学生向けの講座

夏休みフォトショとイラレ演習(渋谷区恵比寿)

学生向けの講座

いつもは社会人向けの時間帯に開催している恵比寿校ですが、2019年は8月に開催します。大学生・専門学生・高校生で興味のある人の多くは、アプリが使えると考え、クライアント演習を用意しました。

プロの仕事のロープレ

すくーれ恵比寿のクライアント演習とは、デザイン会社の業務を元に作った課題です。クリエイティブ(成果物)の目的を踏まえ、受講者自身が訴求ポイント(特長)を見つけてデザインします。つまり、パソコン教室のような見本の通りに作るという授業ではないです。

完成後は講評会をします。同じ課題と同じ時間で、他の受講生がどんな考えで何を作ったのか知ることも勉強になります。また、通学のメリットでもあります。

デザイン作品は就活に役立つ

会場のフェローズクリエイティブアカデミー

ご自身の作品を持ち帰りすれば、就活に役立ちます。クリエイター系のバイトでも就職でもポートフォリオを求められます。

8月のクライアント演習

フォトショとイラレそれぞれ別講座なので1つだけ受講することも可能です。

写真/イラスト好きは自宅で少し稼げるネットサービス

イラストや写真の作品を作ることが好きならば、少し稼げる可能性があります。作品をデータ販売したり商品化して売ることができるネットサービスを紹介します。

写真好きなら売れるかも

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

様々な広告には写真が使われていますが、これらは全てそのために撮影したわけではありません。時間や予算の関係でプロのデザイナーや広報担当者が買っているのです。

デジカメで撮った自分の作品をアップロードして販売できます。キャンバスサイズや条件によってもらえるお金が変わります。こいったサービスはたくさんありますが、1つに絞ることがポイント。なぜかというと、独占販売だと手数料が少なくなるからです。

オススメのサービスはピクスタ

以前は『photolibrary』と合わせて販売していました。システムが使いにくいのですが、売れた際の貰える割合が多かったので利用していました。しかし年々、手数料が上がりメリットがなくなりました。

1枚売れて貰えるのは?

数百円から千円くらいですが、デジタルデータなので何度でも売れる可能性があります。この契約をロイヤリティーフリーといいます。同じ写真を複数の人が買って使うことができます。

描くのが好きなら物販

イラストを描いたりPhotoshopで加工するのが好きな人は、作品をTシャツやスマホケースに載せて商品販売してみてはいかがでしょう。私が利用しているのは『Tシャツトリニティー』です。夏前に何枚かTシャツが売れました。販売価格を自分で設定できるため、稼ぐ金額を調整できます。

関連ページ

イラレとフォトショで作ったTシャツ

Tシャツを作って売る方法 Tシャツトリニティ

イラレとフォトショで作ったTシャツ

絵を描いたり、デザインするのが好きな人は、自作Tシャツを売ってみてはいかがですか?

費用0円で販売開始

Tシャツをネット販売するには、デザインした画像をアップロードするだけで、登録や管理の費用は無料です。

上に載せたTシャツ『ゴリラ』は写真が元で、『はさみ』は紙にクレヨンで描きスマホ撮影して、フォトショップで編集ました。その他はAdobeイラストレータでの描画です。

筆者は2011年に登録してみて、過去の作品を売ってみたところ今までに41枚売れました。やはり夏前が出ます。本格的にやっている人はもっと売れていそうですが、かなりの数が出品されているので、商売にするのは難しそうです。

画像データの理解

次の用語を理解している必要があります。