【伊藤真紀】こんなもんでしょ – 伊藤真紀8時間 全10作品収録【マスター再編集版】

レジェンドAV 芳友舎ティファニー

レジェンドAV 芳友舎ティファニー
本編はこちらから

小川ちひろ

90年代のアイドル系巨乳の代表、小川ちひろ。

デビュー作なのか。

緊張による顔の引きつりがすごい(笑)ただその引きつりがリアリティになっていて可愛く思えたりもする。

絡みもうまくいかなくて、男優さんが成立させようと必死。

加藤鷹さんの30秒もないお風呂乳揉みは彼女の数少ない名シーンの一つだ。

女優の質に全然制作体制が追いついていない頃なんだよねえ。

初期のAVを見ると、映画やTVのフォーマットから入ったことでAVは相当回り道をしてきたとわかる。

この子もまともにエロい作品は皆無なんだよね。

惜しいなあ…遠峰夏子は当時もすぐ見きったけれど、やはりつまらない。

昔のAVは

お金があったのか贅沢の作りやね。

こうした総集編は、端折ってる感じがあるのがよくあるが、そんな感じはしなかった。

単体ではまだまだ価格が高いのか、この程度で充分。

本編はこちらから

殿堂入り#06 伊藤真紀ベスト 4時間

殿堂入り#06 伊藤真紀ベスト 4時間
本編はこちらから

収録作品の内容云々言う前の問題。

以下の点で自動的に☆は減ります。

①モザイク「legend」シリーズのように、他社の作品を借り受けて制作したベスト版ではありません。

自社にマスターがあるのだから、今の基準に合わせてモザイクは処理し直すべき。

このメーカーは単純にそれをDVD化作品全部でサボってます。

②構成チャプが代わるごとに収録作品を表示。

終わりにその作品のダイジェストも収録。

既発売作品の販売促進として、こういったベスト版をリリースするのが常だが、収録作品を単品DVD化する予定も、その気も全くないのに、これら「紹介映像」を収録するのは愚の骨頂。

中古市場で出回らない上に需要自体も少ないVHSの販売促進でしょうか(爆爆)。

余計なドラマ部分とともに省いていれば、もう3、4絡みは収録できたはず。

別の「殿堂入り」ベスト版DVDのレビューにも書いたが、どこが作ったんですか、その「殿堂」とやらは。

自社で作った殿堂に、自社の作品を入れる。

何かの行事で全員に「がんばったで賞」を与える幼稚園と同じレベル。

まあ、この制作者たちより、今の幼稚園児の方が余程賢いけど(爆∞)。

女優さんが可哀相だからこの評価で許して進ぜよう。

場面チェンジ早すぎ

モザイク処理には目をつむって買ってみましたが、やはり厳しかったです昔のAVは場面の切り替えが早すぎて、実用性に乏しかったがそれも見る前から分かっていることで、仕方ない

