【うるるまみ(風吹かのん)】水城奈緒ちゃんのみ最高です! – MOODYZファン感謝祭 裏バコバコバスツアー2009 本編未収録!深夜のペニス吸引祭り!!

MOODYZファン感謝祭 裏バコバコバスツアー2009 本編未収録!深夜のペニス吸引祭り!!

MOODYZファン感謝祭 裏バコバコバスツアー2009 本編未収録!深夜のペニス吸引祭り!!
本編はこちらから

水城奈緒ちゃんに満足。

フェラチオ祭りですね。

彼女たちが可愛いのは当たり前。

そう。

本番は一切無しだが淫語責めで勃起度アップ。

AV女優たちの美乳に合格点を挙げよう。

AVデビューする男性諸君にオススメ!!総評として点数をつけるなら78点です。

フェラチオと男優達の顔が見えないからバーチャルセックスをイメージ。

まるでフェラパブみたいに感じちゃうのは俺だけ?小沢マリアはGOOD。

後半は知らないAV女優が数名。

今まで見たことが無いAV女優を知る事が出来、勉強になりました。

まぁ…良い方です

ムーのフェラモノとしては、まずまずの内容。

他の方のレビューにもありましたが、1vs1の主観映像でリップサービスが続く光景は、まるで風俗店のようです。

Mユーザーというよりは、純粋に女の子のフェラが見たい人向けです。

ダメな順に並べた作品

一人目が、私の好きな小澤マリア嬢である事が私の心境を複雑にさせますが、この作品はさながらダメ映像から順に良くなる感じ。

よって、前半のダメ映像で諦めないで下さい。

後半は非常に良いフェラシーンです。

ほとんど手コキフィニッシュ

バスツアーは避けてたんですが、フェラ作品なので観てみました。

バスの場面は一切なく、旅館かどっかの一室での撮影。

男優は全て仰向けで発声なし。

でも、完璧なフェラ抜きはほとんどなく、フィニッシュは手コキが多い。

撮影アングルや照明は良いので、口射ファンとしてはちょっと惜しい。

羽野理沙、水城奈緒、二宮せりな、星優乃は最後まで口をつけてベロ射ですすりとる感じ。

本作ではこの形がベスト。

桜井エミリ、成瀬心美も同パターンだが汁が少なく出たかどうかわからない。

篠原奈美、鈴香音色、星島ちさ、緋村由衣はいい感じで抜きにいってるがフィニッシュで口を離してしまい、口には入らず。

意外にも風吹かのんのスローなストロークが晩年の藤森かおりのようでいやらしかった。

最後が手コキで残念だが、これでベロ射だったら最高にエロかったと思う。

他の女優は口に入れる気はなく完全に手コキ抜きなので論外。

水城奈緒ちゃんのみ最高です!

水城奈緒ちゃんのみ最高です!小澤まりあさんは刺青があるのと人により好き嫌いがでると思います。

本編はこちらから

MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2009 S級AVギャルのハメまくり大乱交!!

MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2009 S級AVギャルのハメまくり大乱交!!
本編はこちらから

面白いし可愛い子満載でした!水城奈緒ちゃん最高

とてもいつもいい作品でした満載の乱交に可愛い子がたくさんで夢のようでしたなかでも水城奈緒ちゃんは特に可愛く綺麗で興奮しました是非参加したいですねーーー

女優のレベル高っ!

感謝祭好きなのでこのシリーズは毎年楽しみにしているのですが、特出すべきは今回の参加女優のレベルの高さ!メインの小澤マリア、水城奈緒以外の面子も美人かつボインどころを抑えてくれているのが嬉しい。

これだけ粒揃いだと「来年度はどれだけすごいのかよ!」とかなり期待が持てます。

不満点はやはりヌキどころがとっちらかってる編集。

女優16人+素人男性16人+男優2人もいるので1つ1つのカラミを完全に抑えきれない。

これは今回に限らず毎年のことなので、カメラの台数を増やすなどいい加減対策を取ってほしいところです。

多分このシリーズのヌキどころは最初のバス車内、1日目の浴場、2日目の大乱交だと思うのので、いっそこの3点に的を絞り、時間制限15分でなはくもっと時間を割いてみてはいかがかなと。

年々女優さんのレベルも上がっているのだから、作り手側のレベルも上げていってほしいものです。

レベルアップ

前作より、女優内容ともにレベルアップしたと思う。

恐らく停車したバス内だと思うが、バス内での星優乃のディープスロートは圧巻だった。

1本と言わず複数見たかった。

マイクロビキニ姿は、ただ乳が大きいだけでデブという女優が居なかったので(ルックスもスタイルも良かったので)とても綺麗だった。

大浴場はいつも湯気で見づらくなるが、今回は映像がクッキリでストレスなく見れた。

乱交は、島袋が素人さんを上手く煽り、女優もヒートアップし2007年の出来に近かかった。

改善してほしいとことしては、2日目の内容の薄さ。

寝起きは従来通り、女優が素人さんの部屋を訪ねる方が見てて楽しい。

今回そこでヌキが無かったのは特にマイナス点である。

2日目はサバイバル乱交以外にもカラミがほしかったと思う。

パッケージ撮影風景は良かったが、トイレ盗撮は全く無用だと思う。

全体的に、今回レベルの女優を集められれば次作も期待できると思った。

DISC 1 は良いのだが…

まずはバス内で挨拶を兼ねたフェラ抜きに始まり、連続SEXで抜かれるというハードさ!のっけから2発も発射と素人も楽じゃないって感じ。

ホテルに到着してからは、お馴染みのゲームが続く。

風呂場シーンではフェラチームと絡みチームに分かれているのだが、後半はどうでもよくなっていき、自ら入れている女優さんも出てきて、収拾がつかなくなっていく所が良かった。

