Webデザインを学べる大学・専門学校の選び3チェック

教育レベルが高く、Webデザイナーとして就職しやすい大学・専門学校の条件を解説します。学費に伴わない学校が多いので、‪お金と時間が無駄にならないように厳選してください。

記事は、大学・専門学校・職業訓練校・社会人セミナーの講師をした者が書いています。

思考力を鍛えられるか

フェローズ デザインセミナー

どこもPhotoshopやDreamweaverなどツール(パソコンソフト)の使い方を教えます。この点はあまり違いはありませんし、独学でも習得が可能です。

学校を見極めるポイントは、“目的達成できるデザイン”を熟考・試行錯誤する授業があるかどうかです。年々ツールは便利になり、指示通りに作業をするオペレータは不要になっています。

Webメディアは効果測定が簡単に行えます。コンバージョン率が低いデザインしかできないプロや制作会社は退場させられます。

教員は現役のプロか

先生のレベル

常勤の先生がメインでWebを教えている学校は要注意です。フルタイムで働いているということはクライアントワークをしていない可能性が高く、現役のWebデザイナーとは言えません。

Webデザイン担当教員の進行中の業務を確認しましょう。いくら輝かしい過去があっても古すぎるものは評価対象外です。Web業界は効果的なノウハウが日進月歩です。

通学のメリットはあるか

学校の授業

独学では得られないメリットがあります。逆に言うと、これらの要素のない学校は避けた方が良いです。

  • 先生や同級生と情報交換する時間がある
  • 学生間の競争がある
  • グループ制作がある

Webデザイナーの担当領域は増えています。ジャンルによっては学生の方が詳しいことがあります。例えば、Vtuberのアルバイトしている学生に、教員の私が教えてもらったことがあります。

グループ制作をすれば、ケンカやクレームなどのリスクがありますが、当然、プロはチームで制作するので、学生時代に経験しておくべきです。リスクを恐れて取り入れていない学校がありますが、本末転倒です。学生を社会人へ育てる理念が乏しい証拠です。

関連ページ

公園でポケットWi-Fiを使い仕事

ADSLをやめてポケットWi-Fi 縛りなしWiFi利用開始

公園でポケットWi-Fiを使い仕事

ADSLから光回線への切り替えを考えていましたが、ポケットWi-Fiを試すことにしました。理由は次です。

  1. 光ほど速さを必要としない
  2. 上りはADSLより早くしたい
  3. 外出先(都市部)で使える
  4. 勉強会などで他人とシェアできる

端末が届き開封すると、通信はソフトバンクでした(WiMAXとどちらかキャリアを選べない)。今のところ問題なく満足です。都市部であれば、自宅や仕事場以外、公園やフリーWi-Fiのないカフェでも活躍します。

月間のパケット通信量は無制限ですが、WiMAXは10GB/3日、ソフトバンクは3GB/1日を超えると速度制限がかかります。

クラウドサービスやアプリのアップデートなど気づかないうちに数GBの通信していることがあります。大容量のやり取りをする際はカフェや図書館で行うなど工夫が必要です。

営業コンサルティング

通信速度テスト

場所
神奈川県横浜市青葉区美しが丘
日時
2019/04/11(木) 09:28
下り:ダウンロード
39.95Mbps
上り:アップロード
15.36Mbps

RBB SPEED TESTより

プロによるX-Pro2のレビューと作例ギャラリー

X-Pro2とXF35mmF1.4
カメラ:X-Pro2、レンズ:XF35mmF1.4

このミラーレスを買って9ヶ月が経ったので、レビューと作例を載せます。

富士フイルム機は『X-T10』と『X-T1』と使ってきて、現在は『X-T2』と併用中です。これらは電子ファインダーが中央にあり一眼レフのような外観です。一方、X-Pro2は凸凹が少なく四角に近いデザインで、この見た目に惹かれました。

X-T2 vs X-Pro2

  • 防塵防滴
  • ダブルスロット

ダブルスロットなのでSDカード2枚同時記録、つまり写真データのバックアップ(ミラーリング)をカメラがしてくれます。

X-Pro2とXF27mmF2.8
カメラ:X-Pro2、レンズ:XF27mmF2.8
  • 高さが低く、バックに入れやすい
  • 光学ファインダーで撮れる
  • 背面の液晶モニターが高精細(162万 vs 104万ドット)

光学ファインダーのメリットは?

  • ズームレンズ:18mm~140mm
  • 焦点レンズ:18mm~90mm
  • マウントアダプター:19mm~140mm
  • 覗いてシャッターチャンスを待ちやすい
  • 写る外側が見える

覗いてチャンスを待ちやすい

人物撮影で良い表情を狙うため、長い間ファインダーを覗く場合、電子式より光学式の方が目が疲れません(気分の問題?)。

なお、光学ファインダー時は「顔検出/瞳AF」は作動できません

このページの載せている人物写真の多くは、光学ファインダーを覗いて撮っています。

X-Pro2作例
XF35mmF1.4、ACROS

写る外側が見える

レンズの焦点距離に合わせたブライトフレーム(写る範囲の枠)が表示されます。写る範囲外も見えるので、動く被写体を狙いやすかったり、構図を検討しやすかったりします。

専用ダイヤルの使い勝手

X-Pro2のダイヤル部分

例えば、キヤノンの一眼レフは撮影モードによって、ダイヤルの役割(露出補正など)が変わりますが、富士フイルムの『Xシステム』の多くのカメラは、専用ダイヤルなので数値が刻印されています。

専用ダイヤルだと「〜を変えるならコレ」と感覚的に覚えらえるので気に入っています。

ISO感度の設定のしやすさは?

チルト液晶でないデメリット

X-Pro2の背面液晶

ただし、インテリア撮影ではチルト液晶が必須なので、『X-T2』を使っています。

X-Pro2作例ギャラリー

キャプションは、レンズとフィルムシミュレーションです。

X-Pro2作例 チラシ配り
XF35mmF1.4、ACROS

X-Pro2作例 林月子さんインタビュー
XF35mmF1.4、ACROS

X-Pro2作例 公園の二人
XF35mmF1.4、ASTIA

X-Pro2作例 夜雨の渋谷スクランブル交差点
XF16mmF1.4、Velvia

X-Pro2作例 恵比寿のタクシー
XF27mmF2.8、ACROS

関連ページ