【藤井あかり】バランスボールで歓喜の連続ポロリ – ハレンチBODY Hカップと福島弁の訛りがカワイイ新人爆乳ナマドルが極上ボディ引っ提げて衝撃のグラビアデビュー 藤井あかり

解禁プレミアム 藤井あかり

解禁プレミアム 藤井あかり
本編はこちらから

惚れた!

人気の方なんですね。

初めて見ましたがすごく気に入ってしまいました。

目力強くて華やかな顔立ちの美人ですが、訛ったハスキーボイスとペチャっとした髪型が素朴な印象で、ギャップ萌えです。

これを派手な髪型にしていたらこんなにかわいく見えなかったかもしれません。

メイクさんえらい!スタイルが抜群で、適度な丸みがあって。

大きな胸だけじゃなく太ももとか、かがんだ時のお腹とか、すごく迫力あります。

「最後まで私のおっぱい見てくださいね」と訛りながら言うだけあります。

固い体で頑張って柔軟体操する姿に一瞬でエレクト。

大きな胸の先っちょは個人的に大きいと嬉しいのですが、その通りの先っちょがチラチラ。

ですが全部見せなくてよかった。

衣装は女の子をかわいく見せるアイテムだと思うので衣装はちゃんと着けていて欲しい、解禁というタイトルですがこれ以上脱ぐとつまらない作品になってたんじゃないでしょうか。

