Lightroom現像モジュール比較

Photoshop Lightroom(フォトショップ ライトルーム)とは

Lightroom現像モジュール

静止画の色や明るさ編集のほか、ファイル管理やWebアルバム作成などできるのがPhotoshop Lightroom(フォトショップ ライトルーム)です。Photoshopの写真に関する機能を分化させたアプリ。

3種類のLightroom

Adobe Photoshop Lightroom(以下、Lightroom)は3つのアプリ形態があります。

Lightroom Classic
従来のアプリで、パソコン上の写真データを扱い、高機能
Lightroom
写真データをクラウドで管理し、各々の画像に検索に役立つタグ(キーワード)が自動で付加される
デバイスフリーなのでパソコン・スマホ・iPadで機能や操作がほとんど変わらない
Webブラウザ版
lightroom.adobe.comにアクセスすることでWebブラウザ上でLightroomが利用できる

RAWやJPGの写真編集

Lightroomで可能な編集とは、明るさを含む色の調整(補正)とトリミングで、現像モジュールという画面で行います。合成写真やバナー広告を作る場合はPhotoshopファミリーの他のアプリを使います。

カメラが作る“そのまま(撮って出し)の写真”を少し変えるだけで、印象が良くなることが多いです。デジカメのフィルター機能と違い、慣れれば思い通りの色や雰囲気にできます。

JPEG・TIFF・RAW形式のファイルを編集できます(RAWはデジカメごとに規格が違い、稀に非対応がある)。

ファイル管理からRAW現像

Lightroom現像モジュール
現像モジュール

RAWデータを編集(作画)することを現像といいます。データ容量が重いですが、JPEGに比べて遥かに補正の許容幅があります。

Lightroomは、ファイル管理から素早くRAW現像の画面へ切り替わります。

大量の写真データ管理

Lightroomライブラリモジュール
ライブラリ モジュール

大量の写真データを見つけやすくする目的で、キーワードやレーティング、撮影地など様々な情報を加えることができます。事前に写真データを認識(読み込む)させる仕組みのため、すぐに検索結果が表示されます。

メタデータ(画像には見えない)のIPTCに著作権者名を埋め込むことができます。

アプリの利用料金

複数の機器で使えるLightroomは無料でも使えます。

スマホで使うなら無料

スマホ(iPhone・Android)とiPadで利用できるモバイル版は、一部機能制限がありますが無料です。ただし、Adobeのサイトでユーザ登録が必要です。

パッケージなくなり月払いのみ

以前は店頭などで箱でもLightroomを買えましたが、現在は月々支払ういわばリースタイプでしか利用できません。Creative Cloud フォトプランまたはLightroomプラン月々980円(2019年7月現在)です。前者は画像加工ができるPhotoshopも使え、後者はクラウド容量が多いという差があります。

Photoshop+Bridgeとの違い

私は2013年まで、RAW現像にはPhotoshop付属ツールのCamera RAW、ファイル管理にはAdobe Bridgeを使っていました。Lightroomを使い始めのころ、「Photoshop(Camera RAW)+Bridge」と機能はほとんど同じで、わざわざ別のソフトを利用するメリットがあるのか、と疑問でした。

しかし、使い込んでいくと、気に入りました。1つ1つは些細な違いですが、1つのソフトでデータ管理と編集ができるのは効率的です。とくに沢山の写真を扱う際に、力を発揮します。データ管理は『Bridge』と違いデータベース式なので、検索が早いです(最初の読込みには時間がかかる)。

関連ページ

Webデザインを学べる大学・専門学校の選び3チェック

教育レベルが高く、Webデザイナーとして就職しやすい大学・専門学校の条件を解説します。学費に伴わない学校が多いので、‪お金と時間が無駄にならないように厳選してください。

