Webデザインを学べる大学・専門学校の選び3チェック

教育レベルが高く、Webデザイナーとして就職しやすい大学・専門学校の条件を解説します。学費に伴わない学校が多いので、‪お金と時間が無駄にならないように厳選してください。

記事は、大学・専門学校・職業訓練校・社会人セミナーの講師をした者が書いています。

思考力を鍛えられるか

フェローズ デザインセミナー

どこもPhotoshopやDreamweaverなどツール(パソコンソフト)の使い方を教えます。この点はあまり違いはありませんし、独学でも習得が可能です。

学校を見極めるポイントは、“目的達成できるデザイン”を熟考・試行錯誤する授業があるかどうかです。年々ツールは便利になり、指示通りに作業をするオペレータは不要になっています。

Webメディアは効果測定が簡単に行えます。コンバージョン率が低いデザインしかできないプロや制作会社は退場させられます。

教員は現役のプロか

先生のレベル

常勤の先生がメインでWebを教えている学校は要注意です。フルタイムで働いているということはクライアントワークをしていない可能性が高く、現役のWebデザイナーとは言えません。

Webデザイン担当教員の進行中の業務を確認しましょう。いくら輝かしい過去があっても古すぎるものは評価対象外です。Web業界は効果的なノウハウが日進月歩です。

通学のメリットはあるか

学校の授業

独学では得られないメリットがあります。逆に言うと、これらの要素のない学校は避けた方が良いです。

  • 先生や同級生と情報交換する時間がある
  • 学生間の競争がある
  • グループ制作がある

Webデザイナーの担当領域は増えています。ジャンルによっては学生の方が詳しいことがあります。例えば、Vtuberのアルバイトしている学生に、教員の私が教えてもらったことがあります。

グループ制作をすれば、ケンカやクレームなどのリスクがありますが、当然、プロはチームで制作するので、学生時代に経験しておくべきです。リスクを恐れて取り入れていない学校がありますが、本末転倒です。学生を社会人へ育てる理念が乏しい証拠です。

関連ページ

営業パーソン

営業力強化にネット活用を Web営業戦略

営業パーソン

「ホームページやSNSなど活用したいが・・・」と耳にするので、営業ツールとしてのインターネットサービス(以下、ネット営業)について概要をご案内します。

SNS接触を増やし対面へ連携

飲食店や保険代理店など歴史の長い業界では、特に対面コミュニケーションに重点を置いていると思いますが、SNSでの接触回数を増やせば、より信頼関係を深められます。また同時に、見込み客と出会うキッカケになります。

営業コンサルティング会社のなかには、ネット営業を単体で捉えることがありますが、もちろん重要なのは対面なので、連携が大切です。

営業ツールとしてのSNSとHP

営業コンサルティング

ネット営業は、隙間時間でできるところがメリットです。移動中や待機中に行ってみてはいかがでしょう。

SNS

お客様の年齢層や商材によって適したSNSが変わります。一般的に利用者像は次の通りです。

ツイッター
大学生くらいまで
匿名ユーザが多い
フェイスブック
社交的な中高年
実名を登録するルール
インスタグラム
他のSNSより女性が多い
ビジュアル勝負の商材に向いている

利用者の一番多い『LINE』もプロモーションに活用できますが、友人同士のコミュニケーションツールとしての用途がメインなので、効果を調査中です。

因みに、ホームページ制作業界では、ネット営業をWebマーケティングといいます。

ホームページ・ブログ

近年、ホームページは簡単に作れますが、大事なのは内容です。伝わりやすいものにするにはコストがかかります。とりあえずで作ると、悪い印象を与えることになり逆効果なので、SNSの運用を先行させるのも手です。

ワードプレスで制作していれば、スマホからでもホームページの変更や追加ができます。ブログとして記事を増やしていくこともでき、カテゴリーやタグを使って「まとめページ」自動生成も可能です。

営業研修で作文やデザイン制作

セミナールーム

洗練されている必要はありませんが、ネットに載せる文章や画像(静止画・動画)の出来によって、反応が変わります。

また、「炎上」(多くの批判を受けること)を避けるため、人への差別や軽蔑と受け取られないように細心の注意をしてください。

営業担当者も、次の3つのスキルを身につけネット営業力を向上させると良いと思います。

  • 文章力
  • 撮影・編集力
  • レイアウト力

未経験を補う武器とは

実績がなかったり、経験がないことを心配して相談されることがあります。
何事も未経験から始まりますが、初めてのことでもできるだけ上手く行いたいし、相手のいるビジネスならなおさらです。

未経験をカバーする手段として勧めるのが、読書です。
私自身、事前に読書していたことで、最初のプロジェクト マネジメントを問題なく終えられました。
視覚的要素のデザインでさえ、読書で学べることが多いです。

『すくーれ』では、Web制作系おすすめ本をまとめています。