シャッタースピードで写真の印象を変える

動きを感じさせる写真や走っている子供をピタッと止まった写真は、カメラのシャッタースピードの設定を変えることで実現できます。

被写体ブレでスピード感

シャッタースピードを遅くすることで、動いている被写体がブレます。動く早さによって適切な設定値が変わります。例えば歩いている人の場合は1/15〜1/30あたりです。

明暗ストライプと変に写る理由

表示が映らない表示が映る

実は蛍光灯など一部のライトは、人間が分からない早さで明滅しています。1秒間に100回(東日本)や120回(西日本)でON・OFFが繰り返す、これをフリッカーと言います。それでシャッタースピードが早いと消えてる瞬間が写ることがあるのです。

上の写真は、ランニングマシンの電光表示が左では一部が欠けています(1/320)。右は、シャッタースピードを1/30と遅くすることで、人間が見た通りに写っています。

フリッカー対策

シャッタースピードを1/100以下にします。最近のデジカメには自動で対策してくれる機能を搭載しているセインもあります。

関連ページ

XF16mmF1.4作例:クラシックカメラ

フィルム写真をスマホやパソコンへ入れる方法

XF16mmF1.4作例:クラシックカメラ

フィルムカメラで撮った写真を、デジタル化すれば、スマホやパソコンで表示したり簡単に編集したりできます。

フィルム写真をデジタル化する

ネガやリバーサル(ポジ)フィルムの写真をデジタル化する手段は3通りあります。

  1. 写真店でDVDにしてもらう
  2. スキャナで取り込む
  3. デジカメで撮る

写真店でDVDにしてもらう

デジタル化のお勧めは、写真店(DPE)でDVDにしてもらうことです。業務用のフィルム スキャナで取り込むので、綺麗な写真データを得られるからです。

スマホ転送サービスをしている店舗もあります。

多くのカメラ店で受付けている『フォトDVDシリーズ』というサービスだと、35mmフィルムを2,400万画素相当でデジタル化できます。ただし、粒子が確認できるレベルで、デジカメのデータとは画質が異なります。

DVDからパソコンに取り込む方法は、デジカメからパソコンへと同じです。

スキャナで取り込む

フラットベッド式とフィルム式があります。フィルム スキャナは専用機なのに対して、フラットベッド スキャナはプリント写真だけでなく雑誌などもデジタル化できます。プリンターと一体型が主流です。高価なフィルム スキャナは、フラットベッド スキャナより綺麗にデジタル化できます。

デジカメで撮る

デジタルデータに高画質を求めないなら、プリント写真をデジカメやスマホで撮る、という手もあります。壁にプリント写真を貼付け、三脚を使って撮影すれば、ブレずに撮れます。その後、デジカメからパソコンへ写真を移動します。

写真を編集できるソフト

写真編集するためのパソコン ソフトは多数あります。人気のあるソフトを一部紹介します。

関連ページ

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

XF16mm F1.4の角型フードLH-XF16外観

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

同梱品より全長が短くコンパクトな純正レンズフードを買いました。富士フイルムの単焦点 広角レンズ『XF16mm F1.4 R WR』専用フードで、型番はLH-XF16

この別売フードだと、着けたままカメラバックに入れやすいし、見た目が良いので、満足しています。

フードにつけるカバーが付属されています。上からスライドさせてカッチと固定され、XF35mm F1.4のフードキャップのように不意に外れる心配がありません。要望を受けて改善した、とメーカーの方が言っていました。

このレンズフードを『X-Pro2』やX-T2につけた外観写真を載せます。

X-T2とXF16mm角型フード

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16
X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

X-Pro2とXF16mm角型フード

X-Pro2とXF16mmF1.4,LH-XF16
X-Pro2とXF16mmF1.4,LH-XF16

関連ページ