【秋月まひる(雨宮せつな、松本ルイ)】視聴の際にはボリュームにボリュームに注意 – おはズボッ!パンツ脱いでないのに… あ〜もう脇から入ってるぅ〜!! 失神寸前ギャル大続出スペシャル

痴女 Age18 [オトナを惑わす制服Gals]

痴女 Age18 [オトナを惑わす制服Gals]
本編はこちらから

3人中、痴女は2人

女の子は、上記出演者2人のほかに「ゆほ」を加えた計3人がでています。

3人ともハメ撮りです。

持田、雨宮はタイトル通り、充分に痴女していて良いんですが、「ゆほ」はほとんど痴女らしさが無いので、全く駄目ですね。

持田茜が良かったです。

Hが終わった直後に、更に男優を責めるのが、エロくて良かったです。

本編はこちらから

清楚系女子校生24人4時間

清楚系女子校生24人4時間
本編はこちらから

レベルの低い寄せ集め作品

他の作品からの流用を寄せ集めた総集編な訳ですが…正直、出ている女の子のは、ほしのみゆ、つぼみ、等の有名な人以外は、ほとんど可愛くないです。

パケ写に一番大きく写っている可愛い子は、どこに出てたの?って感じです。

同じ制服を着ていた人が一人出ていましたけど、パケ写よりも、かなり劣ります。

清楚系なんて、かけらも感じませんでした。

最初から期待はしていませんでしたが…ましてや、最後は裸の女の子3人がレズしていて、女子校生というのを無視しているし。

オススメできるポイントが有りません
本編はこちらから

あっ!?時間が止まった!

あっ!?時間が止まった!
本編はこちらから

タイトル通りではない

時間を止めていたずらするのは最初だけ。

その後、女優さんは動いてます。

実に中途半端な内容。

アイディアはいいのに

前半はアイデア通りの展開でそれなりに楽しませてくれるが、後半のオフィスで旧来のワンパターン場面をヤマとするなど、せっかくのアイデアを生かさない。

がっかりした。

本編はこちらから

JK・女子校生の放課後 顔騎(顔面騎乗)・尻コキ編 1

JK・女子校生の放課後 顔騎(顔面騎乗)・尻コキ編 1
本編はこちらから

マニアならもっと細かい点に気を使え

タイトルから想像できるような、そのままの内容。

パンツを履いた状態で顔面騎乗→脱いで尻コキ、というような感じ。

一人ひとりの時間はそれほど長くはなく、アングルも2パターンくらいしかないので、プレイ自体を余り掘り下げられていない。

あと、照明が照らしすぎなのか、陰影が分かりにくく、パンツのシワ感や立体感が感じにくかった。

尻フェチ作品を作るなら、そういうところまで気を使って欲しい。

ケツをアップで映してりゃOKってわけじゃない。

女優の質など悪くないだけに、もう少し頑張ってもらいたかった。

本編はこちらから

突然パンチラで挑発されてこっそりシゴいちゃった僕。 その2

突然パンチラで挑発されてこっそりシゴいちゃった僕。 その2
本編はこちらから

ちょっと飛び跳ね過ぎ?

喫茶店の向い側の人のパンチラはいい着眼点だと思うが、ちょっとしつこ過ぎたかな。

OLのやつだけでよかった。

あと、やたら挑発的な人が多くて萎えたかも。

いかにもな人のパンチラはさほど興奮しないかも。

「やって当たり前の人がするパンチラ」よりも、「何となく見えちゃったパンチラ」の方が興奮するのであって。

たとえば、編み物をしているお姉さんも、黒髪で凄く清楚な人だったりしたらもっと興奮したかも。

それゆえ今回のキャスティングはあまり良くなかったかな。

良かったのは追試を受けてる女子生徒くらいでした。

(それも短時間過ぎて勿体無かったです)この設定なら、「喫茶店でテーブルを拭いているウエイトレス」か、「階段の上で掃除をしているメイド」が良かったかも。

てゆーか、あの喫茶店の店員さんと、面接時の巨乳メイドがすごく気になるw。

彼女らのキャスティングを激しく希望w。

やはりそうだったか。

パンチラものをせっせと探していますが、そんな中、このシリーズはpart1を見て感動し、次に主観版を見てまたまた感動しました。

ただ、それだけ見てしまうと、なんとなくpart2はイヤな予感が。

それは、題名にもあるように「こっそりシゴく」状況をうまく作るかどうかが重要で、人が大勢いる喫茶店の店内で書類で隠しながらのセンズリや、女性と2人っきりで向かい合った状況で、たかが雑誌や書類でかくしてセンズリするというのはあまりに現実的ではありません。

言ってしまえば、書類やカバンで隠してのセンズリはよほどでなければ非現実的だということです。

「地震編」のように明らかに相手の目の前で(しかし、他人には見えないところで)おこなうセンズリならまだわかりますが、相手に隠れてするのであればやはり、彼女にも見えないように机の下や車の中ででシゴくようにしないと、単にアタマのおかしい男性ということになってしまわないでしょうか。

いいねえ

お茶汲みのOLの、「すけべ」のセリフが一番興奮した階段の上の娘きかわいかったものの抜きづらかったな

期待しすぎたかな・・・?

全体を通して、良い、悪いの落差がはっきりしてました。

多分、女優さんの演技力によるものだと思いますが・・・。

その1の女優さんの方がよかったなぁ。

でも、今回は下着は数パターンあり、ユーザーの声が反映されている。

全7話構成なのですが、特にひどかったのが5と6話でとにかく艶技が下手。

色気が全く無い。

7話目は6話と同じ女優さんなんだが、こっちはよかった。

というか、この企画のコンセプトから言えば反則気味の演出な気がする。

私的にはストライクだけども(笑どちらにしても、変にハードルを上げて見なければ、普通に満足できると思います。

良くも悪くも普通

文字通り、「その2」という感じ。

前作と比べて、?パンツのバリエーションが増えた?密室での1対1ではなく、周りに他の人間がいる中でパンチラが行われるシーンがある?正面からのパンチラだけではなく下からのアングルも取り入れたという点において進化しているが、言ってしまえば女優とシチュエーションが変化しているだけで、「その1」と比べてそれほど目立った進化はない。

とは言うものの、女優とシチュが違えば、一応それなりには楽しめるので、前作を観て、「もっと他の女の子や場面を観てみたい」と思った人にはオススメできる。

しかし、前作以上の興奮と衝撃を求めて観ると、やや肩すかしに終わってしまう感がある。

おもしろい!

