Adobe Typekit

1分で分かるWebフォントとは

Adobe Typekit
Adobe Typekitで気に入ったフォントを使える

「Webフォント」とは、指定した書体(フォント)をホームページに表示できるサービスです。

本来は、デバイス搭載のフォントしか表示できないホームページですが、このサービスを使うと、印刷物のようにデザイナーが意図したとおりに見せることができます。

フォントによって、読みやすい、伝わりやすい、が変わります。

上記のスクリーンキャプチャは、『Adobe Typekit』です。利用登録(有料)すると、運営サイトに指定したWebフォントを表示させられます。JavascriptとCSSで実現します。

1分で分かるホームページ制作で行うこと

ホームページ(Webサイト)制作では、以下を行います。
“直接的なページ作成”以外に、時間をかけるほど、成果を出せる(コンバージョンの高い)ホームページになります。

  1. 調査や戦略を立てる:Webマーケティング
  2. 検索されやすい、分かりやすい文面にリライトする:SEO
  3. 見やすく、伝わりやすいビジュアルにする:デザイン
  4. アクセス状況を把握できるようにする:『Googleアナリティクス
  5. アクセスされやすいようにする:『Serach Console』、SNSの活用
  6. アクセス状況を元に改善する

関連ページ