SSL化した後に行うべきサーバ設定

全てのWebページをSSL(暗号化通信)にする「常時SSL化」は、Googleが推奨しています。

SSLを申し込んだ後、「http://〜」へアクセスされた際に、「https://〜」へ自動切替する必要があります。Googleはこの2つURLを別々に評価するからです。

サーバの設定でhttpsへ自動切替

自動切替するには、301リダイレクトを使います。Googleが勧めるこの方法だと、Webページの評価を引き継げます。外部サイトやSNSで「http://〜」と記載されていても、評価を分散させないメリットがあります(正規化=1つのURLを認識させる)。

設定は簡単です。サーバの第一階層にある「.htaccess」ファイルに対して次を行うだけです。

  1. ダウンロード
  2. 下記のコードを入力
  3. アップロード

なお、「.htaccess」は、Apacheサーバの設定ファイルで、サーバの種類が違うと存在しません。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://schoole.jp/$1 [R=301,L]

2行目の意味は、httpsがoffならば、です。
赤字のURLをご自身のものへ変更してください。

これで「http://ezj.mixh.jp/schoole.jp」へアクセスされても「https://ezj.mixh.jp/schoole.jp」と自動変換されます。

サブドメインを除外するには?

サブドメインはSSL対応していない場合は、下記のようにドメインを限定します。

例えば、下記の「B.」と「C.」はSSL対応していないといった場合は、「A.」のみをSSL化します。

  1. schoole.jp
  2. tamaplaza.schoole.jp
  3. ebisu.schoole.jp

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^schoole.jp
RewriteRule ^(.*)$ https://schoole.jp/$1 [R=301,L]

「A.」は「www.」がなくサブドメインと区別するため、二行目のところで頭に「^」をつけています。また、ピリオドの前に「」をつけるのが決まりです。

当サイトのレンタルサーバ

関連ページ

Adobe Typekit

1分で分かるWebフォントとは

Adobe Typekit
Adobe Typekitで気に入ったフォントを使える

「Webフォント」とは、指定した書体(フォント)をホームページに表示できるサービスです。

本来は、デバイス搭載のフォントしか表示できないホームページですが、このサービスを使うと、印刷物のようにデザイナーが意図したとおりに見せることができます。

フォントによって、読みやすい、伝わりやすい、が変わります。

上記のスクリーンキャプチャは、『Adobe Typekit』です。利用登録(有料)すると、運営サイトに指定したWebフォントを表示させられます。JavascriptとCSSで実現します。

1分で分かるホームページ制作で行うこと

ホームページ(Webサイト)制作では、以下を行います。
“直接的なページ作成”以外に、時間をかけるほど、成果を出せる(コンバージョンの高い)ホームページになります。

  1. 調査や戦略を立てる:Webマーケティング
  2. 検索されやすい、分かりやすい文面にリライトする:SEO
  3. 見やすく、伝わりやすいビジュアルにする:デザイン
  4. アクセス状況を把握できるようにする:『Googleアナリティクス
  5. アクセスされやすいようにする:『Serach Console』、SNSの活用
  6. アクセス状況を元に改善する

関連ページ