XF23mm F1.4 Rのプロによるレビューと作例

XF23mmF1.4 RとX-T10

富士フイルムのXマウントのミラーレス撮像素子サイズがAPS-Cなので、焦点距離が1.5倍になります。

良い点と悪い点

まずは、F1.4という明るいレンズなのに、300gという軽さが良いです。

写りも満足しています。

等倍表示してピント位置のシャープさに驚くことが度々あります。縮小した画像でも精細さを感じられます。

ボケ部分も綺麗なグラデーションが描写されます。

やはり、1段絞ったF2.0あたり以降から、より高画質になることが多いです(例えば、フリンジがなくなる)。

不満は、絞りとフォーカス リングが軽すぎる点です。不意にリングが回ってしますことがあります。

明るいレンズ
絞りを最も広げた際のF値が小さいということで、ピント位置以外をぼかしやすい
また、絞りを開けば多くの光をキャッチできて暗いところでシャッタースピードを早くできるため、手ブレ率を下げらる

絞り別の作例ギャラリー

以下の写真は『XF23mmF1.4R』(カメラ ボディ『X-T10』)で撮影しました。

Photoshop Lightroom』で、JPEGに対し少々補正しました。

絞り:開放(F1.4)

XF23mmF1.4 R作例 F1.4

開放でもピント位置は鮮明です。

絞り:F2

XF23mmF1.4 R作例 F2.0

太陽を写した逆光でも満足の描写です。

絞り:F5.6

XF23mmF1.4 R作例 F5.6

この辺りの絞りが最もシャープです。

絞り:F8

XF23mmF1.4 R作例 F8.0

絞り:F11

XF23mmF1.4 R作例 F11

XF23mmF2との比較

関連ページ

About 映像術 23 Articles
プロモーション画像(静止画・動画)の請負制作、Webメディアの運営を行なっています。対象地域は、東京都・横浜市・川崎市です。