1作目が良かったので期待はしていたのだが2作目もなかなかいい出来だと思う。

できればもう少しリアルな設定のものが1つくらいあれば満点だと思う。

これはちょっと

思ったとおり、こんなもんかな。

女優のレベルもさることながらパターンもイマイチで。

ただ最後の女優のノーブラだけが救いかな。

残念。

良かった

前作は見ていないので、比較はできませんが、良かったです。

4話目の取引先の女専務と、最後の友達のお姉さんが特に良かったです。

女専務のは、探すフリをしてソファーで後ろ向き(というか四つん這い)になって見せるところがツボでした。

最後のは、お姉さんが一度席を外しノーブラになって帰ってくるところも、主題から外れるものの、お姉さんのエロさを感じさせ、非常に良かったです。

同様の趣旨で、一度席を外して、パンティをエロイ(Tバックやスケスケ)のに変えるとか、わざと食い込ませて戻ってくるというのもあると、個人的には良かったかなと思います(反対される方も多いかもしれませんが)。

うん

もう少しコッソリというところに固執してほしかった。

ぬけなくはない。

視覚的エロスを追及した良作

普段女性の裸に見慣れてしまった男性にみてもらいたい作品。

パンチラOnlyだからといって敬遠する事なかれ。

視覚的エロスを徹底的に追及した結果なのかクオリティは高い。

要望をあげるとすれば脚の描写シーンを増やしてほしい。

第3弾にも期待ができるシリーズだと思います。

いや楽しめたけど・・・

下から目線のパンチラはいらないなぁ…。

見せてくれてる感に欠ける。

見せてくれてるんじゃなくて覗いてるっていう感じに気持ちがシフトしてしまって、受身的要素が薄れて微妙だった。

もっと言うと座った状態からでないと発射のタイミングも掴めないというか…。

やっぱ最後は誘うような笑みを浮かべながらの大サービス開脚みたいなのがいいわけで・・・4つ目のパートみたいにね。

下からだと演出に強弱がないからマンネリ化してしまう。

しかし前作と違ってつまらん白い下着だけでなくなったのはうれしい。

できればガーターとかもほしかった。

3つ目のパートの最後で女優さんが「ほら…」って言ってるのが良かった。

良かったけど余り目立たなかった(笑)もうちょいわかりやすくやってくれても良かったような。

下からのアングルのパートがなければ間違いなく☆5だった。

といっても大好きな作品なので続編に大期待

またまた高い完成度。しかし不満もすこーし残る。

パンチラonlyのシリーズ2作目。

本作も前作に続き、日常の中で女性がコチラの目線に気づいてからの挑発的パンチラと言うコンセプトを見事に表現できている。

前作ファンなら必見。

熟女系が入り、パンツもパートに合わせて多様化。

一人称視点への拘りも強化。

(希望が叶い嬉しいですw)個々のパートはそれぞれ好みも分かれると思うが、OL同士の会話や、熟女の読書や喫茶店員への対応など、全体的に日常を表現する為の小道具が効いていた所が良かった。

パンツを見せすぎるという事への不満もあるかも知れないが、変則としては個人的には好み。

(やっぱ最後は全部見たいしw)。

艶堂さんのお尻振りなどは脚をガニ股にして欲しかったぐらい。

後の希望としては、最初は少し恥らったり、軽蔑したような目をコチラに向けてパンツを隠す所作をもう少し入れて欲しい。

脚が全体的に見えるようなアングルも個人的には希望。

男優のチンコは写さなくていいかも

パンチラの仕方が子供っぽいし、第2話(地震シーン)は酷すぎる。

会話は必要なし、いたずらっぽく笑う仕草もいらないし、男性に方を何度も見る仕草もいらない 何気なく自然とやるパンチラに興奮するんです。

喫茶店や面接のシチュエーションはいいんだけど、内容が子供向けでいまいち

アロマ様、提案です。

その1と違い、「こっそりシゴいちゃった僕」くんの顔がほとんど出なくなった点評価いたします。

ただしシゴいちゃって発射するシーンは相変わらず挿入されており、しかも、それが一番そそるシーンの直後であるだけに観ている側としてはタイミングが計りにくく、始末が悪いです。

「発射シーンは必要」と仰られる方もおられ編集に関しては賛否分かれるところとは思いますが。

そこでアロマ様、折衷案としての提案です。

画面を分割してシゴいちゃうシーンは画面隅にでも(もちろん小さく)挿入しては?見たくない人はその部分は紙などはって隠せばよいわけです。

「シゴいちゃう」シーンが必要という人もそのシーンが画面いっぱいでなけりゃいけないとは言わないでしょ。

たまにはいいけど

中途半端に終わる日もあり。

たまにはいいかも?まずまずですな=~

その3、その4とシリーズ化してほしい。

他の方が書き込んでいらっしゃる通り、その1から進化はしているが、もうちょっとかな…。

ジャケットにもあるOLとの喫茶室シーンでは「僕」の見た目でないOLさんに寄ったハンディの画が入るが、なぜか興ざめというか、普通のAV風でイマイチ。

最後の「友人のお姉さん」パンチラは、途中で時計をいじる件が2度出てくるので、どうせなら衣装をタイトデニムからフレアスカートに変えるなど変化がほしかった。

とはいえこの手の作りはアロマさんがワン&オンリーなのでその3、その4とシリーズ化してほしい。

Good

1作目より改善が見れて、非常にいい作品だと思います。

口元は動かさなくてもいいのですが、ナレーション的な感じで、言葉責めなどがあるともう少し楽しめると思います。

パンチラだけだと興奮の度合いにかなり個人差が出るとおもうので・・・。

3もぜひ!

1に引き続き最高でした。

女優の選択もバッチリです。

実際あんなに色っぽいお姉さんに挑発されたいですもんねぇ。

特に最後の友達のお姉さん編が良かったです。

お姉さんが教えてあげる的なシチュエーションは最高です。

ただ時計を直すシーンの時とか、実際ありえないシチュなんだから、「ちょっと支えてて」とかで多少お触りもあって良かったかも?個人的には基本熟女は熟女編として別にしてほしい。

熟女を観たくない人にとって、その登場シーンは早送りの時間でしかなくなるのです。

あと前作に比べ、シゴいちゃった僕の撮り方はかなり良かったです。

パケ写の子がいい

パケ写のOLがいい 仕事の休憩中に同僚と世間話しながらさりげなくっていうのがいいね

インパクトは前作、クオリティーは今作かな

相変わらずいい出来ですね。

前作は“新たなるパンチラ作品”というインパクトが大きかったので、その部分を求めると基本的に前作を躊躇している続編の為それほどでは無かったですが、内容(特にシチュエーション)は面白くなっていますね。

インパクトのフィルターを外して見る2回目以降の視聴でその面白さがよく伝わってきたように思います。

全編カメラ目線になったのも良い点かな。

女優に関しては完全に好みだと思います。

私は稲盛ケイトの2パートが最高でした。

これも人それぞれということで…第3弾も出てくれるといいのですが…

最高に良かった!

渡り階段のパンチラは全然良くないのですが、他のシチュエーションはかなり良かったです。

Tバックでパッカーンも素敵でした。

ドキドキ感溢れる挑発空間の臨場感が素晴らしい!女優があえて視線をそらしたり、しらじらしくパンチラしたり芸が細かい!最高です!

何度見ても楽しい

とても良くできていると思います.エロいシーンだけでなく前後もじっくりみるのがお勧めです.私が一番良かったのは最後に出てくる友達のお姉さんです.弟の友達がいやらしい目で胸元や太物を見ているのに気づいて,始めは嫌悪感を示すのですが,反応を楽しむようになります.徐々に大胆になってくる微妙なところが上手く表現されていてそそります.席を外したあとノーブラで登場してきて,パンちらだけでなく,ポッチも楽しめて良かったです.

その1後編という感じか

前作と同様の展開。

パート2だからと言ってパワーアップしているわけではない。

コスチュームと女優が入れ替わっただけという感じ。

パート1は女子高生やメイドさんのようなかわいいパンチラが中心で、パート2はOLさんのようなお姉さんのパンチラが中心という感じ。

どちらにしても画質やパンチラの撮り方については高いレベルだと思うので、好みのシチュエーションをサンプル動画やジャケット写真を参考に選んでほしい。

また購入前に特別編もあるのでそちらも比較してみるといい。

今からでも買う価値あり

喫茶店で相席になるシチュエーションの、艶堂しほり(遠藤しおり)さんが最高にエロい。

これだけで買う価値ありますね。

Tバックは要らない!!!