次回に期待

モザイクはところどころで細かくなっているが、今どきのモザイクと比べるとその処理は劣悪。

肝心の結合シーンとなるといきなり「20世紀のモザイク」になる。

前回のベスト盤を持っている(観ている)ユーザーにとって、今回の作品を購入する理由があまり見つからなかった。

ほとんどの作品で本番・生フェラを演じている伊藤真紀の資産を活かすならやはり今どきのモザイクで出してほしかった。

次回に期待。

本編はこちらから

スケベっ子純情 愛と青春の朝立ち 伊藤真紀

スケベっ子純情 愛と青春の朝立ち 伊藤真紀
本編はこちらから

うーん

昔の感じで今とはだいぶ見せ方等も違い、それはそれで良いか。

トータルとしては、やはり最新のAVには及ばない
本編はこちらから

伊藤真紀大全集1

伊藤真紀大全集1
本編はこちらから

あんたが一番

部屋を整理してたら出てきた伊藤真紀。

歴代のAV女優の中で一番印象にのこている。

かわいい笑顔に当時のかわいい子の中では口内発射もでき、本当ぬきまくりました。

衝撃度一番の女優さんです
本編はこちらから

時には獣のように 〜欲情の裏窓〜

時には獣のように 〜欲情の裏窓〜
本編はこちらから

ボリューム不足は否めないが

どちらもカラミは1回きりと当時にしても少ないですが、おそらくその両方とも生本番に思われますエイトマン系にしては高評価になるでしょう
本編はこちらから

口全ワイセツ 伊藤真紀

口全ワイセツ 伊藤真紀
本編はこちらから

口が魅力

真紀ちゃんはいやらしい口で丹念に動いてくれるショートカットも頰が見えて好きです
本編はこちらから

伊藤真紀8時間 全10作品収録【マスター再編集版】

伊藤真紀8時間 全10作品収録【マスター再編集版】
本編はこちらから

懐かしい

当時の人気女優さんの作品を纏めて見れるのはお買い得感あって良いと思う。

ビデオテープではもう見れないので思い出の保存版として残しておくのも良いと思う。

今見てもかわいい!

ティファニー全盛期を支えた人気女優の伊藤真紀ちゃん。

明るくて、奔放なキャラなのに、なんか訳ありげな陰を持つアンバランスさが魅力でした。

小麦色の肌と、パステルカラーの派手めな口紅がいやらしさを増幅させていました。

スタイルの良さも魅力。

今見てもかわいいし、絡みもHで見劣りしません。

元気なのかな~!今でも大好きです。

改めて観ると

昔の女優さんはキレイだった補正が入っていたのかな?今、改めて見直すと、実は大したことないかも。

たまに「IKKO」に見える時があるwでも当時はスゲー推しだったし、レンタルビデオは常に貸し出し中だった。

ショートカットの女優が珍しい時代だった。

DVDでは各作品タイトル毎にチャプターが分かれていて、使い勝手がイイです。

昔を懐かしむ人。

まとめて彼女の作品を観たい人におススメです。

懐かしい作風

以下10作品が収録されている。

作風は懐かしいがドラマ仕立てがこの女優のよさを引き出していた。

文化史的な価値があるかも知れない。

☆印は加藤鷹出演。

1プリプリ娘の血が騒ぐ デビュー作☆ハマッチョバナナプリプリ娘はお固いのがお好き)☆栗とリスまでもいとしのゼリーいくなら耐えねば!☆スケベッ子純情愛と青春の朝立ち☆2プリプリティーウーマン☆とろけるようなHして!☆真紀ちゃんのエクスタシー3秒前逆なでられた欲情牝猫のように愛されて口全ワイセツ15爆裂引退作『私のアソコはうまいっしょ』が入っていないのが残念。

期待しすぎに注意

「マスター再編集版」に期待していたが、モザイクが大きくガッカリ。

懐かしい~

90年代のAVを代表する女優さんですね~懐かしいです。

内容も全10作と言うことで充実していますね。

最近のAVとは一味違う・・・古いと言ってしまえばそれまでですが、やはり昔のAVは面白い!女優の質も中々ですし・・・90年代の女優モノもっとリリースして欲しい~

こんなもんでしょ

伝説の女優なのは知っていたけど、カラミを見るのは初めて内容はオーソドックスな昔のAVって感じ。

今のAVに不満を感じている人、責めるのが好きな人にはいいかも。

IKKOは言い過ぎ。

女優でいうて水原希子に近いかな。

おバカで明るいオフショットで、後味の悪さはない。

本編はこちらから

星の数ほどエッチして! 伊藤真紀

星の数ほどエッチして! 伊藤真紀
本編はこちらから

初AV

初めてAVを見たのが小学6年頃で、親戚の兄ちゃんちでみたこれが初AV。

女優は知らなかったけど、このタイトルは覚えていた!タイトルでググったら売ってるし!記念にDLしました。

内容も節々思い出し懐かしくなりました。

永遠のアイドル

VHSで残ってます。

お店でdvd化してもらったが画質はいまいち。

でも当時このパケ見るだけで愚息子は立ちっぱなしで、レンタル屋で腰引けてパケ見てたなあ。

内容は今見ても興奮できる

懐かしい

もう20年近いかな?よくおかずにしました。

感動。

よくぞ復活させてくれました。

感無量。

本編はこちらから