少しだけど自宅で稼げる

イラストや写真の作品を作ることが好きならば、少し稼げる可能性があります。作品をデータ販売したり商品化して売ることができるネットサービスを紹介します。

写真好きなら売れるかも

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

様々な広告には写真が使われていますが、これらは全てそのために撮影したわけではありません。時間や予算の関係でプロのデザイナーや広報担当者が買っているのです。

デジカメで撮った自分の作品をアップロードして販売できます。キャンバスサイズや条件によってもらえるお金が変わります。こいったサービスはたくさんありますが、1つに絞ることがポイント。なぜかというと、独占販売だと手数料が少なくなるからです。

オススメのサービスはピクスタ

以前は『photolibrary』と合わせて販売していました。システムが使いにくいのですが、売れた際の貰える割合が多かったので利用していました。しかし年々、手数料が上がりメリットがなくなりました。

1枚売れて貰えるのは?

数百円から千円くらいですが、デジタルデータなので何度でも売れる可能性があります。この契約をロイヤリティーフリーといいます。同じ写真を複数の人が買って使うことができます。

描くのが好きなら物販

イラストを描いたりPhotoshopで加工するのが好きな人は、作品をTシャツやスマホケースに載せて商品販売してみてはいかがでしょう。私が利用しているのは『Tシャツトリニティー』です。夏前に何枚かTシャツが売れました。販売価格を自分で設定できるため、稼ぐ金額を調整できます。

関連ページ

About 映像術 22 Articles
プロモーション画像(静止画・動画)の請負制作、Webメディアの運営を行なっています。対象地域は、東京都・横浜市・川崎市です。