まだ初版やパンチラ胸チラハイスクールの方が魅力的でヌケたけどpart2は気持ち悪い色のTバックやハミ毛があったりとシチュエーションや演技もカメラワークもチラ度も、ほとんどのチャプターがド下手で見ててイライラしたホンマに残念。

監督はパンチラマニアの真髄が全然解かってない。

レンタルで十分だったので本当に無駄金、使わずに済んだので助かった。

本当は非常に悪いに付けたいところだけど「豪邸1」だけが、まあまあだったので、この評価にしました。

part3以降は、こんな駄作が出ない事を祈りたいです。

本編はこちらから

ふたなりレズ 6

ふたなりレズ 6
本編はこちらから

せつなさんイイ

せつなさんのかわいさが目立った(気がする)。

医者ならではで突拍子のないことをしたりして、つっこみどころはあるけれど、AVだからとあきらめる。

まぁ、抜こうと思えば抜けるかなって感じの作品。

チ○ポが似合う「美少年女優」

ボーイッシュ美少女「雨宮せつな」主演のふたなりレズ作品。

共演は「美人女子大生レズサークル活動」でもせつな嬢と息の合ったコラボレーションを見せている巨乳AV女優「水樹凛」。

ある日、ふたなり看護師「せつな」は、体調不良で床に倒れている所を女医「凛」に目撃される。

診察によって、せつなの「両性具有」が発覚すると、凛の興味は、美少女のマ○コの上にそそり立つ「あってはならない肉茎」に注がれる。

いかにも「美少年」といったせつな嬢の容姿にふたなりチ○ポが非常によく似合っている。

後半は、せつなのチ○ポを凛に移植するが、せつなのチ○ポもいつのまにか再生して「Wふたなり」になるという展開。

正直、出演者二人の演技力不足は否めないが、雨宮せつなの「ふたなり女優」としてのポテンシャルの高さを感じさせる一本といえる。

本編はこちらから

本格レズ 美人女子大生レズサークル活動

本格レズ 美人女子大生レズサークル活動
本編はこちらから

レズ作品としての理想的なバランス

女子大のテニスサークルを舞台にしたレズ作品。

それぞれ「水樹凛=キャプテン」「雨宮せつな=凛の後輩およびレズ仲間」「夏樹えみ=新入生」という設定。

キャプテンに憧れてサークルに入ったという新人のえみは、入部早々、凛嬢に向かって猛アピールをしてくる。

早速、先輩の部屋に呼ばれて、レズプレイに興じる二人。

もっとも、それはえみとの「レズ3P」を狙っていた凛とせつなの「計画通りの行動」であった。

美白巨乳の水樹凛と日焼けボディーの夏樹えみとの対比に加え、ボーイッシュな雨宮せつなが「彼氏役」としてユニセックスな魅力を発揮している。

プレイこそややノーマルであるが、レズ作品としては理想的なバランスのキャスティングといえる。

せつなチャンかわゆい

せつなファン評価です。

内容はジャッケトの通り。

レズ好きには物足りない内容です。

ただやっぱりせつなチャンはイイ。

自分のど真ん中の女が裸で腰をふる  それがどんなに幸せなことか。

ショートが似合う雨宮せつな

目当てで借りました。

せつなちゃんは可愛かったのですが、作品としては、ただのレズシーンをつなげただけで特に工夫もなく、ほかの出演者もイマイチでした。

表情が×

なかんずく若い女優だからしょうがないのか、表情があまり豊かではないため隠微さがない。

途中、演技じゃないところで照れ笑いとかされちゃうと抜くどころか萎え萎えです。

やっぱり熟女じゃないとエロくないな。

本編はこちらから

ケガDOLLS

ケガDOLLS
本編はこちらから

秋月まひるさん目当てで大けが

AROMAのパンちらDVDで秋月まひるさんを見て、本番を見たくなって借りましたが、タイトル通り、大けがしました。

AROMAとは作りが全く違うし、質も違います。

(あたりまえですね)スタイルの良い女優も出演していますが、包帯が気になってだめでした。

って包帯のDVDって知ってて借りたのですが、包帯フェチ以外には無理でしょう。

大けがしたい人はどーぞw

当たり前だけど

自分にはだめだった。

包帯をしていると当然、顔や体が見えない、当たり前のことに作品を観て気づいた。

包帯フェチ  まだまだ修行が足りない私です。

本編はこちらから

メガネっ娘大全集 黒髪女子校生編 4時間

メガネっ娘大全集 黒髪女子校生編 4時間
本編はこちらから

透け乳首にこだわった作品

おかげで、直接乳首が見えるシーンが少ない。

全員ブラウスの下はノーブラというのも不自然だし。

入れているときの乳房が揺れるところもブラウズ越しが多いという、とてもこだわりのある作品。

これについて行けない人にはお勧めしない。

ということで、評価は「悪い」とさせてもらった。

微妙すぎる・・・何もかも・・・

タイトルに書いた通りなんか全てが「微妙」。

メガネは似合ってない娘も多いし、透けも中途半端。

女子高生モノにしても更に中途半端。

メガネへのこだわりも中途半端ならシチュエーションも中途半端。

とまぁ中途半端すぎて結果が「微妙」に落ち着いたともいえる。

普通のAVで何もタイトルと関係なしでこれなら別に気にしなかったがヤッている事は殆ど皆同じ。

特に殆どがメガネ顔射ってどうよ。

服を脱がさなかった事は評価するが胸はだける位やって欲しかった。

透けは最初に見たんだし。

今回は星3つだが、これは4時間で(恐らく)各シリーズのオイシイ所をまとめたお得感から。

単品なら星は2個になるであろう。

女優は普通か普通以上の評価ができるだけに残念だ。

タイトルに偽りあり

「ロリータ女子校生編」も同時に買って騙された。

タイトルは「メガネっ娘、透け乳首」としないと、それに興味ない人には苦痛だ。

本番で盛り上がってる最中に、「乾いた」と言ってスプレーで胸の辺りを湿らす。

この中断にイライラするわ。

男優も見知らぬ二流が多く、下手で興奮しない。

本編はこちらから

百合フレンズ2 雨宮せつな 斉藤めぐみ

百合フレンズ2 雨宮せつな 斉藤めぐみ
本編はこちらから

百合フレンズは「美少年系美少女」

プールクラブ・エンタテインメントのレズ企画「百合フレンズ」の第2弾。

クールなゴスロリ少女「せつな(雨宮せつな)」とスポーツ万能の優等生「めぐみ(斎藤めぐみ)」による甘くせつない恋心を描いた学園ドラマで、プレイ的には「ベロ舐め」が中心。

ある日、保健室で偶然一緒になったせつなとめぐみは、軽い気持ちで唇を重ねるが、それ以来、互いに互いを意識するようになる。

そして、再び、保健室で情熱的なキスを重ねた後、まるで堰を切ったように互いの肉体を求め始める二人。

後半、「百合フレンズ」になって以降の両女優は、良くも悪くも、ほぼ「素」に近いナチュラルな演技を見せるようになる。

また、ボーイッシュなせつな嬢がペニバンを装着してバックでめぐみ嬢をハメるシーンは、まさに「男でも女でもない」実にユニセックスなエロスが漂っている。

気になる点がいくつか

設定に少し無理があるのとラスト当たりが即席な作りになってるので1と比べると見劣り感がありますね

素人っぽい作りという印象。

作品としてはまだまだ改善の余地がありそうな気もするけど、こういう女子高生のレズの話ってありうるのかもなというのは一応伝わってきたので、良しということにしておこうかなと。