ただグラビアにありがちですが、胸のアップばっかりで、もっと全身を見せてくれればと思います。

基本的に笑い顔みたいで、明るい表情もいいです。

私はとにかく声が気に入って、セリフを聞くたびに胸の奥がつーんてなります。

ずっと聞いていたい声です。

特に巻末のインタビューがめちゃめちゃかわいいのです。

「乳首NG」だが「過去最多ポロリ」

福島出身のHカップアイドル「藤井あかり」のIVデビュー第3弾。

「解禁」という、実に意味深なタイトル。

前半は、長方形の小さな布で構成されたマイクロビキニ姿で登場。

ミニ風船を胸の谷間に挟んで疑似パイズリするシーンでは、早くも「乳輪の上半分」を露出。

また、水風船をお尻で割る場面では、股間から水がビシャビシャと噴き出して、まるで「AVの潮吹きシーン」を見ているかのようである。

続いての手ブラシーンでは、手際の悪さが災いして乳首が「はっきりと」ポロリするハプニング発生。

そして、ひも状のきわどい水着でストレッチするチャプターでは、右左と体をひねるたびに右左とおっぱいを露出。

さらに、全裸からの手ブラ失敗で「両乳首」が同時に露わになる。

「透け乳首」にこだわった運動シーンを挟んで、中盤は、卑猥なマイクロビキニ姿で「全身ローションマッサージ」。

うつ伏せおっぱいマッサージでは何度となく乳首ポロリ。

そして、四つん這いのお尻マッサージでついに「ア○ル完全解禁」。

パンティーを横にずらして、ぬるぬるの液体まみれのケツ穴を披露。

後半の入浴シーンでは浴槽内で水着を脱ぎ、すっぽんぽんの一糸まとわぬ姿に。

ここでも「意図的な(?)」手ブラ失敗で右の乳首と乳輪が丸見え。

ソーセージ相手の疑似フ○ラチオ&パイズリを経て、明らかに「騎乗位セックス」をイメージした映像でド迫力の乳揺れを拝ませてくれる。

「解禁」という言葉を使っておきながら最後まで「乳首NG」だったので、正直、内容的に多少の失望感はある(その部分で評価はマイナス1)。

ただ、「過去最多ポロリ」で、なおかつ、禁断といえる「ア○ル」まで露出してくれたことは、その不満を補って余りある内容。

本編はこちらから

Milky Balloon 藤井あかり

Milky Balloon 藤井あかり
本編はこちらから

スゴイ身体

ものすごいボリュームのおっぱい。

乳輪が大きく、はみ出しまくってます。

アダルト分類にしては、おとなしい撮り方です。

タンクトップを脱いでHカップ開放

福島出身のHカップアイドル「藤井あかり」のIVデビュー第2弾。

前回同様、きわどいビキニ姿でバランスボールに騎乗。

最後にブラジャーを脱ぎ捨てるが、その後は特に何もなく。

次のチャプターへ。

氷を使って乳首の上をこすり上げるエロティックなシーンを挟んで、ゆるゆるタンクトップ姿でキッチンの床を雑巾がけするあかり嬢。

「前回よりも脱ぎっぷりが悪いなぁ・・・」と失望しかけたその時、タンクトップを強●的に脱がされ、一気におっぱい開放(乳首は大きめの絆創膏でガード)。

ローションをたっぷりと使った全身マッサージを経て、後半は、全裸シャワーできわどいシーン連発。

バランスボール騎乗でポロリを連発してくれたデビュー作と比べるとやや物足りないが、改めて巨乳アイドルとしてのポテンシャルの高さを感じさせてくれる一本。

本編はこちらから

『AV無理』Hカップの爆乳アイドル 限界ギリギリ超不純同性レズ交遊 藤井あかり

『AV無理』Hカップの爆乳アイドル 限界ギリギリ超不純同性レズ交遊 藤井あかり
本編はこちらから

うーん

女の子かわいいだけどカメラが下手で動かしすぎあと、おばちゃんの指使いも硬い感じで、あまり気持ちよさそうに見えないこのシリーズってレズものだから良かったのに、男がちょくちょく絡んできてゲンナリ

作品に恵まれなかった不運のHカップアイドル

未満のハード着エロ企画「AV無理」シリーズのHカップアイドル「藤井あかり編」の第2弾。

「AVの登竜門」と呼ばれる同シリーズにおいて、のちにAVデビューせずに引退した数少ない出演者の一人。

前回に引き続き、「女優」相手のレズプレイとなったが、オープニングでまさかの衝撃。

推定30代と思われる第1弾のレズ姉さんに比べて、第2弾の相手役は、明らかに「50オーバー」の厚化粧ババア(失礼)。

おそらく自分の実母と同じくらいのオバサマにおっぱいをまさぐられ、「死んだ魚のような目」でカメラを睨みつけるあかり嬢。

「チ○ポ、チ○ポ、チ○ポ」と無表情で淫語を繰り返す彼女の「言わされている感」がハンパない。

同シリーズでも最高レベルのおっぱいを持つ彼女だけに「どうしてこうなった?」という失望感。

余計な共演者や演出がない分、他メーカーから発売されている単独のイメージビデオ(ヌード)の方がよっぽど藤井あかりのHカップ乳を堪能できるという結果に。

モデル本人は最高なだけに、ただただ悔やまれる内容。

おばちゃんの存在感に負けている

前作でもこんなレズだと脱ぎ損だと書きましたが、今回は更に存在感のあるおばちゃんの化粧が気になって気持ち悪くなってしまいました。

純粋に男手で乳を揉み続けるような内容の方が販売面も評価面も高まると思うのですが、この路線はどんな裏事情が絡んでいるのでしょうか。

もし出し惜しみだとするならば、その目論見は企画AV女優並の素材であることが前回でバレてしまった以上、とっくに破綻してると思うのですが。

本編はこちらから

『AV無理』 Hカップの爆乳アイドル不純同性レズ交遊 藤井あかり

『AV無理』 Hカップの爆乳アイドル不純同性レズ交遊 藤井あかり
本編はこちらから

マグロ

初めてマグロ女見たこの子のもう一つの作品も見たがビックリするぐらい無反応笑笑嫌々とかってレベルじゃなくて表情が読み取れない仮にこの子が正常位してたら天井を無言で見てそう笑一緒に出てるAV女優さんがエロすぎて、そっちに持ってかれてる

