦屋瞳

背徳の令嬢 芦屋瞳

背徳の令嬢 芦屋瞳
本編はこちらから

SMの古典的名作の一つです。

コンセプトや場面設定にO嬢の物語を取り入れているのは誰でもわかることだが、ラストの野上に芦屋がナイフで傷つける場面は監督高橋の創作で彼の恋愛観、SM観が出ていると思う。

つまり愛は憎しみの裏返しであり、SとMとの関係は絶対的な服従関係にあるように見えて実は相対的な関係であると…。

しかしながら、肉体の苦痛が唯一自己の存在証明であり従って肉体は自己存在の手段でありそれを超えた精神の高みを物語という形をとることによって表現しているHisutorydeOに比べることはできない。

このAVでは美人でスタイルの良い芦屋の魅力を堪能できればそれで満足だろう。

アシヤレーヌ

女優の高貴な顔立ちと佇まいは、こうした凌●物が良く似合う。

冒頭の婚約者の”潮吹かせバカ一代”吉田潤とのライトなSM風の絡みに始まり、その吉田の罠に嵌められて野上正義の奴●となり、手下の速水健二に強●イマラチオ、野上の「ぶっかけてやれ」の命令に顔射。

アナル・放尿・蝋燭・逆さ吊とハードな調教を経て、上流階級の皆様にSMショーでお披露目。

最後は焼き鏝で尻に紋章を烙印され、永遠に野上の所有物に。

古典的な題材ですが、古風で優雅な雰囲気を漂わせる女優があってこそ活きるのでしょう。

女優さんが良い

芦屋瞳さんがとてもお上品でいいです。

その瞳さんがマゾ奴●に調教されるーーーこれはたまりません。

なかなかの値打ちもんです。

本編はこちらから

東京爆弾 芦屋瞳

東京爆弾 芦屋瞳
本編はこちらから

時はバブル末期

往年の名女優「芦屋瞳」のAVデビュー作。

バブル経済末期の六本木に生きる自由奔放なボディコンギャルを瞳嬢がねっとりと、かつ、エロティックに演じている。

「ボディコン」「ディスコ」「ラジカセ」「やたらとでかい電話機」「広範囲モザイク」といったあの頃(90年代前半)のAVをほうふつとさせる内容の数々に、オールドファンは感涙必至である。

グダグダすぎるシナリオも含めて、「古き良き時代」の巨乳AVを知るには、外せない一本といえる。

別格の美しさ!

この30年間に渡り、大袈裟ではなく何千、何万本のAVを見てきたAVジャンキーの私であるが、その中でもこの芦屋瞳の美しさは別格である。

その美しい顔、勃起した美味しそうな乳首。

スラリと長い美脚。

ちょっとかすれ気味のハスキーな声。

私にとっては、ほぼ完璧である。

この年代のAVは擬似本番物が多いが、男優の腰の動きと彼女の反応の仕方でまず間違いなく「挿入」している事が解る。

彼女の喘ぎ顔を見るだけで逝ける私の様な者には芦屋瞳が本番をしていて本気で感じていると言うだけで充分過ぎる程に価値がある。

この後、彼女はシネマジックのSM作品等にも出演しているが興味のある方はそちらも必見である。

過去作のリモザイク復刻が盛んに行われているが、是非是非、この芦屋瞳の全作品を復刻して頂きたい。

彼女の様な美しい女優など、そうそうは居ないのだから。

本編はこちらから