SSL化した後に行うべきサーバ設定

全てのWebページをSSL(暗号化通信)にする「常時SSL化」は、Googleが推奨しています。

SSLを申し込んだ後、「http://〜」へアクセスされた際に、「https://〜」へ自動切替する必要があります。Googleはこの2つURLを別々に評価するからです。

サーバの設定でhttpsへ自動切替

自動切替するには、301リダイレクトを使います。Googleが勧めるこの方法だと、Webページの評価を引き継げます。外部サイトやSNSで「http://〜」と記載されていても、評価を分散させないメリットがあります(正規化=1つのURLを認識させる)。

設定は簡単です。サーバの第一階層にある「.htaccess」ファイルに対して次を行うだけです。

  1. ダウンロード
  2. 下記のコードを入力
  3. アップロード

なお、「.htaccess」は、Apacheサーバの設定ファイルで、サーバの種類が違うと存在しません。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://schoole\.jp/$1 [R=301,L]

2行目の意味は、httpsがoffならば、です。
赤字のURLをご自身のものへ変更してください。

これで「http://schoole.jp」へアクセスされても「https://schoole.jp」と自動変換されます。

サブドメインを除外するには?

サブドメインはSSL対応していない場合は、下記のようにドメインを限定します。

例えば、下記の「B.」と「C.」はSSL対応していないといった場合は、「A.」のみをSSL化します。

  1. schoole.jp
  2. tamaplaza.schoole.jp
  3. ebisu.schoole.jp

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^schoole\.jp
RewriteRule ^(.*)$ https://schoole\.jp/$1 [R=301,L]

「A.」は「www.」がなくサブドメインと区別するため、二行目のところで頭に「^」をつけています。また、ピリオドの前に「\」をつけるのが決まりです。

当サイトのレンタルサーバ

関連ページ

About 長坂 断/映像術 11 Articles
写真家・Webデザイナー:デザイン事務所『映像術』にて、ご相談承っています(初回無料)。