AV無理にしては健闘した方

厳しいレビューが多いですが・・・。

そもそも彼女はまだAV堕ちしていません。

着エロ女優にしてはギリギリの線まで頑張ってます。

AV無理史上初めての「男優NG」

未満のハード着エロ企画「AV無理」シリーズのHカップアイドル「藤井あかり編」。

緊張の面持ちでソファーに座るあかり嬢の前に現れたのは、マスク姿の男優・・・ではなく、「女優(熟年レズビアン)」。

同シリーズの長い歴史の中でもおそらく「初」といえる「男がいっさい出てこないAV無理」である。

ユーザーとしての正直な感想を言わせてもらえば、この時点でかなりのテンションダウン。

中盤、ブラジャーを脱がされ、Hカップの爆乳が露わになった瞬間は、それでも「おお~」と喜びの声を上げたが、相手が「女」では仲のいいメス猫同士がじゃれ合っているようにしか見えない。

ローションマッサージでのHカップ乳があまりに卑猥すぎるゆえに、なおさらこのおっぱいを揉む手が「男」だったらと思わずにはいられない。

もちろん、製作スタッフも撮影にかこつけてあかり嬢の卑猥な爆乳を揉んで、舐めて、めちゃくちゃにしたかったはずである。

「レズ交遊」という変則的な内容になったのは、彼女の「男優NG」がガチだったという証拠。

ちなみに、エンディングの混浴シーンでようやくおっぱいを拝ませてくれたレズ姉さんであるが、あかり嬢の10分の1くらいのサイズしかない控えめな微乳であった。

最悪だった…

発売前から予約までして購入する作品ではなかった。

おばさんにレズられる?女優は殆ど無反応…喘ぎ声も殆ど無し…全く期待ハズレ。

シラケた雰囲気とおばちゃんに萎えました・・

モデルさん自身が嫌々やってる感アリアリで見るに堪えない、常にカメラの向こうの誰かの顔色を伺って撮影してる感じだったし・・何よりも相手役のあのおばちゃんが気持ち悪すぎて生理的に受け付けなかった。

レズって段階で止めときゃよかったです。

普通に男じゃNGなんでしょうか?男がやってたらもっと評価が違ったかもしれません。

結構顔と田舎臭さが好みだったので新作はいつもチェックしてましたが、今後はもうチェックしないかも・・

戸惑いながらも、じわじわと責めを受ける姿に興奮しました

女の子が経験が少ないせいか、戸惑いながらもじわじわと責めを受ける姿に興奮しました。

激しく責めているのもいいですが、私は、じっくりと少しずつ責めを受け入れる女の子の姿を見る方が興奮します。

おっぱい好きにはいい内容でした。

もう少し乳首を舐めている時間を長くした方が良かったかな。

脱ぎ損、完全な脱ぎ損です

タイトルどおりです。

せっかくそれなりに知名度のあるグラドルさんが脱いだのに、常におばちゃんとペアなので別の意味で目のやり場に困るというか、気持ち悪くて直視できないために全く内容に没頭できませんでした。

