パソコン向けPhotoshop

Adobe Photoshop CC

画像制作・写真編集するための代表的なソフトであるPhotoshop(フォトショップ)は、複数のアプリが販売されています。

パソコン向けPhotoshop

Photoshop(フォトショップ)と名のつくソフトは3つあります。開発・販売しているのは、Adobe(アドビ)です。

Photoshop(フォトショップ)
プロ向け画像制作アプリ(パソコン)、合成や広告バナーなど静止画の作れる
Photoshop Lightroom(~ ライトルーム)
写真データの編集・管理アプリ(パソコン・スマホ)
Photoshop Elements(~ エレメンツ)
一般向け画像の制作・管理ソフト(パソコン)

プロが使うPhotoshop

デザイナーやイラストレータが、静止画を制作する際に最も使われているアプリです。画像に関することなら、どんな編集でもできる、というほど高機能です。

以前は10万円を超える高価なソフトでしたが、現在は月払い制(サブスクリプション)となりました。ファイル管理は付属の『Bridge(ブリッジ)』で行います。

Photoshop Elements

絵を描いたり、画像を編集・加工できる一般向けのソフトです。ファイル管理もできます。ガイドブックが多く独学しやすいので、趣味で静止画の作品作りしたい人にオススメです。

当初はプロが使う『Photoshop』の廉価版として発売されたましたが、お手軽機能が搭載されて独自色が強くなりました。

どのPhotoshopを使う?

写真編集・RAW現像は、Photoshopファミリーの全てのソフトで可能です。

Photoshop Lightroom(Lr)は写真のためのソフトなので、効率的にできます。ただし、コラージュやトリッキーな加工はできません。Photoshop(Ps)と両方使うときは一般的に次の流れになります。

  1. 【Lr】管理:検索のためタグ付けやレーティング
  2. 【Lr】補正:色や明るさの調整
  3. 【Lr】書出:psdファイルへ([ファイル]-[書き出し])
  4. 【Ps】加工:文字入れ・合成など

関連ページ

About 映像術 24 Articles
プロモーション画像(静止画・動画)の請負制作、Webメディアの運営を行なっています。対象地域は、東京都・横浜市・川崎市です。