本編はこちらから

この娘と。 act.02 雨宮せつな

この娘と。 act.02 雨宮せつな
本編はこちらから

かわいすぎる

無敵屋らしい構成になっており包茎遊びやマン屁狙いのバック、おしりを主体としたカメラなど、ツボを得た感じで非常に楽しめる作りになっています。

女優は、くっきりとした二重の美形だけどあどけなさがあってかわいく、体型はちょっとぽっちゃりとしていて、それがかわいさを出していて良い感じでした。

また、マン屁で恥ずかしがったり、バックでいったときのビクビク具合など仕草がかわいくて非常に良いです。

フェラ中のカメラ目線が、くっきりとした二重もあって、非常に力があって引きつけます。

本編はこちらから

少女絶叫監禁室 大全集8時間

少女絶叫監禁室 大全集8時間
本編はこちらから

うーん・・・

一言で言うと劣化ベイビーエンターテイメント。

攻めが甘いし、女優さんの反応も今ひとつ。

時間は長いですが、なんか淡々としていますね。

監禁拘束物につきもののプレイはそれなりにこなしていますが、こうグッっとくるシーンがありません。

演出の問題なのかなぁ。

これなら本家ベイビーの作品を見た方がいいかも。

1~6が惜しげなく。

総集編を見てわかることはこのシリーズは全編、照明が悪い。

消しぐあいはいいんだけどね。

お買い得

一人辺り一時間以上とボリュームたっぷりでお買い得感たっぷりですただ、シリーズ通して責めがほぼ統一なので、途中で飽きるかも。

Hの時間が短いです

永瀬あきちゃんがロリぽくてM娘なので1番興奮しました。

上原空ちゃんは巨乳は迫力ありますがHの時間が短いです。

夢見ここちゃん羞恥プレーが長いです、Hは中途半端です。

ほしのみゆちゃんはHの時アップが少ないです。

モザイクは小さいほうです。

8時間のうち早送り箇所多くあります。

絶叫まではいかないかな?

女の子は割とかわいいです。

攻めへソフト目でネットリと言った感じ。

早送りなしで全編観られる人はすごい。

6人のかわいい系がそれぞれ1時間強の映像で提供されていますので,見ごたえは十分です。

修正も○で,1日暇でしょうがない人にはうってつけでしょうけど,少々飽きます。

人は変われど責めは変わらずといった感じがしてしまうのは何故でしょう。

テーマが「アクメ」のようで,ひたすらバイブ攻撃しているのを集めたのでしょう。

5・6編のシェルの遠隔バイブは楽しそうだなぁ,いろんな角度で映してくれないけど…。

ただ,拘束方法は今一だし,なぜかこのときの男どもは「事務的」というか「喜んでいない」風なんだなぁ。

というかそう感じてしまうのだ。

本編でもこんな感じなのかちょっと気になるところです。

よいです

総集編なので、かなりボリュームがあって見ごたえ十分。

それぞれの女優さんもかわいいので、見どころも多いし、申し分ないです。

お徳でしょう。

内容はそれほど過激ではありません。

SM趣味のないノーマルな人向けでしょう。

同社の初期作品はえぐい超薄消しがあったのですが、これは極普通。

セルの平均レベルですね。

「企画単体」レベルの美少女を集めていますので、それなりに見ごたえはあります。

8時間もあるので、一人当たりも充実。

でも、こんな総集編を見たら、「本編」はもう見る必要がなくなるのでは?メーカーさんも太っ腹ですね。

お得です。

いっぱい見れていい。

長かったけど、80分×6本分しっかり楽しめました。

いっぱい見れてよかったです、まる。

本編はこちらから

立花里子の巨根ロ●ータ敏感ボーイズコレクション

立花里子の巨根ロ●ータ敏感ボーイズコレクション
本編はこちらから

里子さま

松本ルイ目的で見た作品、里子さまも出演していて期待したが、けっこう普通でした。

里子さまのエロさに慣れてしまったのか、ハードル設定が高かったのか。

しかしヌルヌルボディーの里子さまの腰使いはさすがです。

至高のAV女優

スレンダー美女,立花里子VS巨根ロリータ4人。

疑似チンコを生やした女達のプレイです。

里子は,SもMもこなせる素晴らしいAV女優です。

すべて疑似だけど,犯●れ方も犯し方もエロすぎます!!!全身から溢れ出るエロオーラ,テクの素晴らしさ,ボディーの見事さ………,何もかも,抜ける要素ばかりを持っています。

同じタイプでは,乃亜がいるけど,二人同時に同じプレイを見せたら,立花里子の方にぶちまけたい。

また,ガチバトルで乃亜を完璧に調教してほしいと思ってしまった。

飽きちゃう

雨宮せつな目的で取ったけど、全部見る前に飽きちゃう。

これが普通なのかな
本編はこちらから

女子校生 Dynamite! 2 4時間SP

女子校生 Dynamite! 2 4時間SP
本編はこちらから

ごくありふれたベスト盤

シャイ企画の旧作から女子校生コスのシーンを集めた総集編。

目立った大物といえば「萩原めぐ」くらいで、他は、「多少名の知れた」インディーズの企画女優といったキャスティングである。

これだけ人数が多いと、好みの女優の一人や二人は確実にいると思うが、いずれも収録シーンは中途半端。

えんえんと本番シーンを4時間見せられるのもなかなかしんどいモノがある。

他作品からの流用は当然か…

20人も女の子が出てきますが、どこかで見た事がある様なシーンも…多人数出演・長時間作品ですから、他作品からの流用が当然と言えば、当然でしょうか。

ただ、それでも初見の女優さんもいるので、良いかな、と思う子も1、2人は…。

しかし、女優名が出ていないんですよね。

パッケージに書かれていても、顔と名前が一致しない。

残念。

普通

とても女子高生には見えないやつもいるけど、まずまず、ただもう少しモザイクを、、、
本編はこちらから

たとえば義妹がいたとして…

たとえば義妹がいたとして…
本編はこちらから

三番目のオヤジの名前は・・・

3番目のおっさんはは男優でも監督でもない中途半端なハメ撮り好きのただの「脂身オヤジ」です。

Sキャラを装ってますが、一昔前なら中学生にオヤジ狩りにあいそうなただのキモオヤジです。

2番目の娘がいい

1人目はまあまあかわいいですが、ストーリー的には義理の妹?という感じです。

2人目は浮気のストーリーで、娘もかわいくてエッチ、3人目は強引にやっちゃうのですが今ひとつでした。

3人目の男優

最悪。

最初の2話は良い。

3話の男優、脚本は最悪。

ビデオorDVDが手元にあったとしたらぶち壊していたと思う。

仲のいい妹が「メス」に変わる瞬間

「雨宮せつな」「桜木えり」「要愛子」という三人のマイナーAV女優によるオムニバス作品。

ルックス・キャラクター共に、三人の中では一人目の「雨宮せつな」がズバ抜けている。

ボーイッシュで元気いっぱいの明るい妹が徐々に「一匹のメス」になっていくストーリー展開が秀逸である。

それに比べ、他の二人はキャラ作りがまったくない上に、セックスに至るまでの流れが雑すぎる。

それでも前半だけでも見る価値は十分にある一本。

平均して評価は「普通」。

本編はこちらから

僕の彼女はMなんです。 VOL.2 雨宮せつ

僕の彼女はMなんです。 VOL.2 雨宮せつ
本編はこちらから

マジ有り得ない。男は喋るな!!!