女優寝起き訪問、トイレ隠し撮り、レズシーンは時間の無駄。

1日目と2日目に大乱交があるが、16人の絡みにカメラマンが3、4人程度しかいないため、要所を抑えきれてないのが残念。

細切れのオムニバスを見ているようで、抜きには使えない。

大乱交では、あの女優とあの素人の絡みはどうなったの?と感じるシーンが沢山あり、いまいちモヤモヤ感が残るので、無駄なコーナーは廃止して、見せ場の大乱交をもっと充実させた方が良いと思う。

バコバコバスツアー

AV女優16人と素人ファン16人によるバコバコバスツアー。

小澤マリア,水城奈緒,星優乃など人気&実力がある女優を始め,いろんなタイプのAV女優が参加しています。

バスの中からチ○ポ,オ○ンコの大乱交になり,体育館,宴会場,浴場など,いろんな場所で趣向を凝らしたセックスプレイでヤリまくり。

あまり人数が多すぎて,ザーメン発射,潮吹きなど,キメのシーンを撮り逃がした事もあったのでは?まあ,DVDのセールスより,あくまで「ファン感謝祭」ということで,ご褒美,ご褒美。

予想通りだが・・・

小澤マリアが参加するということで素人相手にどれだけのものを魅せてくれるのか楽しみにしていましたが予想通りでした。

ざっと観たところ小澤マリア相手に挿入までたどり着いた素人はほとんど無しチ○コ当てゲームとかでちょろっと挿入がやっとで風呂場ではまさかの素股ですし乱交では男優が相手しており残念な感じでした。

こういった企画ものはやはり素人相手でも苦にしない女優(竹内あいとか大沢侑香など)を起用すべき。

結局、小澤マリアは人気女優という殻を破ることができなかった。

残念・・・。

本編はこちらから

女子校生ヒモパン痴●バス

女子校生ヒモパン痴●バス
本編はこちらから

普通

いたって普通の作品、この手の作品にありそうなつくりであった、女子校生がやられる設定

愛沢かな(小倉みなみ)の初期作?

まだ昔の名前「愛沢かな」の頃の小倉みなみが出ています。

しかしあまりぱっとしない作品になっています。

バスを借りてそれなりにエキストラを揃えての大がかりな作品なのに、なぜにこうも地味な仕上げなのでしょうか。

本編はこちらから

パイパン真性中出し 風吹かのん

パイパン真性中出し 風吹かのん
本編はこちらから

濃厚モザイクで台無し

ムーディーズやエスワンのモザイクは今夏以来どんどん濃くなっている気がする。

こんなにモザイクが濃いと、結合部アップは本当にウザくなるだけだ。

ムーディーズだから中出しは本当にしていると思うが、中出し作品を見たという実感というか満足感はわいてこない。

こんなに濃いと、もう中出し作品を作っても意味ないのでは?(もちろんこれからも作ってほしいけど)中出し作品については、完全にモブスターズにトップの座を奪われた感じ。

本編はこちらから

チョー敏感恥じらい美少女 風吹かのんAVデビュ〜

チョー敏感恥じらい美少女 風吹かのんAVデビュ〜
本編はこちらから

再デビュー

デビュー作となってますが、「福田有里」として同じムーディーズで既にデビューしています。

新人として期待するとガッカリするでしょう。

いまいち

パケ写は頑張りすぎ。

実際は老けて見える気がする。

絡みはそこそこ頑張っている。

「恥じらい」と「キャラの薄さ」は紙一重

清純派の巨乳AV女優「風吹(ふぶき)かのん」のデビュー作。

清潔感のあるルックスとボソボソとささやくような話し方は、まさに「良家のシャイなお嬢様」といった雰囲気であるが、その一方で「穴の奥をオチンチンで突かれるとイッちゃう」と実に恥ずかしげもなく堂々と語る等、所々に「すけべな本性」が見え隠れしている。

また、顔はジャケ写と比べるといささか老けており、やや「別人感」がある。

スタイル的には、若干「両乳の距離」は離れているが、なかなかの「美巨乳」の持ち主といえる。

その大人しすぎる性格を「ウブ」と捉えるか「暗い」と捉えるかは、人それぞれ。

もっとも、デビュー作でありながら、パイパンマ○コでローションマットプレイにチャレンジする等、内容的には、非常に充実している一本である。

いずれにしろ、超がつくくらいの個性派達がうようよとひしめくAV界にあっては、少々影の薄いキャラクターである。

この子、大丈夫か?? と心配になる感じ

素股シーンのみ、レビューします。

「あなたのおちんぽパンパンまんこでスリスリしても良いですか??」セリフ内容は悪くないが、やや固い。

(^^;;衣装をずらし、直まんこで、クチュクチュちんぽ擦り、射精させ、お掃除もし、頑張りました。

が、この子、大丈夫か??と心配になる感じで、抜き度のバロメーターが、そんなに上がらなかったです。

普通。

本編はこちらから