更に悲劇なのは、もしかすると引き立て役を兼ねて配したかもしれないおばちゃんと彼女自身の存在感が遜色なかったことです。

グラドルのオーラなんか微塵もない企画女優レベルの素材であることが、こんなまずい調理のせいでバレてしまいました。

マンネリでもAV無理のそれは標準化と呼べる域にあるのですから、どうして自信を持って同じ路線を貫こうとしないのか疑問です。

こんなことなら乳首を露出させた単なるイメージビデオの方が、ヌルいながらも皆が満足したような気がします。

新しい試みは評価

年々AV無理の改悪が進んでいるのでこういった試みは歓迎。

カメラ片手にチマチマ触る本家と違って非常に見易い。

当たり前だが口と両手が空くので両乳を責めることができる。

ただ相手が女なのでそれだけで興奮度は下がる。

なぜこれを男でやらないのか、なぜいきなり百合なのか。

本当にこの監督の考えがわからない。

あと思ったより乳首責めてる時間は短かった。

それでも本家よりは長い。

冒頭の着衣乳舐めとか要らない、結局脱がさないまま終わりとか糞過ぎ。

まぁまぁいける

藤井あかりちゃんの作品はこれが初見です。

乳首初解禁ということは評価したい。

初イキも見れたし。

確かにマグロという点で感じる反応が薄いことは評価をどうしても上げにくい。

彼女の反応は以前からそうだし改善もしてないということは事務所もOKにしている。

ひとまずはAVには来ない方がよいと思います。

多分本人もそのつもりでしょう。

だから同時発売の篠崎ももと違ってレズという演出にしたのかと。

あっちは従来の演出にしてるし。

私は他の方とは意見が違って、この覆面女優さんが相手でよかったのではないかと思います。

というのは、チャプターが進むに連れてあかりちゃんの緊張が解け、触られるだけでとろーんと感じるようになっていたからです。

このとろ~んと無防備になり、乳首モロ出しにして果てているあかりちゃんを見ることができただけでも評価に値すると思います。

「愛咲えな」さんとは別人です

AVの愛咲えなさんとは完全に別人でした。

作品を見比べればすぐわかりますよwちなみに藤井あかりさんの方が胸が大きく、アナルが肌色でした。

一方、愛咲さんは藤井さんよりはるかにシャキシャキしゃべってアンアン悶えます。

このDVDの藤井あかりさんは、常に性的な反応が薄く不足感が残ります。

これは藤井作品に共通した特徴です。

スーパーナイスバディーでありながらギャルっぽさが一切なく、いくらエロく責めても表情も会話もモッサリしたままwそんな女性に何かムラムラを感じる人向けとしては一級品かと。

とはいえ、そろそろ本気のイク姿を見せていただきたいところです。

「愛咲えな 」さんでAV既出ですよね。

愛咲えなちゃんとして他のAV作品(「巨乳JKとの汗だくセックスに溺れた体育教師」)等の方が楽しめると思います。

おばちゃんを受け入れられるかどうかで決まる

おばちゃんがかなりの確率で写るんで、それを受け入れられるかどうかで決まるでしょう。

ちなみに自分は大丈夫でした。

少なくともクッソ汚い男優よりは何百倍もマシです。

うーん…

インタビューもなくいきなり始まったかと思えば終始中途半端な同じような攻め?が続き見所の無いまま終了。

他の箇所を削って最後の入浴シーンをもっと充実させるべき!!自分的には女の子の声も想像してたのと掛け離れていて残念でした。

本編はこちらから

ハレンチBODY Hカップと福島弁の訛りがカワイイ新人爆乳ナマドルが極上ボディ引っ提げて衝撃のグラビアデビュー 藤井あかり

ハレンチBODY Hカップと福島弁の訛りがカワイイ新人爆乳ナマドルが極上ボディ引っ提げて衝撃のグラビアデビュー 藤井あかり
本編はこちらから

エロさが台無し

巨乳は巨乳だし乳輪チラチラ見えてエロいんだけど表情は硬いし動きもぎこちないせいで全然ヌケない…福島弁訛りをタイトルに入れてるのに喋りも少ないという…陰毛の剃り跡がクッキリ映るからそういうのが好きならいいんじゃないでしょうか

バランスボールで歓喜の連続ポロリ

福島出身のHカップアイドル「藤井あかり」のIVデビュー作。

東北出身の(いい意味で)垢抜けないルックスと規格外のホルスタイン爆乳の持ち主。

スクール水着でスイカをシャリシャリと頬張るノスタルジックなイメージ映像を経て、突然、ハミ乳全開のV字水着でフラフープを始めるあかり嬢。

当然、92cmの爆乳はゆっさゆっさと揺れまくる。

さらに、続いてのバランスボールシーンでは、自ら水着を脱ぎ捨てると、いつ乳首が見えてもおかしくないトップレス状態へ。

バランスボールに胸を押しつけ、そのまま前後に勢いよくバウンドし始める彼女。

ボールの反動で上体がふわっと浮き上がるたびに、乳首が連続ポロリ。

この演出を考えたディレクターは天才的。

赤いマイクロビキニでのきわどいイメージシーンを挟んで、後半、泡まみれの全裸シャワーでユーザーの股間を大爆発させる。

親しみやすい東北弁、愛くるしいルックス、Hカップの神乳と新人とは思えない脱ぎっぷりのよさを兼ね備えた巨乳アイドル界の超逸材。

本編はこちらから