男優がウザ過ぎる!!!この男、文句しか言わねぇし。

冒頭から、企画の全否定をする男優が何処に居るんだよ・・・開始1分経たずに嫌気がさしました。

自分が監督だったら、即行で男優を差し替えてるところ。

せつなちゃんは個人的に大好きなんだけどね。

それだけに、このクソ野郎にはガッカリだ!!!!!これが完全主観だったら最高評価を付けられんだけど・・・

かわいすぎる

デートの最中に女の子の方からおっぱい出したりパンツ脱いだりフェラなんかされたらもう最高でしょう。

男優がしょうもないのはほかのレビューにもある通り。

ただ、前半の展開だけで星5個でもいい。

こんなデートしてみたいわ。

男優がウザイ

既に書かれてるけど、男優の喋るトーンがとにかくウザい音量をゼロにして見てしまうレベルでウザいなんでこんなチンコが萎える演出にしたんだか・・・せつなちゃんはエロエロで可愛いので星5だけど、男優が星0なので全体で星3。

男優が文句言い過ぎ

女優さんはノリノリで、露出ものとして結構楽しめました。

ただ男優がビビりすぎ?こういう露出もので男側が「こんな所で駄目だよ」とか「もうやめよう」等とぐだぐだしてるのを初めて見ましたw仕事で撮ってるのならちゃんとして欲しいですね。

観覧車で口内発射→口に貯めたまま一周のシーンは良いと思いますが、前作の方がプレイ場所等バリエーションに富んでいるのでそちらの方がオススメです。

(男優は同じですが・・・)

タイトルは少し違うんじゃないかなぁ

シチュエーションはタイトル通り男優が彼氏でせつなちゃんが彼女という具合で一日のデートの中でいろいろエッチなことをしていくというものです。

初めの方は他のレビュアーさんも書いておられる通り、彼氏が野外での露出やフェラにビビり乗り気ではないため少し萎えるかもしれません。

しかし屋内での絡みとなると一転男優が攻めるポジになります。

そういったギャップを楽しむといいかもしれません。

本編はこちらから

彼女のカノジョと*10

彼女のカノジョと*10
本編はこちらから

カノジョに軍パイ

ユニセックスのカノジョは魅力的だった。

顔は鬼瓦だが良い肉体と感度良好で女としての魅力は彼女より感じた。

やっぱり女はエロくなければ。

男1女1中性1

主人公と彼女とその女友達(カノジョ)の「三角関係」を描いた人気シリーズの第10弾。

今回は、彼氏とふつうの彼女の他に、「雨宮せつな」というユニセックスなキャラクターが一人加わった事で、「男1女2」といういつもの構成が「男1女1中性1」というなんともいえない不思議な展開となっている。

特にタチ役のせつな嬢とネコ役の若菜嬢のレズ現場に彼氏が飛び入り参加するくだりは、このシリーズのベストとも呼べるシチュエーション。

雨宮せつな作品の中では上位

彼女の友達役の雨宮せつながとにかくエロい。

全体の流れは1.彼女がいない間に雨宮せつなが友達の彼氏を誘惑してH2.彼女と彼氏がH3.せつなと彼女がレズっているのに彼氏がまざって3Pとなっているが、1のせつなの誘い方がキス→チンコさする→後ろに回って耳をなめながら乳首触るが最高にエロいです。

たまらん

雨宮せつなのむっちりした体とやわらかそうなおっぱいがたまらん。

責め方もやらしいし、エロい女だな。

二人に乳首を舐められながらの手コキはやばい。

雨宮せつな最高

友達の彼氏をパンチラで誘惑、ボーイッシュな見た目と可愛い感じ方のギャップが最高です。

友達の女の子もいい味出してます。

本編はこちらから

おはズボッ!パンツ脱いでないのに… あ〜もう脇から入ってるぅ〜!! 失神寸前ギャル大続出スペシャル

おはズボッ!パンツ脱いでないのに… あ〜もう脇から入ってるぅ〜!! 失神寸前ギャル大続出スペシャル
本編はこちらから

脱がさない

脱がさないままやるのが このシリーズのいいとこ!!  女優レベルはいまいちだが 最初の子は いいよ。

即ハメ

雨宮せつな目当てで借りた。

彼女も良かったが最初の持田つぐみや3人目の大石もえはビックリしながらもハメて思わず声が出るあたりはなかなかエロく素の表情も見えるところが良かった。

このシリーズ初めて見たけど有りかな。

なんか女の質が・・・ん~~~

1かわゆい度数★★★★★★ 持田つぐみ雰囲気が西村知美に似てる。

2かわゆい度数★★★ 雨宮せつな脱いだらスゴいと自分で言う貧乳嬢3かわゆい度数★★★★ 大石もえ『気持ちいいって絶対言わない!』言いながら感じまくり4かわゆい度数★★★★★ 浅川あんな総合的にそこそこダナぁ~5かわゆい度数★★ 渡辺桃香特にコメントなし6かわゆい度数★ 片那瞳開脚がスゴい!

