【藤沢涙】!!! – ZERO 素人以上、女優未満 03 藤沢涙

DAISY 18 ルイ

DAISY 18 ルイ
本編はこちらから

ストーリーにちょっと不満。であります

ストーリーはいつもながらの展開です。

【悪戯と縛り】涙ちゃんに関して言えば、幼さと素人っぽい感じがいいです。

後、気になった点を言えば、男優との相性が悪かったのか、絡みのシーンよりも一人でオナニーをしているシーンの方が一番感じている様に見えました。

クライマックスのカラミが良ければ満点をつけたのだが

プレステージのロングランシリーズというのは、金太郎飴というか判で押したごとくというか、女優が代わるだけでどれも大差ない、というものが多いですが、このDAISYは比較的ばらついています。

そうなる最大の理由は「ストーリがあること」でしょうが、女優自体の差も大きいと思います。

今作の藤沢涙さんは、シリーズの設定に乗りやすいタイプ。

実年齢は詮索しませんが、少女っぽい雰囲気を上手く出しています。

ついでで恐縮ですが(笑)、最初に出てくる同級生役の男優2人もなかなかそれっぽい。

学園モノなどでは、女優はいいとしてもどう見ても高校生には思えない男優が出てくるのが大半だと思いますが、これは珍しくいい感じです。

…と条件は揃ったのですが、進行が良くない。

縛ったところまではいいとして、そこで電マ、さらに縄を解いて着衣のままでのファック。

いかにもAV的でそこまでの雰囲気が台無し。

これで満点を逃した印象です。

考えられない

最後のカラミでやっと立ちバックだー、と思っていたら、全体が見えるのは挿入時のみで一瞬だけ。

その後は下からと顔だけ、で、立ちバック終了。

折角の立ちバックの様子がまったく見えない。

最低。

このカメラマンと監督、編集した人間は最低であると言いたい。

クソつまらないシーンなど要らないので1分でもいいからじっくり様子を見せてもらいたい。

女優は可愛くて良い。

しかし内容は普通。

かわいい。

かわいいけど縛ってほどいて意味わからん。

結局、ノーマルなエッチに終始。

もう最高

ドンピシャです。

かわいい。

まさい美少女。

デイジーで最高作品。

フェラしか見てはないのですが・・。

口だけフェラ、表情、よだれ、すべてに萌える。

これ以上は望めないが、強●フェラの際に両手で頭を抱えるシーンがほしかった。

フィニッシュも精子の量が足りないように見えた。

こんなに可愛い子なんだからもっとかけて欲しい。

色々書きましたが涙ちゃん最高です。

イメージVかよっ!

ルイちゃん自身に関しては、かなりの高評価。

小顔で髪が長くて、細くて華奢なカラダ。

人形みたいな容姿ですね。

彼女のイメージシーンを観ているだけで、勃ってしまいます。

膨らみかけたような乳房、予想外に濃いアンダーヘア。

「大人になる手前の少女」という感じでドキドキ。

DAISYにはこういう子こそ出て欲しい、といえるタイプの女の子ですね。

日本家屋の淫靡な雰囲気の中で撮ったオナニーシーン。

少女の秘密を覗いているみたいでワクワクしました。

肝心のカラミは少し不満。

少女を姦す緊張感がもう少しあれば、満点評価にしたのですが… 小芝居をあまり入れ過ぎないほうが、かえってよかったのでは。

それ以外のシーンは良くデキているのに残念。(AVじゃなくて)「イメージVかよっ!」と、思わずツッコミ入れたくなります(笑)。

まじめに撮ってる?

こういうカジメなんだかフザケているのだか、分からない絡みは好きじゃないですね。

ご本人はカワイイと思いますし声もカワイイのですが、撮影する側の態度に疑問を感じます。

本編はこちらから

ZERO 素人以上、女優未満 03 藤沢涙

ZERO 素人以上、女優未満 03 藤沢涙
本編はこちらから

初々しさは◎

最近はデビュー作でもガンガンにHこなす娘多くて、新人さんらしい作品久々に見た気がスタッフの多さに戸惑い人前でイクのをためらい、マン汁でチムポが真白になるほど感じてるのに押し殺したような小声で「イヤァン」とか「アツッ」とか、かすかに喘ぐのも可愛いなぜか涙が出てきて泣いちゃったが、それも自然な感じで良い ただオナニーシーンはあまりにもサイレント、その上引きの映像で涙ちゃんがもぞもぞしてるだけで終り今イチ最後の3P、涙ちゃんがそんなの無理と言う体位も交え男優が結構攻める、一人目に顔射お掃除も終らない内に次のチムポ入れられ涙ちゃん思わず「うっそぉ~」と一言、男優が3Pだからねーと言いながらパコパコ お顔も小顔、Hで感じてピンクに上気したお顔はパケより可愛いじゅーだいいえで91何処かで見た娘と思ったがこの娘だった、いえでの方はパケとのギャップ大、是はほとんど変り無い

初々しさは感動モノ!

初撮りに臨む藤沢涙ちゃんを、ドキュメンタリー風に撮った作品です。

収録時間が長いのは、1.舞台裏のメイキング・シーンやインタビューを多く入れているから。

2、「慣らし運転」的にカラミの回数を増やしたから。

この作品で初めて彼女を見るなら、間延びした印象を受ける内容かもしれません。

カラミもソフトですし。

しかし私の場合、先に「じゅーだいいえで91」や「DAISY18」を見て彼女に興味津々だったので、大変ツボにハマった企画でした。

素顔の彼女が見られて、とっても面白かったです。

内容も盛り沢山だったし。

案外、他の出演作を見てからのほうが、楽しめる作品かもしれません。

一番の見どころは「初挿入シーン」。

始めは強がっていた彼女ですが、いざ挿入となると目がウルウル、涙をコボしそうになる。

これが初々しくて、抱きしめてあげたくなるぐらいカワイイ!父性本能をメッチャ刺激されました。

なんで泣くの

1.アナル視姦毛生えてます。

クンニに涙。

フェラしてからみにまた涙。

顔射2.ずっぽりフェラ騎乗位ではめまくり腹射3.メイドコスでフェラ口内発射4.3Pマン毛引っ張られてます。

また泣く。

顔射泣き顔がそそった

顔射より口内発射を!

デビュー作で緊張感はありますが、経験人数12人のとおり、エッチはなかなか激しかったです。

!!!

久しぶりにプレステージマジックに引っ掛かってしまいました。

(最近は当たりが多かったので油断してました。

)パケ写とのギャップが・・・購入してからの期待時間12時間。

視聴時間2分・・・勿論個人差はあると思いますが、自分は全く駄目でした。

本編はこちらから