写真/イラスト好きは自宅で少し稼げるネットサービス

イラストや写真の作品を作ることが好きならば、少し稼げる可能性があります。作品をデータ販売したり商品化して売ることができるネットサービスを紹介します。

写真好きなら売れるかも

X-T2とXF16mmF1.4,LH-XF16

様々な広告には写真が使われていますが、これらは全てそのために撮影したわけではありません。時間や予算の関係でプロのデザイナーや広報担当者が買っているのです。

デジカメで撮った自分の作品をアップロードして販売できます。キャンバスサイズや条件によってもらえるお金が変わります。こいったサービスはたくさんありますが、1つに絞ることがポイント。なぜかというと、独占販売だと手数料が少なくなるからです。

オススメのサービスはピクスタ

以前は『photolibrary』と合わせて販売していました。システムが使いにくいのですが、売れた際の貰える割合が多かったので利用していました。しかし年々、手数料が上がりメリットがなくなりました。

1枚売れて貰えるのは?

数百円から千円くらいですが、デジタルデータなので何度でも売れる可能性があります。この契約をロイヤリティーフリーといいます。同じ写真を複数の人が買って使うことができます。

描くのが好きなら物販

イラストを描いたりPhotoshopで加工するのが好きな人は、作品をTシャツやスマホケースに載せて商品販売してみてはいかがでしょう。私が利用しているのは『Tシャツトリニティー』です。夏前に何枚かTシャツが売れました。販売価格を自分で設定できるため、稼ぐ金額を調整できます。

関連ページ

恵比寿教室

広告バナーのワークショップを開催(恵比寿)

恵比寿教室

広告バナーのワークショップを12/2に開催しました。この講座は、手本どおり同じもの作るのではなく、ご自身で商材を調べ、訴求ポイントを考えて、デザインと制作を行っていただく内容です。

Webデザイナーの実務ロープレ

講師が発注者役となり、要件提示や素材(ロゴと写真)提供をします。受講者はデザイナーとして考えていただくロールプレイング講座となっています。

広告バナーをWeb制作会社へ依頼すると、安いところでは¥5,000前後です。そうすると本講座と同じくらいの時間で完成させないと赤字になってしまいます。

バナーデザインの正解

今回、受講されたお客様でネット公開を許諾していただいた作品を紹介します。

どのデザインが正解か?と問われれば、「売上をあげるバナー」という答えになります。デザインには目的があり、それを達成したものが“正解”です。美しさや好き嫌いで判断するものではありません。

理想はA/Bテストを行い、より売上UPさせるバナーデザインを探ります。

これにはコストがかかるので現実的でないケースもあります。そうすると選別力を身につけるしかありません。制作費豊富な企業や客単価の高い商材のバナーに注目すると勉強になると思います。

受講生作品

バナー作品 Mさん
Mさん制作

バナー作品 babygameさん
babygameさん制作

バナー作品 Aさん
Aさん制作

掲載許諾いただいた方、ありがとうございました。

東京で開催中

フェローズ セミナールーム

ご紹介した講座は、都内で行なっている『超実践的Photoshopでバナー制作ワークショップ』です。

教室は恵比寿駅の向かいのビルで、不定期で開催していますので体験してみたい方、ぜひお越しください(Photoshop経験者対象)。