大石もえにはまった

雨宮せつな目的だったけど大石もえの絶対気持ちいいって言わないがストライク

相変わらず

明るい「強●」な作風は良い。

男優登場シーンはコントの世界。

まぁ個人的には楽しくて良いのですが、作品としてはどうか。

大石もえ

大石もえ目当てで購入。

時代を感じる画質や構成ではあるが、彼女が好きなら楽しめる。

凄いエキサイティング

興奮します。

女優も可愛いし、無理やり感と徐々に絶頂に達する姿が最高です。

喘ぎ具合がグー

女の子の好みはチョットな感じだが、からみだしたら喘ぎ具合がとても良かった。

イリュージョン

一人目の子◎男優登場から挿入直後の反応が良い。

二人目の子○計3発抜きます。

三人目の子◎挿入からフィニッシュまでひたすら突かれまくり。

他の子は無視。

視聴の際にはボリュームにボリュームに注意

総じて絶叫系の喘ぎ方をするので、他の作品を見る時よりも、気持ちボリュームを下げることをお勧めします。

このシリーズはたまに見ると微笑ましい気持ちにさせてくれますよね。

女の子達も飛び抜けた子がいない代わりに、粒が揃っていたと思います。

その中でも大石もえと浅川アンナは既に他の作品を見ていたので、この作品での初々しい感じが実に新鮮でした。

本編はこちらから

SHORT CUT FETISH

SHORT CUT FETISH
本編はこちらから

「ただのショートカット」ではないハイレベルな女優陣

「ショートカットの似合うAV女優」ばかりを集めたオムニバス企画。

まずは、下の毛もショートカットなロリータ女優「大塚ひな」とホテルで一発。

続いて、ボーイッシュ美少女「雨宮せつな」と面接FUCK。

中盤は、失恋直後で髪を切ったばかりの「大谷玲奈」が傷心のAV出演。

後半一発目は、王道ロリータ「二宮ありさ」とホテルでハメ撮り。

5人目は、ショートカットAV界の大物「大塚咲」が満を持しての登場。

公衆トイレでの放尿・フェラチオ・手マン、車内でのフェラチオを経て、ホテルでの「M風女」セックスという、まさに「フルコース」の内容。

そして、トリを飾るのは、大塚ひなの紹介でやって来た人気AV女優「若葉ひな」。

友人と同じく、ホテルでたっぷりとハメられる。

いずれの出演者も、「ただのショートカット女優」ではなく、人気・実力共に備わった「上玉」ぞろいで、ショートカットモノのオムニバスとしては、実に良質な一本。

ショートカット好きでなくても楽しめる

ショートカットの女の子且つ似合っている子が集まっています。

ですので女優のレベルは全体的に標準より上と思います。

ショートカット好きでなくても十分楽しめる作品だと思います。

中でも雨宮せつなの初々しい感じがかなり好きでした。

様々なショートカットの子が出演

ショートカットが今ほど根づいていない頃の作品という背景もあり、ショートにした=異性関係で何かあったみたいな名残がまだ残っている頃になるのかな?男優がオススメする女優、初々しさを残す女優、Mっ気のある女優、女優から薦められる女優。

偏ったカテゴラズが好きとかでなければ、色んなタイプのショートカットの女優を楽しめるいい作品だと思います。

ショートカットファン必携

のマストアイテム。

貧乳の若葉ひな、巨乳の雨宮せつな、クリッとしたお目々の大塚ひなちゃん。

みんなステキです。

大塚ひな、以外、初見だったけど

私的には、なんといっても三浦あいか、金沢文子だけど…。

みんなdocument風です。

たびたび出てくる監督だか男優だかがキモくて…。

(1) 大塚ひな。

乳は人工だな。

パイパン?乳が出てくるって? イマイチ。

(2) 雨宮せつな、18歳。

デビューは前年05年なんで、初AVではありません。

 男優は久保田? ときどき見かけるな。

2007/07/04以降も単体releaseなしで、引退か。

まあまあ。

(3) 大谷玲奈。

微乳。

DMMには2作しか登録されていないな。

イマイチ。

(4) 二宮ありさ。

まあまあ。

(5) 大塚咲。

やっぱり人気があるのが納得の、美貌とnicebodyです。

この作品の内容は△。

(6) 若葉ひな。

可愛いけど尻の肌荒れ、×。

作品の内容もイマイチ。

レンタルだったら損した、と思う作品です。

本編はこちらから

生出し 女子校生

生出し 女子校生
本編はこちらから

おい、お前ら。このモザイク、マジヤバ。絶対借りて見。

06という発売年に意味がある。

04に若いカラダの画像供給は法的にストップされたが、18歳は高校卒業年にすぎない。

av業界は若いカラダの代わりにモザを薄くして客をつなぎとめる。

本物の在学中の薄消しはマジでヤバい犯罪行為の裏ものだが、こうして卒業直後からの薄消しというものが、裏との対抗上、メジャーで見られるようになったというのがavの歴史、ここにある不都合な真実。

でもこんなのまだいい。

04年以前は本当に東京は崩壊しているとしか思えないスキャンダル的な状態だったとしか見えない。

性倫理を子供のときからおじさんに崩壊させられた子供が宅地の路上で平気で撮影されてる。

これは東京とその周辺地だけのスキャンダルだ。

田舎では見たことがない。

GOOD

激しさが足りないが、全員かわいい子に中出しでかなりGOOD。

上村愛ちゃんがおすすめ。

かわいい

女の子かわいいし、制服のままハメられてるのって興奮。

胸も俺好みオッパイだし、最高です。

5人の女子校生にオール中出し

5名のAV女優(上村愛・陽多まり・長瀬あずさ・雨宮せつな・吉井ほのか)による女子校生モノのオムニバス作品。

抜群のロリータフェイスで小動物を連想させる上村愛。

垢抜けない雰囲気が妙にマニア心をそそる陽多まり。

キレイ目の今時女子校生といった長瀬あずさ。

ボーイッシュな容姿で性別を超えた美しさを見せる雨宮せつな。

平凡なルックスをボリューム満点の巨乳でカバーする吉井ほのか。

収録時間の都合上、「一人一発」という所にやや物足りなさを感じるが、フィニッシュは、すべて「中出し」である。

この手のオムニバス作品としては、ムダなシーンもなく、実にコンパクトにまとまった良品。

なかなか

出てくる女の子も可愛いし、中出しまであるので満足のいく作品ではある。

ただ、前戯が少し長すぎるのが気になった。

それと、女優ではなくて素人を使えばもっと萌え度は上がったかもしれない。

本編はこちらから

メガネっ娘 透け乳首 3

メガネっ娘 透け乳首 3
本編はこちらから

「どちらも得しない」眼鏡っ子と透け乳首の融合

笠倉出版社の眼鏡っ子フェチ企画「メガネっ娘 透け乳首」シリーズの第3弾。

「上原空」「雨宮せつな」といった人気女優が数名登場するが、いずれも普段は「眼鏡っ子」のイメージがなく、まさに「取ってつけたような」雰囲気というべきか。

また、肝心の「眼鏡」に関しても「赤」や「緑」といったどぎついフレームのモノばかりである。

眼鏡っ子に「透け乳首」の要素を加える発想自体は興味深いが、それらを「強引に結びつける」展開に、かなりの違和感を覚える。

一言でいえば「(眼鏡フェチと透け乳首フェチの)どちらも得しない作品」。

フェチのポイントがピッタリだにゃ~^^;

「透け乳首」だけあって、終始ワイシャツは着せたままだにゃ~^^;全員ワイシャツにリボン(or紐)、スカートという自分好みな制服で制服フェチな自分としては全部が抜きどころだにゃ~^^;とにかく胸に張り付いたワイシャツのあの感じがポイントなのですよおっぱいなんか映さなくてもいい、美人な女である必要もない制服が映ってたらそれだけでオナニーだにゃ~^^;おっぱいとか見たい普通の人にはどうなのかにゃ~^^;

う~ん…

たしかに、内容がどうってことない割にはジャケットが良すぎますねえ。

ジャケット写真が良い。

ジャケット写真が良すぎる、と思った。

だまされた、という感じではないけど、なんだかふつうに見終わってしまったので、普通の点数で。

ジャケ写

出演している女の子に魅力を感じなかったので一度も抜けなかった。

損した気分になった
本編はこちらから

ショートカットの制服娘はいかが?