記事は、大学・専門学校・職業訓練校・社会人セミナーの講師をした者が書いています。

思考力を鍛えられるか

フェローズ デザインセミナー

どこもPhotoshopやDreamweaverなどツール(パソコンソフト)の使い方を教えます。この点はあまり違いはありませんし、独学でも習得が可能です。

学校を見極めるポイントは、“目的達成できるデザイン”を熟考・試行錯誤する授業があるかどうかです。年々ツールは便利になり、指示通りに作業をするオペレータは不要になっています。

Webメディアは効果測定が簡単に行えます。コンバージョン率が低いデザインしかできないプロや制作会社は退場させられます。

教員は現役のプロか

先生のレベル

常勤の先生がメインでWebを教えている学校は要注意です。フルタイムで働いているということはクライアントワークをしていない可能性が高く、現役のWebデザイナーとは言えません。

Webデザイン担当教員の進行中の業務を確認しましょう。いくら輝かしい過去があっても古すぎるものは評価対象外です。Web業界は効果的なノウハウが日進月歩です。

通学のメリットはあるか

学校の授業

独学では得られないメリットがあります。逆に言うと、これらの要素のない学校は避けた方が良いです。

  • 先生や同級生と情報交換する時間がある
  • 学生間の競争がある
  • グループ制作がある

Webデザイナーの担当領域は増えています。ジャンルによっては学生の方が詳しいことがあります。例えば、Vtuberのアルバイトしている学生に、教員の私が教えてもらったことがあります。

グループ制作をすれば、ケンカやクレームなどのリスクがありますが、当然、プロはチームで制作するので、学生時代に経験しておくべきです。リスクを恐れて取り入れていない学校がありますが、本末転倒です。学生を社会人へ育てる理念が乏しい証拠です。

関連ページ

Illustratorの画面

Adobeイラストレータ(イラレ)はプロ デザイナーのアプリ

Illustratorの画面 年賀状作成

描画するためのパソコン用ソフトで、アドビ システムズが作っています。“イラレ”と呼ばれることが多く、略表記やマークは“Ai”。

『Illustrator(イラストレータ)』は、微調整が重要な画像を作る際に便利です。

イラレを使う人と使い道

うさぎのイラスト

絵を描く人・グラフィックデザイナー・Webデザイナーなど、多くのプロが利用しています。

『Illustrator』で、何を作るのかというと、

  • イラスト
  • ロゴ
  • ホームページのデザインやパーツ
  • 地図
  • 印刷原稿(名刺・チラシ・ポスターなど)

などです。

「ふくわらい」のように描画

Illustratorオブジェクト

イラレは、パーツを重ねてイラストやロゴなどを完成させます。

文字も含めパーツのことを「オブジェクト」と呼びます。オブジェクトには、「塗り」と「線」とそれぞれ色を指定が可能です。

上手の通りイラストはパーツを重ねて完成させます。

直線と曲線の描き方

Illustratorの直線と曲線

線は、「ペンツール」でクリック(直線)やドラック(曲線)で描きます。

開始ポイントと終了ポイントを重ねると、面(クローズ パス)を作ることが可能です。

イラレでは、「ベジェ曲線」という数式でカーブが構成されていて、使い始めはこれに苦労する人が多いですが、慣れると微調整がしやすいので重宝します。

Adobe Illustratorの購入

1年以上の利用で月々¥2,180〜です。学生・教職員なら値引きがあります。

契約タイプ

3つ以上のソフトを利用するなら、コンプリートプランがお得です。

単体プラン
イラレのみ利用
コンプリートプラン
Adobe製ソフトを複数利用

契約期間

契約停止しないと自動更新されないサブスクリプション契約です。

  • 月々
  • 年間(月々支払い・1年以上)
  • 年間(一括払い)

東京で入門講座を開催中

フェローズ セミナールーム

上の解説は、都内で行なっているゼロ知識からIllustratorで名刺制作!超初級の抜粋です。

教室は恵比寿駅の向かいのビルで、不定期で開催していますので、体験して見たい方どうぞお越しください。