【ひなの】シリーズで監督がそれぞれちがうよね? – Gカップと制服の私 キャビンアテンダント

奇跡の美巨乳 2 ひなの

奇跡の美巨乳 2 ひなの
本編はこちらから

化粧のケバさに辟易

絡みは2回。

2回目は3Pです。

内容そのものに特筆すべき物はありません。

カラダは抜群によいのですが、なぜかメイクがベタで内容と合ってないのがイマイチでした。

本編はこちらから

Gカップと制服の私 キャビンアテンダント

Gカップと制服の私 キャビンアテンダント
本編はこちらから

シリーズで監督がそれぞれちがうよね?

今回のは、単なるCAのコスプレです。

凌●とか関係ないです。

ただの「プライベートビデオ」ですね。

女優のファンならいいかもしれませんが、撮り方が悪いから、逆にファンだったら余計怒ってしまうかも・・・会話で、「声出していいよ。

」って、そんなん技で出させないと意味ないですしー。

このシリーズは、パッケージに監督名を明記することを強く希望します。

本編はこちらから

ULTRA BIG TITS Gcup ひなの

ULTRA BIG TITS Gcup ひなの
本編はこちらから

おしい・・

顔がわりと好みですね、可愛い系なのに色っぽさもあり良いです。

ただ残念なのは巨乳なのにあまり形が好みじゃないのと、お腹が若干たるんでいること。

あとやる気ですね、せっかく良い顔できるのに時々めんどくさそうな顔をします。

後半のガーダーベルトもイマイチ、私はガーダーベルト好きじゃないので。

他の作品も見てみたいんですが、探しても見つからないですね・・・これが初なんでしょうか。

これからもっと演技を磨いて若妻モノでもやってほしいですね、次に超期待です。

反応いまいち。

顔立ちもカワイイ系、体もスレンダーなのに美巨乳、いうことなしです。

しかし、絡みが激しいのに反応がオトナシイのは割引材料かな?

傑作

サラサラな長い髪、美形の顔、ちょっと垂れた釣鐘形の巨乳、くびれた腰、大きく綺麗な尻、そして長くて綺麗な脚…素材としては申し分ない女性です。

胸を揉まれる際や秘部を弄られる際、またパイズリを強要される際に、いずれも不安気でかつ困惑気味な表情を見せるのも、かえってそそります。

バイブで秘所を責められ、潮を吹くシーンでは非常に堪らなく恥しい表情と仕草を見せ、見どころ満点。

最後の3Pはいささか照明が暗いものの、オイルも映え、髪型やガーター網タイツもキマり、題名に違わず胸の揺れも十分堪能でき、どんな体位も綺麗に撮れています。

女優が良いと同じシリーズ物でも作品が締まるのでしょうか、彼女はどのシーンでも絵になっていました。

ともあれ、美巨乳好きには外せない一作であるのは間違いありません。

本編はこちらから

ショ太郎 ショ太郎君の妄想遊戯

ショ太郎 ショ太郎君の妄想遊戯
本編はこちらから

出直してきなさい

グロクエのしょう太くんシリーズの中途半端なパクリ。

主観ものってことで男優の姿は映らないが、声は野太いしどう考えても普通の男優が子供だと言い張っているだけで、視聴者はこれは子供なんだと無理矢理脳内処理しなければならない。

しかも女優が舌ったらずで年上感ゼロ。

ルックスは悪くないが役どころには合っていない。

はっきり言って研究不足で出来は悪い。

この値段が取れると思った理由は何?

パクリネタの割にクオリティは低い

グローリーの完全パクリの作品の割に、グローリーの方が作品レベルは高いです。

他のレビューでもありましたが男優が非常にウザイ。

音消しにでもしないとあまり気持ちよく見られません。

最近こんな感じでパクリ作品が多く、オリジナリティを出せないメーカーに失望します。

これもその代表的な作品といえると思います。

優しさ満点の可愛いお姉さん!!であります

ひなのちゃんは、可愛いですが、作品のエッチ度数が低いのであまり大きな声では感じていません。

ですが、彼女の可愛いらしさと優しい雰囲気がとても良いです。

作品自体も悪戯がメインなので、時折漏らす感じの喘ぎ声が作品にはとてもマッチしていると思います。

某作品よりも、悪戯の部分に関しては、丁寧【無理やりな展開ではない感じ】に作られていると思います。

そのため、一つ一つのシーンは若干長めに感じました。

若干気になった部分は、彼女、男優ともに声が小さく声が聞き取りにくかったです。

この女優、自分から腰を動かしています。

出演は、映像から、女優とショ太郎=お父さんでしょう。

1.ソファーで愛撫とマッサージ器と指○ラです。

折角、指○ラしてるのですから、マ○汁が指に付いた画像か潮吹きがほしかった。

2.お風呂は子供という設定なのですから、ある程度は剃毛しておいてほしかった。

最後は口内射精です。

3.前半の大人しい女優はどこへやら、指○ラの後、挿入してからの女優は、エロさ全開で、撮影中というのを忘れたように、すべての体位で、腰を振りまくっています。

最後は、口内射精→ゴックンです。

カメラワークですが、3.では、もうちょっと離して女優の全体映像を多くしてほしかった。

あれだけエロさ全開なのですから・・・。

いつもの評価なら星4つですが、見るからに、かなりの低予算・・・。

しかし、この予算の中で、あまり違和感無く、良く作られていたので、満点としました。

ハメ撮りがイマイチ

プレステージ「URTLABIGTITS」のひなのがお姉さん役で出演しています。

プレステージ作品とは違い、厚化粧ではなくより親しみ易い垂れ目顔に好感が持てます。

無論、完璧なプロポーションも魅せてくれます…が、この作品男優がまともに登場しない一人称作品で、無論、絡みもハメ撮りだけです。

撮り方がわるいのでしょうか、騎乗位の時は映えますが、後背位の場合は背中しか写りません。

またお尻の結合部ばかり延々見せられたり、正常位でも基本的にバストアップなので、折角の美巨乳の揺れもあまり堪能できません。

全編通して1回しか無い絡みがこれでは…折角の良い素材を生かし切れておりません。

絡みのシーンだけマルチアングルだったならまだ救われたかも…そんな感じの作品でした。

本編はこちらから