ショートカットの制服娘はいかが?
本編はこちらから

視点はおもしろいと思います

このメーカーの総集編って色々あって、どれもこだわりが感じられます。制服というと女子高生に偏りがちなのですがそんなことはなく実にバラエティに富んでます。ただ婦警の制服姿が欲しかったですね。それも痴女婦警。「駐禁許してあげるから私を気持ちよくしなさい」とか・・・

ショートカット女優勢揃い

出演者は若葉ひな、雨宮せつな、山口まゆ、姫之るり、全員「漢字+ひらがな」!のショートがすこぶる似合う女優が勢揃いで、ショートカットファンには たまらない一品。

もうちょっと画質が良いとうれしいのですが。

制服マニアではないので、こっちの方はちょっと解りません。

コスプレ作品にショートカットフェチの要素を添加

ショートカットの人気AV女優達によるコスプレオムニバス企画。

まずは、ボーイッシュ美少女「雨宮せつな」が女警備員に扮して、たっぷりと陵●される。

続いて、Eカップの巨乳ロリータ「姫乃るり」がバレーボール部の先輩と部室でエッチ。

せつな嬢の女子校生コスFUCKを挟んで、るり嬢のウエイトレス姿によるオナニーからの本番。

後半は、ショートカットAVの常連「若葉ひな」によるナース服およびメイド服FUCK。

そして、ラストは、ロリータ女優「山口まゆ」によるレースクイーン&セーラー服FUCK。

従来のコスプレ作品に「ショートカット限定」というフェチ要素を加えた点は実に素晴らしく、また、安易にコスチュームを脱がさない演出方針も高く評価できる。

一つ難点を言えば、いくら「ショートカットフェチ企画」とはいえ、もう少しヘアスタイルの変化が欲しいような気がする。

特に、後半の二人は「見た目がかぶりすぎ」といった印象。

詰めの甘さが

かわいい女の子が制服姿で積極的に誘って丁寧なフェラと本番をするんだから、悪かろうはずがない。

しかし、最初の警備員の女の子のレ●プはこのコンセプトから外れてはいないか。

ショートカットが似合う制服でもないのだから代わりにリクルートスーツでも入れるべきだろう。

あと、髪型がよく見えない体位やカメラアングルが多かったのも不満。

総集編じゃないんだから、ショートカットに萌える映像に徹して欲しかった。

全体的にかなり質のよい作品だっただけにそういうところが気になった。

本編はこちらから

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 1

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 1
本編はこちらから

表示をしっかり!!

久しぶりに『ちひろ』ちゃんが見たくなって購入。

???出演者&サンプルビデオには『ちひろ』ちゃんがいるのに、本編では出てこない・・・騙されました。

誰が出てるかしっかり記載すべき。

1つの商品を3篇に分けて販売してるんだから尚更しっかり掲載すべき。

金返せですわ!!
本編はこちらから

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 2

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 2
本編はこちらから

表示をしっかり!!

久しぶりに『ちひろ』ちゃんが見たくなって購入。

???出演者&サンプルビデオには『ちひろ』ちゃんがいるのに、本編では出てこない・・・騙されました。

誰が出てるかしっかり記載すべき。

1つの商品を3篇に分けて販売してるんだから尚更しっかり掲載すべき。

金返せですわ!!
本編はこちらから

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 3

MOODYZ BEST HIT 12時間 完全撮り下ろし5タイトル 3
本編はこちらから

表示をしっかり!!

久しぶりに『ちひろ』ちゃんが見たくなって購入。

???出演者&サンプルビデオには『ちひろ』ちゃんがいるのに、本編では出てこない・・・騙されました。

誰が出てるかしっかり記載すべき。

1つの商品を3篇に分けて販売してるんだから尚更しっかり掲載すべき。

金返せですわ!!
本編はこちらから

ハイソな女子校生

ハイソな女子校生
本編はこちらから

勿体無いなぁ

有名な出演者が出ているだけにちょっと残念な作品でした。

もっと単純な内容でも良かったのでは・・・

かわいくない

もっと女優を選んでほしい。

ハイソサイティな子なんていないですから。

もう少し工夫してほしかった

3人ともタイプは違うが「顔で抜ける」レベルの美少女ではある。

それだけに、もっと表情のアップなどがあれば良かった。

またハイソな・・・という意図のせいかイメージが長すぎてちょっとかったるい。

女優もちょっと淡々としすぎで、今一のところがある。

ハイソな女子校生のハイソなセックス

「お嬢様育ちのハイソな女子校生」をテーマにしたオムニバス作品。

一人目は、乗馬好きのEカップお嬢様「本田ナミ」。

絵に描いたような「ロリ顔」の持ち主で、本番中のいかにも不安に満ちた表情もまたリアルである。

二人目は、オペラ鑑賞が趣味のボーイッシュお嬢様「雨宮せつな」。

普段は、見た目通りの活発な役柄が多い女優だけに、やや「役に入り込めていない」感がある。

三人目は、ピアノとバイオリンが得意な清純派お嬢様「森野まりな」。

本作のテーマである「ハイソな女子校生」という意味では、3人の中では、断トツのナンバーワン。

言うまでもなく、それぞれのプロフィールは、「作品上の設定」であり、あくまで「観る側の想像力」によって成立する一本。

森野まりなファン

もっと清楚な感じを追求して欲しかったけど、まぁ、しかたない。

それでも森野まりなさんが好きな人は見ておいて損はないと思う。

可愛い感じです。

ありふれているが・・・

森野まりなちゃんがとってもキュート。

 ^-^b制服姿がとっても似合っていて、良かったです。

内容的には特筆するところもなく、イメージ先行の純AVといった感じ。

high society

「ハイソ」というタイトルなので、「ハイソサイティー」と「ハイソックス」をかけたタイトルかと期待しましたが、ハイソックスは関係ありませんでした。

3人とも女優のレベルは高かったのですが、インタビュー・レオタード・制服の流れで、攻め方もまったく同じだったので、途中であきました。

フルートとヴァイオリンは、もう少し練習させてください。

実際に音が出なくても、「吹いてそう」とか、「吹いてそう」とか、思わしてよ~。

萎えるわ~。

レオタードファンにはお勧めか…。

本編はこちらから

妹萌え日記 雨宮せつな

妹萌え日記 雨宮せつな
本編はこちらから

衣装だけが楽しみ

衣装はどれも彼女に似合っていて良かったのでは?しかしながら、ハダカ露出時間短いのが不満。

ボーイッシュな妹と「危険な遊戯」

そのボーイッシュなルックスで「美少年役」としても知られるユニセックスAV女優「雨宮せつな」。

そんな彼女が、本作では、あえて「女の子」の部分を前面に押し出している。

オープニング早々、園児服姿で「指マンお漏らし&顔射」というデンジャラスな内容。

続いて、赤いランドセルを背負った小○生の姿で、「フェラチオ→69」という流れ。

自分のチ○ポ汁をなすりつけたリコーダーを妹に吹かせる兄のド変態ぶりが光っている。

中○生以降、「肉の関係」となった二人は堂々とハメまくるようになる。

ただのフィクションであるが、前半のシチュエーションは非常に刺激的である。

設定少々厳しい

ロリフェイスの雨宮せつなちゃんだが、さすがに小○生とかの設定は少々厳しかった。

しかし中○生ならそこそこ違和感なかったと思う。

ただ、メイクは大人仕様。

もしノーメイクで、控えめの押し殺すような喘ぎ声だったら、ショートカットの黒髪と童顔がマッチしてかなりリアル中○生に見えたのでは?

激しい69が見物

同シリーズの椎名りくちゃんに比べると妹属性はイマイチですが、なかなか可愛いです。

ただ、さすがに園児設定はちょっときついですね。

なお、食ザーは止めて欲しい! いったい誰が喜ぶの?

いもうと

園児や小学生はさすがにマニアックすぎなような。

女優さんの顔や体型を含めて妹モノというより、ロリコンモノに近い気がする。

他の内容も見る人を選ぶ。

この女優さんのファンにはいいかもしれない。

シチュエーションが・・・・・。

いくら妹だからって、いきなり園児とか、小学生って・・・・。

いくらなんでも見た目で無理なので引いちゃいました。

ちょと残念

このシリーズの他の大塚ひな、長谷川ちひろ、桃井りか、愛乃ララ達と比べると見劣り感が否めない。

園児とかのコスもそうだが全般的にいまいちしっくりこない。

甘え属性もいまいちハマらないし・・・

せつな せつな~

小学生のせつなちゃんはちょうかわゆいです。

ランドセルに縦笛、定番せつな(、あっ違ったですな)。

笛の演奏だけでなく歌も歌ってほしかったな。

本編はこちらから

ツンデレたちに犯●れたい…。

ツンデレたちに犯●れたい…。
本編はこちらから

思ったよりは・・

思ったよりは面白かったです。

ただ、あまり心に残らなかったのは、出演嬢が皆若いせいでしょう。

だからツンデレだとは思うのですが、もう少し大人のレディで同じシチュエーションをやってみるのもいいのでは。

自分が若い子苦手なコトを改めて認識させられました。

普通の人なら充分に満足出来ると思います。

辛みのシーンは豊富ですよ。

雨が降ってます・・・

雨宮せつないサンがいい。

二村フトシさんもいい。

(どこて出てくるですか?)桃咲サンはけっこうです。

江口サン、あなたはエロすぎです。

もう日本から出てってください。

お願いです。

最後に早乙女サン、もう、いじめはやめてくらしゃいヨイ、よい。

いいねえ、ツンデレ!!

江口さんの委員長役は完璧でした。

ドグマらしくベロチュー三昧って感じ。

演技もよくて面白かった。

ツンデレって・・・

ツンデレってこんなんか?ツンとデレの境界線がよくわからん・・・まぁ基本H中はデレみたいだけど。

ツンデレを期待していたのでちょっと残念だった。

あと、学園モノやるならちっとは男優にも気を使って欲しい。

あれはないでしょ?

これがツンデレなのね

S女!?っと思いきやカラミが始まるとM女に変身。

・・・結構AVではおおい設定ではないかと思いきや、女子高生役の演技が男心をくすぐりました。

江口さん!

江口さんの独壇場に他の女優さん3人が花を添える作品ですかね。

江口さんのクラス委員の役が面白かった。

ラストの4人がかり責めが一番興奮しました。

ヌキやすい作品ですね。

微妙

あまり興奮しない感じです。

なんか微妙!!設定が中途半端です。

委員長似合ってます

委員長江口嬢の絡みがとても良くこのシーンは満点である。

しかし、申し訳ないが他の女優さんの絡みは必要あるのだろうか。

委員長の絡みを増やしても良かったと思うのだが。

良い接吻してます。

それぞれの役柄と女優さんのイメージが合っているのが良かったです。

個人的には優等生役の江口さんが良かったです!Hの最中をクラスメイトに見られてしまうのですが、その言い訳っぷりが面白いです。

早乙女みなきさんもなかなか良いキャラしてます。

キスシーンも多く、江口さん、桃咲さんの舌使いは良いですよ!

久々に

最近のいろいろなAVの中でも、久々に気持ちよくヌケた気がする。

先の方々も申すように、委員長の江口姫がほんといい味だしてる。

特にバックのシーンで自ら腰を振るそのしぐさにやられた。

セル版

わりと良かったんですがこれセル版もあったのねそちらを借りればよかったな・・・

ツンデレ職人「雨宮せつな」

なぜか気の強い「ツンツン女子」ばかりが集まるクラスではあるが、その一方で、好きな男子のまえでは途端に切ない顔でエッチを懇願する「デレデレ女子」に変貌する。

多少「AV的」にデフォルメされている部分はあるモノのこの「落差」に弱いのもまた哀しい男のサガである。

ストーリー上は学級委員長役の「江口美貴」がメインであるが、常にポーカーフェイスを崩さない「雨宮せつな」の「素のツンデレぶり」が際立っている。

まさに彼女こそ天性の「ツンデレ職人」である。

よい。

女の子もかわいいく、それぞれ個性的なエッチをする。

タイトルどおりの作品。

うーん

トータル的にはおもしろかったんだけどツンデレってのとは微妙に違っているような・・。

ツンデレ注意

良いのだが」、多分男が求めるツンデレであり実際にこんなツンデレは存在しないわけでちょっと極端な気もします。

男の理想と希望と妄想がおりまじったAVでした。

ラストだけ

ラストのシーンが1時間くらいあるんだけどここだけでしょいいのは。

最初のトイレはおかした展開だし胸毛ボウボウ男は通りすがりのオッサンにしか見えないしその次も生徒じゃなくて体育教師にしか見えないだろ。

何でもありかと思ったよ。

これはこれで

タカラのも出ている、早乙女みなき。

この作品は個人的に求めている内容だった。

が、、、なぜに制服を脱がない!ラスト絡みでは脱いだが、早乙女みなきのシーンが短いぞ!太ってる2人は要らない。

っていうか邪魔。

なかなか良いw

ベロチュウがかなり やらしいのでイケる。

男優としてはイケメンを使っている為か、画的に良い。

アングルよし。

ヌキどころもありますね。

最後セーラー脱がないで絡んでほしかった。

あと顔面騎乗などあると もっと高得点なだけに、おしい作品。

ほーく採点87点

つんつんでれでれ

出てくる女の子がみんなかわいい。

そしてエロいです。

特に美貴ちゃんの委員長がいい!

ちょっとね

さすがの二村監督も設定を活かしきれなかったか。

イズム溢れるベロキス等は健在なのだが。

早乙女嬢、雨宮嬢が不完全燃焼気味である。

集団ツンデレという設定自体に難があったか。

芝居も苦しい。

コントっぽく見えてくる…

江口美貴ちゃんは表情が良いですね、くるくると良く変わります。

しかし、教室でHな事している途中を他人に見られ、それを何とかごまかそうとしているシーンは、なんだかコントを見ているようでした。

後は、男っぽいしゃべりをする早乙女みなきちゃんが良かったですね。

みなきちゃんは大抵どの作品を見てもエロいので、安心して(?)見られます。

すいません

ツンデレの意味がまったくわかりません江口美貴は初対面でした。

うんおもしろい童貞くんにHを手ほどきですか・・・。

クラスの平均点あげたいんだって泣けるねこんないいこ僕のまわりにもいたらいいのにみんなお金払わなきゃやらしてくんないし犯してやろうかな
本編はこちらから

女子校生のオッパイとおマンコの喰い込み 雨宮せつな

女子校生のオッパイとおマンコの喰い込み 雨宮せつな
本編はこちらから

AV界一の美少年

そのボーイッシュな顔立ちで「AV界一の美少年」とも呼べるユニセックス女優「雨宮せつな」。

「男の子」とも「女の子」ともつかない中性的な美しさが彼女の最大の魅力である。

時折、「女装をした美少年が犯●れている」ような錯覚に陥る。

まさに、いろんな意味でドキッとする作品。

もっとも、「女子校生のオッパイとおマンコ」というテーマのせいか、やや「女の子」の部分が前面に押し出されている。

なんとも不思議な気分にさせられる女優。

むっちり

少しむっちりした体つきをしている。

スリーサイズで嘘を言わないその姿勢には、大袈裟かも知れないが感動した。

パンツに切り込みを入れてバイブを挿入する場面は良かった。

いわゆる片足パンツも興奮度が高い。

うーむ・・・・

ルックスもスタイルも今ひとつ・・・・・。

ちょっと女子高生には見えません。

ぽっちゃり好きの方にはいいかも。

本編はこちらから